実食レポ!渋谷『スコッチバンク』のパンケーキは悶絶級のふわとろ食感♩

ふわとろのパンケーキが絶品と人気を博している、渋谷の「スコッチバンク」。有名なラジオDJであるDJ TARO氏がプロデュースするこちらのお店は、そのこだわりが随所に散りばめられているのです!そんなスコッチバンクの潜入レポをご覧ください!

2017年12月5日 更新
6月、渋谷に上陸した「スコッチバンク」。

実は、こちらのお店、あの大物ラジオDJがプロデュースに参画しているお店。

その大物とは・・・
そうこの方、DJ TARO氏なのです!
DJ TARO氏と言えば、J-WAVE、王様のブランチ、ZIPなどにも出演する有名ナビゲーター。

豊富な経験と知識、そして光るセンスを武器に、常にフロアーを沸かせるCLUB DJとしての評価も高いお方なのであります!

DJ TARO氏と言えば、J-WAVE、王様のブランチ、ZIPなどにも出演する有名ナビゲーター。

豊富な経験と知識、そして光るセンスを武器に、常にフロアーを沸かせるCLUB DJとしての評価も高いお方なのであります!

そんな「スコッチバンク」にて、オープンパーティーが開催される事を聞きつけ、これは黙ってられない!とマカロニ隊がお邪魔してきたぞ。

こちらがそのスコッチバンクのガラス張りのオシャレな外観。さっそく潜入!
受付を済ませ、店内に入ると、さっそくシャンパン、ワイン、ビールがお出迎え。

乾いた喉を潤し、店内をうろうろ。
手前はカウンターになっていて、窓は全面ガラス張り。ちょっとした午後のひと息、キモチ良さそう。ふらっと立ち寄りにもちょうどいいな、これわ。
奥には、テーブルとプロジェクターまである。
な、人だかり!

もしやと思ったら、料理が提供されている!しかもたくさん!!

人だかりの中をかき分けて、「ちょっと、ちょっと待ってください!」と筆者w
スコッチバンクサラダ

スコッチバンクサラダ

タコのマリネ

タコのマリネ

ブロッコリーのソテー

ブロッコリーのソテー

ポテトサラダ

ポテトサラダ

カポナータ

カポナータ

いろいろキノコのソテー

いろいろキノコのソテー

鮮魚のカルパッチョ

鮮魚のカルパッチョ

次から次へとおいしい料理が運ばれてきて、、しかし運ばれてきては即効なくなってしまったw

他にも3種類ほどあっただけれども、逃してしまった。。あーごめんなさい。

がしかし、けっこう食べてるw

おっそして、これわ!
入り口にかわいいTシャツを発見!

カフェの店員さんが来ているTシャツには以前からセンスを感じていて、とあるカフェのTシャツを購入した事もある筆者w

もしや「スコッチバンク」でも販売されているのでは!?と店員さんに聞いてみた。
「こちらは販売しているのですか?(筆者)」

「いえ、まだ販売はしていないです(店員さん)」

「でも、めっちゃかわいいじゃないですか!(筆者)」

「そうなんです、でも今後はもしかしたら販売もする可能性もあるかもしれません(店員さん)」

「おお、まじっすか!絶対そのほうがいいですよ!(筆者)」

「ありがとう御座います。(店員さん)」

「こちらは販売しているのですか?(筆者)」

「いえ、まだ販売はしていないです(店員さん)」

「でも、めっちゃかわいいじゃないですか!(筆者)」

「そうなんです、でも今後はもしかしたら販売もする可能性もあるかもしれません(店員さん)」

「おお、まじっすか!絶対そのほうがいいですよ!(筆者)」

「ありがとう御座います。(店員さん)」

おじさんである筆者の奇妙な食いつきにも素敵な笑顔を見せていただいた店員さん。

いや、ほんとにかわいい。

そして、快く全体まで撮らせてくれた店員さん。


「毎日この店にいるんですか?(筆者)」

「はい、いますよ(店員さん)」

思わず、聞いた僕をお許しください。

棚に置いてあったTシャツの色はピンク。スコッチバンクのロゴもかわいく、是非とも販売を願いたい。
花束に気づいた筆者、どうやら見覚えのあるお名前が、

「コージー冨田」

タモリさんや鶴瓶さんのモノマネで有名な方ではないですか!
こういうお付き合いもあるのですね。生で見てみたいものです。
ちょっとお腹もいっぱいになりつつあって(早いぞw)、ちょっとひと息。

外に出ると、スコッチバンクのロゴが暗がりに浮かび始めた。
スコッチバンク、とてもいい響き。

名前の由来を聞いたところ、お酒の“スコッチ”と“バンク(銀行)”を意味する。

冒頭に“上陸”と書いたと思うが、実はこのお店、もともと仙台にも同じ名前のお店があり、そちらはダイニングバーという業態で、お店のお酒“スコッチ”をお客さんが“ストック”するという事から、『スコッチバンク』という名前が来ているそう。寿司屋の暖簾分けという事ではないが、プロデューサーのTAROさんの縁によるもの。

(´-`).。oO(しかし、いい名前だ)

と、ぼけーっとお店を眺めていると、何やら人が厨房へ集まっているではないか!

何が起きたのかとすぐさま戻ると・・・・
なんじゃこりゃーーーーーー!!!!
!!!!
デカいっ!!!!
パンケーキの噂を聞きつけてやってきたものの、こんなサプライズがあったなんて!


実はこのステーキ、通常ディナーで出しているんだとか。

おおお、これは昼はカフェとして、夜はダイナーとして用途もあるのだな!



という事で、肉待ちw
すると、どういうことか (๑º ロ º๑)

DJ TARO氏!!!
DJ TARO氏が、こんな身近に!

しかも写真撮影まで快諾して頂き、さらにお肉を持っていただきまして。。
あーテンションMAX!!
実は、TARO氏は、こちらのお店にはよく居るらしく、気軽に会えるんだとか!!

少しお話させて頂きましたが、とても親しみのある方で、

ひとことで言うならば「かなりいい人!!!」

TARO氏にいつでも会えるとかなんてHAPPYなお店なのだ。

余韻に浸りだすと止まらないので、レポートを続行!w
やばい、なくなりそう!!w
お肉キターーーーー!!
ゲットできたーーー!


さらに、次のお肉も!!
イチボステーキ!!!

ジューシーでありながら、しっかり、でもやさしい噛みごたえ、そう噛みごたえがないお肉は、お肉ではない。

あぁー肉っておいしい。かなり旨かった!!
TARO氏にも肉の余韻にも浸っている。

でも、けっこうお腹いっぱいですぞw

店内では、DJ TARO氏の心地よいMUSICが掛かりだすなど、さらに余韻は加速するのであった。
そして、ここからは、お待ちかねのデザートタイムへ。

あらわれたのは、大きなティラミス。すかさず前にいた筆者は、皆様の分をとりわける事になったのだがw 食べることに成功!

加減の良いビターさとなめらかでコクのある甘みが、たまらない!

これ、ひとさら食べれますよ。
でも、待ってくれ!

スコッチバンクのウリは、ティラミスではない!

そう言わんばかりに、、、

どやーーーーーーーっ!!!
このTARO氏の顔から、悟ってしまった。
このパンケーキは、おいしいに違いない。と。
だが、しかし、グルメライターである筆者もそれなりに食べてきた。

ここは待とう!

早く、置いてくれ!
キタキタ!

キテルキテル!!

(実は、パンケーキが出てきたとき、店内は異様な雰囲気に包まれていた。)
(皆が、キッチン前に集まり、群がっていたのだ)


これ、、わたくし食べれるのかしら。。。(ノД=)。o


でも、そこは食べなきゃ意味がない、店員さんにこっちにこっちに!

とぐいぐい、攻めていき、なんと!

パンケーキを目の前にした!
あまりの切羽詰まったぐあいに一枚目ぶれてしまったが、軽快に連写。
このボリューム、
この艶、
このおいしそうなソース、
このボリューム、チーズの艶、おいしそうなソース。
何度も言いたい、このボリューム、チーズの艶、おいしそうなソース。
これが、噂の「マスカルポーネパンケーキ」だーーー!

そしてふわふわだーーーー!
マスカルポーネが生地に混ぜてあって、まるでスフレのようにふわっふわで

とろっとろのパンケーキ!

だからですよ、このパンケーキは、フォークとナイフじゃなくてスプーンでいただくんです!

これこそ、何個でもいけますわ。。
他にもティラミスのパンケーキ、生ハムとルッコラのパンケーキ(トロトロ玉子乗せ)などもある、う〜ん、トロトロ玉子も気になりますね〜。
パンケーキの提供時間は、カフェタイムの14:00~17:00 (16:30 L.O)の間だけ。
ほんとに、これはひとさらあっという間に完食するでしょう。
いやーかなり満足。

しかも、TAROさんファンはたまりませんね。

けっこうな頻度でいらっしゃるようです。実際に本人のツイッターをチェックしててもわかります。

これはまた行きたくなりますね!

さてさて、お店の情報をきちんと掲載しますよ。

Scotch Bank(スコッチ バンク)渋谷

住所:東京都渋谷区渋谷3-26-17 Duplex 1F
電話番号:03-6427-1175
営業時間:11:30~17:00 18:00~23:30(L.O.22:30)
※パンケーキの提供は平日14:00〜117:00(L.O 16:30)
※日曜日はPuncake Sunday !! 11:30〜17:00
公式HP:http://www.cafe-scotchbank.jp
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13169031/

おいしいパンケーキ、食べ応えのあるステーキ、そしてTARO氏に会える。

とても、素敵なお店でした。
是非、足を運んでみてはいかがでしょう。

TAROさんのツイッターもチェックしていくといいですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

メシ五郎

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう