やみつき!高知「ミレービスケット」のサクサク理由が意外すぎ

高知銘菓「ミレービスケット」をご存じですか。発売から約60年を経た今も絶えず人気のおやつです。地元だけに限らずファンの多いお菓子ミレービスケット。歴史や食感の秘密、ラインナップもご紹介。キャラクター「ミレーちゃん」についても分かりますよ。

2019年3月12日 更新

人気のまじめなおやつ「ミレービスケット」

北海道の「白い恋人」、沖縄の「ちんすこう」など、全国に存在するロングセラーのご当地お菓子。高知で生まれた「ミレービスケット」も人気ご当地お菓子のひとつですが、みなさんは食べたことがありますか?昭和30年からずっと老若男女に愛され続けている商品。

「ミレー」の意味や、キャッチフレーズの「まじめなおかし」が気になるビスケット。味や知らないラインナップ、かわいいパッケージなど、知っている人も多いミレービスケットについて改めて深堀り!

豆屋さんのヒット商品って知ってた?

みなさんは、高知銘菓「ミレービスケット」を食べたことはあるでしょうか?ミレービスケットは、実は豆類の加工販売店から生まれた、お菓子です。

高知ミレーの生みの親「野村煎豆加工店」

ミレービスケットを製造しているのは、「野村煎豆加工店」。今も、バターピーナッツや甘納豆など、豆菓子とともにミレービスケットを作っています。

戦後、小麦粉が一般的に使えるようになってくると、焼き菓子がはやりはじめ、明治製菓のビスケット生地の二次加工を請け負ったことがきっかけになって、高知のミレービスケットは生まれました。

豆菓子加工店ならではの偶然

豆類の加工を行う製造元では、ミレービスケットを作るのと同じ鍋で豆菓子も作っています。野村煎豆加工店の野村社長は製造の過程で、豆の旨味や油分がミレービスケットにうつって、他の製菓会社にはない味になっていると語っています。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kamomm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう