嵐にしやがれでも絶賛!2017年最新「究極の冬アイス」5選!

今回は、人気番組『嵐にしやがれ』で紹介された「激うま冬アイス」をまとめてみました。専門店のアイスから注文が殺到しているお取り寄せアイスまで、話題沸騰中の冬アイスをたっぷりご紹介します。macaroniセレクトの冬アイスも必見ですよ!

嵐にしやがれで紹介の冬アイスが話題!

冬といえば鍋やおでんなど温かい食べ物が思い浮かびますが、実はアイスも冬が一番おいしく感じられるってご存知でしたか?近年、暖房器具の発達により冬の室内は22度~27度前後。7月の気温とほぼ同じであることから、そういわれているのだそうですよ。

『嵐にしやがれ』の人気クイズコーナー「デスマッチ」では、そんな温かいお部屋で食べるのにぴったりな「冬に食べるべき激うま冬アイス」が紹介されました。今回は、嵐のメンバーやゲストの大竹しのぶさんも絶賛した話題沸騰中の冬アイス5種と、macaroniセレクトのおすすめ4選をご紹介します。

1. ビーバイビー ギンザ「バベリュットアイスクリーム」

まず紹介されたのは、銀座にあるチョコレートショップ「ビーバイビー ギンザ(BbyB GINZA)」の「バベリュットアイスクリーム」。本場ベルギーで人気の塩キャラメルアイス「バベリュット」をカップにいれて、薄い円盤状のチョコレートかぶせたシンプルな冬アイスです。
出典: instagram.com
食べるときは動画のように、温かいチョコレートソースをかけていいただきます。するとどうでしょう、上に乗っていたチョコレートが熱で溶けてアイスにとろ~り。あまりのおいしそうなパフォーマンスに、スマホを構える女子も多いそうですよ。

こんなにたっぷりチョコレートがかかると「塩キャラメルが負けてしまうのでは?」と思われがちですが、番組中で召し上がっていた二宮和也さん曰く「塩を感じる」とのこと。アイスの味がしっかりしているからこそ、チョコレートと絶妙に調和するのかもしれませんね。
こちらが食べられる「ビーバイビー ギンザ」があるのは、銀座一丁目駅からほど近くの通り沿い。白と黒でまとめられたシックな外観が目印です。店内には透明な引き出しにチョコレートがズラリと並び、とってもスタイリッシュ!上品で大人な雰囲気が漂います。

アイスが食べられるのは、奥にあるバーのようなスタイルのイートインスペース。コーヒーなどのドリンクメニューもありますので、ぜひ温かい飲み物とご一緒に堪能してみてはいかがでしょうか?

店舗情報

■店舗名:ビーバイビー ギンザ(BbyB GINZA)
■最寄駅:銀座一丁目駅
■住所:東京都中央区銀座3-4-5
■電話番号:03-3566-3555
■営業時間:
[月~土] 11:00~20:00
[日・祝] 11:00~19:00
■定休日:年末年始
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13175673/
■公式HP:http://bbyb.jp/index.html
■公式facebook:https://www.facebook.com/BbyB.jp
▼こちらの記事もご覧ください

2. 安芸グループふぁーむ「焼きナスのアイス」

近年いろいろなフレーバーのアイスが増えていますが、さすがに「焼きナスのアイス」を食べたことがある方はまだ少ないのではないでしょうか?

元々は高知県のナス生産者さん達が「名産のナスを広めたい!」という思いと遊び心から作ったそうですが、これがおいしいとヒット!料理人やバイヤー1,200人が審査する「ご当地アイスGP」でも最高金賞に輝きました。
香料や着色料を使っていないため、見た目はほんのり紫色。炭火でしっかりと皮を焼いているので、ひと口食べると香ばしい風味が広がります。実際に食べた松本潤さんが「ナスの味。しかも香ばしいなす。」と発言していたところをみると、見た目よりもしっかり“焼きナス味”のようです。
「焼きナスのアイス」は高知県にある「安芸グループふぁーむ」で食べられますが、カップタイプでしたら通販でも購入できます。1個300円とカップアイスとしては少々高めですが、炭火でナスを手焼きしていることを考えると、手間のわりにかなりリーズナブルなのではないでしょうか。

ナスのほかに使っている材料は、牛乳、生クリーム、グラニュー糖と至ってシンプル。ナスの食感が苦手な人でも食べやすいので、ナス嫌いのお子さんにもおすすめですよ♩

店舗情報

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

milkpop

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう