ライター : SATTO

グルメライター

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身のグルメライター。みなさんに、たくさんの素敵な情報をお届けします♪

人気のまじめなおかし「ミレービスケット」

北海道の「白い恋人」、沖縄の「ちんすこう」など、全国に存在するロングセラーのご当地お菓子。高知で生まれた「ミレービスケット」も人気ご当地お菓子のひとつです。みなさんは食べたことがありますか?

昭和30年からずっと老若男女に愛され続けている商品。味やバラエティー豊かなラインアップなど、大人気のミレービスケットについて深堀りします!

「ミレービスケット」は豆屋さんのヒット商品

高知県民のソウルフード「ミレービスケット」。実は、豆類の加工販売店から生まれたお菓子なんです。キャッチフレーズの「まじめなおかし」も気になりますね。そんなミレービスケットのルーツと、おいしさの秘密に迫ってみましょう。

高知ミレーの生みの親「野村煎豆加工店」

ミレービスケットを製造しているのは、大正12年から続く「野村煎豆加工店」。今も、バターピーナッツや甘納豆など、豆菓子とともにミレービスケットを作っています。

戦後、小麦粉が一般的に使えるようになってくると、焼き菓子がはやりはじめました。ミレービスケットが生まれたのは、明治製菓のビスケット生地の二次加工を請け負ったことがきっかけ。キャッチフレーズにもあるように、職人によって“まじめ”にコツコツと作られたビスケットは、高知県民の評判を得てヒット商品となったのです。(※1)

サクサク食感と塩味に手が止まらない

ミレービスケットの魅力は、濃いめの味と、ほどよい塩気にバター風味。豆菓子を揚げた油と同じ油を使うので、豆の旨味がプラスされた香ばしさも人気の秘密なんです。どこかなつかしさを感じる素朴な味に、食べ始めると手が止まらなくなってしまう人が多いはず!

また、特徴はサクサクの歯ごたえ。本来ビスケットは焼き菓子ですが、ミレービスケットは、高温の油でさっと揚げる工程が含まれています。生地にほどよく油分を含んでいる状態によって、サクサクの食感やバターの香り、塩気を引き立てているようです。

サイズは、口にほおばりやすい小さめサイズ。おいしいだけでなくひと口サイズなのも、ついつい次の一枚に手が伸びてしまう理由かもしれませんね。

ミレービスケットは種類が豊富

1. まじめミレービスケット

ITEM

野村煎豆加工店 まじめミレービスケット

¥1,200

内容量:130g×5袋

※2021年6月2日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
はじめてミレービスケットを食べるなら、まずはスタンダードな味を楽しむのがおすすめ。やさしい甘さとほんのりしょっぱい塩気が絶妙にマッチして、やみつきになりますよ。コーヒーや紅茶などと一緒に食べて、おやつタイムを満喫しましょう♪

2. ミレーの枕

ITEM

野村煎豆加工店 ミレーの枕

¥998〜

内容量:800g

※2021年6月1日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
名前の通り、枕のようなパッケージが目を引く「ミレーの枕」。なんと、ミレービスケットがたっぷり800gも入っているんですよ!味はスタンダードなものと同じ。おしゃれな缶に入れて、残りは詰め替え用としてジッパー袋に入れておくのもいいですね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ