蓮沼「お好み焼き 福竹(ふくたけ)」で怒られないで食べる心得

蓮沼にある「お好み焼き 福竹(ふくたけ)」。絶品のお好み焼きを焼き上げる“名物おかあさん”は超アグレッシブ!果たして、あなたは無事に食べて帰れるかな?

2014年7月24日 更新
こんにちわ、ハツです。 普段、鉄板焼きというか粉ものってそこまで食べる機会が多くないんですが、最近ちょっと鉄板系のお店に行くことがちょいちょい。 その中でもものすごいお店がある、と聞いて予約して頂いたのが、
「お好み焼き 福竹 (ふくたけ)」。
場所は、蒲田から池上線で1駅の蓮沼という駅の近く。 初めて降り立ちましたw メディアにも数々取り上げられているこちらのお店はご家族で切り盛りされているようで、 そのお母さんが半端ないんですよ、これが。 その半端なさはテキストでは表せないくらいに。 地元のお方に予約とって頂き、開店と同時に直撃! お客さんはまだ誰もいかなったです。 靴を脱いで上がる、お座敷タイプの鉄板。 畳の上にはマヨネーズがw
メニューはこんな感じ。定番のお好み焼きがずらり。 あとはバター焼きが美味しいんだな~。
早速日本酒をぐびっと。そして、注文。 お好み焼きはふくたけ天をチョイス。
注文を終えると、名物お母さん、登場。 鉄板を温めはじめ、お好み焼きを焼き始めます。 鉄板の真ん中でこんもり、厚めに形をつくる。 そして、成形がおわると、時間を指定され、その時間になったらお母さんに声をかけるように指示されます。 で、これを忘れるとめっちゃ怒られますw 怒られるというか、人間を否定されるレベルww
そして、ひっくり返すとこんなに真っ黒! でも、敢えてこうしているそうで、これがジャストの焼き加減だそう。
こんなに焦げて大丈夫かなー。と心の中で思っていたら、 おかあさんに全部ばれてたw
そして、両面しっかり焼いて、ポイントは上から押し付けないこと。 こうすることで空気が無くならずにふわふわの軽いお好み焼きが出来上がるんだそうです。
青海苔たっぷり、ソースも美味しい! マヨネーズはかけるとあんまりいい顔されません。。
バター焼きのはんぺん。 じっくり鉄板で中まで火を通すのが、美味しいポイント。
そして、山芋。
シャキシャキの食感が残る程度に表面を焼いていきます。
これは大葉で巻いてさっぱり頂くと、美味しい。
続いて、イカ。
秘伝のソースに絡めて頂く。イカも柔らかくて美味しい~!
大葉でさっぱりもイケる。
そして、最後はミックスそばをチョイス。 山盛りの麺に豚バラや魚介がたっぷりと。
その前に鉄板にできたおこげをヘラでくるくるっと削って、スナック菓子のように頂きます。 ここまで味わうとは!さすがです。
豚バラをじっくり低温で火を通すと、お肉が固くならないんです。 これは本当にびっくり。早速家でも何回も使っている裏ワザ。
お皿にてんこもりによそってもらった、焼きそば。
目の前で作ってもらうとさらに美味しさが増しますよね! 比較的薄味なので秘伝のタレをちょっとかけても美味しい。でもハツはそのままで十分でした。
後から来たお客さんにも同じように、勢いよく絡んでいるおかあさん。 このパワー、ほんとすごいなぁ。 元気出そうだけど、つめられすぎてちょっと凹んだわw
久しぶりに、美味しけどとっても刺激的なお好み焼きを頂きました。 でも楽しかったなー。 美味しいお料理と、一緒に楽しい時間を共有できるひとたちと、 たっぷりお酒を飲めるのはとっても幸せ。 みなさん、是非一度行ってみてください! ごちそうさまでした!

お好み焼き 福竹 (ふくたけ)

住所:東京都大田区東矢口1-17-11 電話番号:03-3739-4064 営業時間:17:30~23:00(LO21:00) ※21時までに来店が必須 定休日:月曜 客単価:3,000円前後 参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131714/13003312/
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS