九州人しか知らない⁉︎ 夏の定番「袋かき氷」のおいしさの秘密とは

九州出身者なら知っている「袋かき氷」って?氷に均等にシロップがまぶしてあり、そのまま器に移して牛乳をかけて食べると、おいしくてリピートしたくなる味なのだとか。みなさんの評判・感想など集めてみました。これは気になりますよね!

2017年8月4日 更新

九州の人は知っている「袋かき氷」

みなさんは「かき氷」というと、どういう形のものを連想するでしょうか?ガラスの器などに盛りつけたもの、コンビニやスーパーで買えるものであれば、プラスチックのカップに入ったものを思い起こす方が多いと思います。しかし、九州の人にとっては、どうやらちょっと違うみたいですよ。

九州では「え?かき氷って袋に入っているものでしょ?」というほど、メジャーな「袋かき氷」。ごく普通にコンビニでも販売されているようです。

関東人は「袋かき氷」を知らない

しかし、この記事を読んでいて「かき氷が袋に!?」と衝撃を受けている方も多いのでは?実際関東では、袋かき氷の知名度は低いです。今は地域差が少なくなってきている気がする日本ですが、まだまだこうした地域限定の人気商品があるものなんですね。

「袋かき氷」には牛乳

まんべんなくシロップがかけられて、お値段も100円以下で買えるお得な「袋かき氷」は、牛乳をかけて食べるのがマストなのだとか。みなさんの評判をちょっと見てみましょう。

Twitterでも大人気!

ということで、袋かき氷には牛乳が欠かせないという感じで、ツイートされている方がたくさんいました。「推しアイスは袋かき氷に牛乳!」「体の中まで冷えるので、暑い日に袋かき氷&牛乳はおすすめです」「袋かき氷に牛乳入れて、氷いちごミルクにする季節がやってきた」など、この組み合わせを絶賛する人が、あとを絶ちません。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう