ライター : ayuren

関西出身、東京在住の食べ歩きライター。旅行先でのおいしい情報もお届けします♪

とってもお手軽♪にんじんジュースで野菜チャージ

スーパーなどでもよく見かけるにんじんジュースですが、口にしたことがある方も多いのではないでしょうか。にんじんは野菜の中でも甘みが強いので、ジュースにするととっても飲みやすいのですよ。にんじんの味が苦手な方でも、果物などを混ぜればおいしくいただけるはず♪

にんじんジュースをは買う?それとも作る?

市販のにんじんジュース

市販のにんじんジュースのメリットはなんといっても手軽さですよね。作る手間が一切かからないので、飲みたいときにすぐに飲むことができます。また、飲みやすいものが多いので、にんじんが苦手な方や子どももおいしくいただけますよ。 種類も豊富なので、自分好みのジュースを選べるのもうれしいポイントですね。中には糖質オフの商品もあるので、カロリーが気になる方にもおすすめ。市販のジュースは比較的長持ちしてくれるので、ストックしておけるのも助かりますね♪

手作りにんじんジュース

手作りのにんじんジュースは手間がかかりますが、作り立てのおいしさを味わうことができますよ。新鮮で、添加物の心配もないので、小さい子どもにも安心して飲ませることができますね。 また、自分の思い通りにカスタマイズできるのも手作りならではですよ。自分の好きな果物を入れるもよし、不足している栄養素を補える野菜を加えるもよし。自分だけのオリジナルジュースが自由自在に作れるのはうれしいですね。

にんじんジュースをおいしく作るコツ

野菜や果物をブレンド

にんじんと相性のいい果物と言えばりんごです。市販のジュースでも定番の組み合わせですね。さらっと飲みやすい甘さに仕上がるので万人受けしますよ。バナナと一緒に作れば、甘みの強いトロっとしたジュースに仕上がります。にんじんが嫌いな子どもには一番おすすめの組み合わせ♪ 野菜では、小松菜やチンゲン菜、ほうれん草などの葉物と相性がいいですね。少し苦みやクセが感じられるので、レモンで香りをプラスすることをおすすめします。

にんじんの選び方

にんじんジュースをおいしく安全に作るには、無農薬のにんじんを選ぶようにしましょう。無農薬野菜は、野菜本来のおいしさを引き出して栽培されるので、無農薬のにんじんで作ったジュースはなにも加えなくてもとってもおいしくいただけるのですよ。栄養価が高いのもおすすめのポイントですね。 そしてなにより、安全で安心して食べられるのが無農薬野菜の最大のメリット。赤ちゃんの離乳食にも使うならなおさら、安全なにんじんを選びたいものですね。

道具別!にんじんジュースの特徴

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ