ふりかける味噌誕生!本格派「ミソルト」ならサッとひとふりでコク出し完了♩

宮城県の今野醸造から本格派みそのパウダー「ミソルト」が登場しました!忙しい料理中も片手で簡単に使えますし、仕上げにサッとふりかけるだけで、本格みその風味が漂います。ミシュランシェフも使用するという今話題の最新調味料を紹介します!

2018年8月10日 更新

ありそうでなかった「ふりかける味噌」

スーパーに行けば、たくさんの種類のふりかけがありますよね。でも、ふりかけ状になったみそは、今までにありそうでなかったのではないでしょうか。

デザインはよくあるふりかけのような袋に入った物ではなく、片手で開け閉めができる瓶のタイプなので、料理中も簡単に使えます。みそのパウダーと塩分でできた最新調味料。ミシュランシェフも使うと言われる今野醸造の「ミソルト」を紹介します!

最高品質へのこだわりを持つ今野醸造

今野醸造は仙台市より北にある全国屈指の米処、加美町にあります。約400年以上昔の江戸時代より農業を営んでおり、明治36年に今野味噌醸造元とし初代蔵元当主「宇喜治」が創業以来、多くの人々に愛されています。

主に醤油、味噌を製造し「常に最高品質のみ」を求めている今野醸造。最高の味噌原料を求め、20年前より本格的に大豆と米の栽培を開始。「白いキャンバスに絵を描くように醸し出す」をモットーに原料栽培から仕込み蔵出しまで自ら行うのは、全国でも珍しいようです。全国醤油品評会では農林水産大臣賞を5度受賞し、醤油も味噌も高く評価されている蔵元なんです。

仙台みそをパウダーに!「ミソルト」

いま話題のミソルトは、味、品質、デザインなどが評価され、東北から世界を目指す2015年復興長主催の「世界に通用する究極のお土産」ノミネート商品に選ばれています。仙台みそ釜神を素材の味を壊さずパウダーにしているので、気軽に使えるのに本格派みそを味わえます。

水分がない粉末でコンパクトなので、海外に行くときも気軽に持っていけます。和風の味が恋しくなったら、ミソルトをサッとふりかければオッケーです♩乳製品との相性も抜群で、クリームスープやチーズ、ピザやバニラアイスにもぴったりです。

みそに含まれている塩分のみを使用しているので、実際の塩に比べて塩分も1/4程度!料理の減塩にも役立ちますね。仙台みその天然アミノ酸で香りがあるので、味の物足りなさなんて感じませんよ!
こちらは生鮭のミソルトマヨソース焼きを入れたお弁当です。「マヨと味噌は合うから、ミソルトも抜群の相性!おいしい♩」と、ほかの調味料との組み合わせも色々試してみたいですね。
「きな粉みたいな感じで何にかけてもオーケーですね!大根とのコンビはなかなかよかったです!」と、ミソルトを色んな食材と合わせると、お気に入りの組み合わせがでてくるかもしれませんね。

使用方法やアレンジは豊富!

大根サラダに

ふりかけるだけのミソルトは、シンプルなサラダに大活躍!実際に使った人も「ポテトサラダのマヨネーズとナイスコンビだった。ほかにも可能性はありそう」と、その万能性に感動していた様子。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Amanda

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう