日本上陸近し!アメリカで話題の新スイーツ「パヌッキー(panookie)」ってなに?

名前からはどんなスイーツなのか想像がつきにくいのですが、アメリカで「パヌッキー」という新スイーツが話題になっているようです。しかも、今ブームのスキレットがあれば、お家でも簡単に作れるんですよ。今回はこのパヌッキーについてご紹介します!

2017年12月5日 更新

ライター : チョビ子

おいしいスイーツとアジアンフードと愛犬、ついでに夫を愛する新人ライター チョビ子です。お店で食べたおいしい料理を自宅で再現することにハマっています。 でも、再現しきれていな…もっとみる

スイーツブームの始まりは、いつもアメリカ

カップケーキやスモア。ポップコーンにパンケーキなどなど、日本で大ブームを起こしているスイーツは、そのほとんどがアメリカ発です。みなさんも、どれかひとつは行列に並んで食べたことがあるのではないでしょうか。 そうなると、やはり今アメリカでどんなスイーツが流行っているのか、気になりますよね。もしかすると、今後日本で流行することもあるかもしれません。 今回は、そんなパヌッキーについてお話ししましょう。

ネクストブレークスイーツ「panookie(パヌッキー)」

アメリカで爆発的な人気を誇っている「パヌッキー(panookie)」。「パヌッキー」とは、パンケーキとクッキーを合わせたハイブリッドスイーツのこと。スキレットでパンケーキのようにクッキーを焼いて、その上にアイスなどを載せて作るスイーツです。クッキー生地や、アイスの種類に変化が加えられるので、自然とバリエーションも増え、アメリカ各地で広がりを見せているんです。 なんだか気のぬけた名前な上に、見た目もおしゃれでかわいいですよね。Instagramでも「panookie」で検索をかけると、いろんな種類の「パヌッキー」が出てきますよ。

食べられるのは「ボストンピザ」

アメリカでブームになっている「パヌッキー」が食べられるのは、カナダ発祥のピザレストラン「ボストンピザ」です。カナダが発祥なのにボストン?と思いますが、そこはきっとボストンのピザをイメージした、ということなのでしょう。 日本の居酒屋感覚で、いろんな人がお酒を楽しみに来るお店のようです。看板に「スポーツバー」と記載があるように、アイスホッケーの中継なんかもやっているお店です。
「ボストンピザ」の気になるメニューを1個紹介しますと、ハンバーガー用のバンズに、分厚いチョコレートケーキと、さらに分厚いバニラアイスをサンドし、その上にメープルシロップをかけた、スイーツバーガーがあります。パヌッキー同様、なかなか攻めた感じのメニューですね。そのほかにも店名にもなっているピザもさまざまな種類があって人気のようですよ。

パヌッキーを作ってみよう

材料

強力粉…1と3/4カップ ベイキングソーダ…小さじ1/2 塩…小さじ1/2 無塩バター…大さじ14 砂糖…1/3カップ ダークブラウンシュガー…1/2カップ バニラエクストラクト…小さじ2 卵…1個 卵黄…1個 チョコレートチップ…1カップ アイスクリーム…適量

作り方

1.オーブンを190度に予熱しておき、スキレットにクッキングスプレーを吹き付けておく。 2.大きいボウルに強力粉、ベイキングソーダ、塩を入れて混ぜておく。 3.無塩バターを大さじ10分だけソースパンに入れて、弱火に3分かける。キツネ色になってきたら火から降ろす。 4.3に残りのバターを加えて溶かし、バニラエクストラクトを加えて、泡立て器でよく混ぜる。 5.4に卵と卵黄を加えて、しっかり混ぜる。 6.1と5を混ぜ合わせて、しっかり混ざったら、そこにチョコチップを加えて、さらに混ぜる。 7.6の生地をスキレットに流し入れ、オーブンに入れ、フチがキツネ色になるまで、12〜15分ほど焼く。 8.焼きあがった7の上に、アイスクリームをのせれば完成。
生地ができれば、あとはオーブンで焼くだけ。クッキーに似ていますね。生地にいろんな味を加えたり、アイスの味を変えれば、バリエーションは無限に広がります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS