材料はなに⁉︎ 謎すぎる駄菓子『モロッコヨーグル』の正体が気になる

定番の駄菓子のひとつ、『モロッコヨーグル』を覚えていますか?誰しもが一度口にしていながら、作り方や材料を知る人は少ないという謎の多いお菓子です。今回はそんなモロッコヨーグルの名前の由来や作り方など、正体に迫ろうと思います。

2017年6月13日 更新

懐かしの駄菓子「モロッコヨーグル」

昔はあなたもよく食べたのではないでしょうか。今も売られているにもかかわらず、郷愁を誘うあのお菓子、「モロッコフルーツヨーグル」を。1個あたり20円で販売されていて、小さいカップに詰められたヨーグルを、木べらで掬い取って食べる。幼い頃の楽しみだったという人は多いのではないかと思います。

それにしても、今改めて思うのは、ヨーグルとは何だったのかということ。ヨーグルトのようで、そうではなかったという気もしますし、甘く、やや酸味が効いていて、どこかざらざらとした食感だった気もします。正体を知りたいと思ったことがあるのは、筆者だけではないはずです。

名前の由来

まず気になるのは、なぜモロッコという言葉が名前に入っているのか。その理由はどうやら、「ヨーグルトにあやかった」ということのようです。

ブルガリアといえば、言わずと知れたヨーグルトで有名な国。そのブルガリアと同じく地中海沿岸近くにある国ということで、モロッコという言葉を名前に入れた。通説では、これが理由とされています。

ただ実のところ、ブルガリアとモロッコ、かなり距離があります。ブルガリアはヨーロッパ南東に位置する黒海の西に位置しますが、モロッコはアフリカ大陸北西部に存在しているのです。地中海繋がりと言えば繋がっているのですが、なんというか、ギリギリのチョイスですね。

いわば雰囲気優先のネーミングであって、何となく「モロッコっぽい」という思いつきでつけたのかもしれません。確かにモロッコヨーグルを眺めていると、「…モロッコっぽい……かも?」という気がしてきます。キャップの象のイラストにもモロッコ感があるような?

ITEM

サンヨー モロッコフルーツヨーグル

内容量:60個入

¥1,036〜 ※2018年7月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

「モロッコヨーグル」ってヨーグルト?

モロッコヨーグルはヨーグルトではありませんし、乳製品ですらありません。あれはあくまでヨーグルであってヨーグルトではないのです。では一体ヨーグルの成分とは何なのでしょうか。

ヨーグルの主原料は、グラニュー糖とショートニング。このふたつを同量混ぜ合わせると、ヨーグルらしきものができあがります。そこに香料と酸味料を加えれば完成です。

作り方は簡単ですが、それが何十年も愛される味となっているのですから、これは偉大な発明です。そういえば、同じような食感の食べ物を挙げようとしてもなかなか思い浮かびませんね。単純で、しかし替えのきかないものだからこそ、支持を得ているとも考えられます。

ジャンボヨーグルとは?

もしかすると、小さなお菓子であるモロッコヨーグルに対して、物足りないという印象をもっている人もいるかもしれませんが、大容量の商品も存在しています。通常のモロッコヨーグルが6gなのに対して、「ジャンボヨーグル」は62gもあるのです。売値は200円程度ということで、量も値段もほぼ10倍です。

子供の頃、モロッコヨーグルを食べ終えるたび、「もっと食べたいのに…」と思った覚えはありませんか?その夢を現実のものとした商品こそジャンボヨーグル。これを初めて見た人の多くが、「いや、あればいいとは思ったけども…!」と思ったのではないでしょうか。

これを食べ切るのはけっこう大変です。本来、ちょこっと食べてちょうどよい駄菓子なので、これだけの量となるとすんなりとはいきません。完食するまでに相応の時間がかかるでしょう。

ただし、「三度の飯よりモロッコヨーグルが好き!」という方ならその限りではないでしょう。口いっぱいにヨーグルをほおばる幸せを、思う存分堪能できるに違いありません。

ITEM

サンヨー製菓 ジャンボヨーグル

内容量:24個

¥4,147〜 ※2018年7月29日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう