ライター : Temi

仕事と子育てをしながら、ゆるーく楽しい暮らしを目指すアラサー主婦です。野菜と果物、お酒が大好き。

お菓子の家をキットで楽しく作っちゃおう

お菓子の家キットとは

お菓子の家キットは「お菓子の家」を作るための材料が入っています。キットをひとつ買えば、あとは何も買い足さなくてもいいものがほとんどです。内容は商品によってまちまちですが、クッキー、チョコペン、アイシング、パウダーシュガー、チョコレートなどが入っています。 作り方が書いていあるので、手順に沿ってクッキーやチョコレートをくっつけていきます。チョコペンでデコレーションしたり個性が活かせるので、小さいお子さんも楽しく飾り付けができますよ♪

どんな種類がある?

「お菓子の家キット」にも、いろいろな種類があります。全て、食べられる状態のものが詰め合わせになっていて、組み立てるだけで完成するタイプのものがスタンダード。時間がないときでも、簡単に作れますね。 ほかには、小麦粉や砂糖などのクッキーを作る材料が入っていて、焼く工程から始めるものもあります。お菓子の家のクッキーを作るためのクッキー型も売っているので、ゼロから自分で作るというのもアリです。手作りにこだわる方にはこちらがオススメ。

お菓子の家キットはどこで買える?

お菓子の家は、時期や取扱状況にもよりますがスーパーのお菓子売り場でも見かけることがあります。バラエティショップや、海外の食品を扱うお店などでも扱っているところもありますのでチェックしてみてくださいね。ブルボンなどの製菓会社からも発売されています。 お店に行って探す時間がなかったり、近くに取り扱っているお店が少ないときは通販がオススメです。楽天やAmazonでもたくさん見つかるので、ぜひ探してみてくださいね。さっそく、商品をご紹介します。

人気お菓子の家キット3選

1. くまの人形が入っている「ブルボン プチクマのお菓子のおうち」

ITEM

ブルボン プチクマのお菓子のおうち 1個

ブルボンから発売されているお菓子の家キットです。チョコレートを溶かして固める工程があります。壁はチョコレート、屋根はウエハース、装飾はクッキーです。プチクマ人形が一体入っています。

¥1,950 ※2018年04月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

チョコレートをレンジで溶かして、型に流しいれて固めたものが壁になるタイプのお菓子の家キット。屋根にはウエハース、飾り付けは2種類のクッキーです。接着には溶かしたチョコレートを使用します。プチくま人形が一体入っているのですが、何色が入っているかはお楽しみ。

2. クッキーづくりから楽しんで「手作りクリスマスクッキーハウス」

ITEM

手作りクリスマスクッキーハウス

クッキーを作るための材料が入ったお菓子の家キット。クッキーを焼いて、アイシングではりつけていくタイプです。無塩バター、砂糖、牛乳、卵白を別で揃えてから作業に入ります。

¥540 ※2018年04月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

クッキーを焼くところから作るタイプのお菓子の家キットです。セット内容は、薄力粉とシュガーパウダー、型紙や絞り袋など。クッキーを作るための材料を用意する必要があるので、買い忘れがないように気を付けてくださいね。卵白で作ったアイシングを使って接着します。アイシングに色をつければ、装飾にも使えて楽しいですね♪

3. 北欧ならではのジンジャーブレッド「IKEA VINTERSAGA ジンジャーブレッド ハウス」

ITEM

IKEA イケア通販 ジンジャーブレッド ハウス

IKEAから販売されているお菓子の家キット。ジンジャーブレッド生地のクッキーパーツを使って組み立てます。中身はクッキーだけなので、アイシングもしくはチョコレートなどくっつける材料が必要です。

¥999〜 ※2018年04月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

IKEAで売られている、お菓子の家キット。中にはクッキーパーツが入っています。パーツ接着のためのアイシングの材料、もしくはチョコレートが必要です。飾り付けをする場合は、飾り付けようのお菓子も買い足してくださいね。ジンジャーブレッドのクッキーですが、それほどスパイシーではないので小さいお子さんでも食べやすい味になっています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ