ドイツの氷砂糖「キャンディス」で紅茶に豊かなフレーバーをプラスしよう

ドイツの老舗メーカー「ミヒェルゼン」が作っている氷砂糖を、シロップ漬けにした「キャンディス」。カルディコーヒーファームで販売されて大反響なんです。どのような商品なのか、その魅力やどうやって味わうとおいしいのかなどお伝えします。

ワンランク上の氷砂糖が登場!

食べてみると砂糖なんだけれど、結晶体でキラキラしたビジュアルから宝石のようでもある氷砂糖。果実酒を漬け込むときには、氷砂糖が最適といわれていますが、梅酒作りに使う方も多いのではないでしょうか?

子どもの頃は、おやつ代わりにつまみ食いでボリボリかじっていた……なんていう方もいらっしゃるかもしれませんね。

さて、そんな氷砂糖のイメージを一新する商品があるのをご存じですか?

カルディで販売の氷砂糖が大人気!

実はいま、カルディコーヒーファームで販売している氷砂糖「キャンディス」がおしゃれと話題を呼んでいるんです。香り高く、紅茶などにひと粒入れれば、風味がぐっとアップして高級感のある味わいになるのだとか。

残念ながらカルディ公式サイトのオンラインショップでは、早くも品切れになっているほど人気沸騰中なんです。

キャンディスとは?

キャンディス(Kandis)とは、ドイツのメーカー『ミヒェルゼン(Michelsen)』が製造している、氷砂糖をシロップ漬けにしたものです。ドイツ語で氷砂糖は「キャンディス」というんですね。

ミヒェルゼンは、1814年に創業した歴史の古いドイツ北部の会社であり、かつてはドイツ王室御用達の菓子司もつとめた、伝統と実績を兼ね備えるデリカテッセン。品質の高さにも定評があります。

キャンディスも、いくつかのフレーバーが取りそろえられています。

アールグレイ・キャンディス(1,130円前後)

ハンブルグの特産品である氷砂糖を、繊細なベルガモットと洋ナシのフレッシュなシロップで漬けこんだひと品。紅茶に入れれば、アールグレイの豊かな味を堪能できます。ちょっとした贅沢に……と購入する方も多いみたい。

ラム・キャンディス(1,130円前後)

ジャマイカの最高級ランクのラム酒に氷砂糖を漬けこんだもの。ほのかに甘い氷砂糖に香り高いラム酒がベストマッチ。一度飲むとハマってリピートしたくなる味わいなんです。紅茶やホットミルクにひと粒入れれば絶品です。

ナイトキャップ(寝る前のお酒)代わりに飲んでみてもいいかもしれませんね。

チャイ・キャンディス(1,130円前後)

ホットワインから抽出されたスパイスが効いたエキスやアロマ、キャラメルシロップを混ぜたものに、氷砂糖を漬けこんだ商品。

ホットミルクに少し加えるだけで、紅茶、カルダモン、シナモン、ジンジャー、クローブなどの香りが同時に味わえてしまう、贅沢な氷砂糖です。このひと品あれば、家庭でなかなか出せないチャイの味が、簡単においしく再現できますよ。

上記のハーブ類は体にもよいので、健康を気遣う方や、免疫力アップしたい方には特におすすめ。なお、スパイスの味は強すぎないので、普段あまりスパイシーなものが得意ではない方でも大丈夫です。

ジンジャー・キャンディス(470円前後)

すっきりしたショウガと、氷砂糖の甘さのバランスが絶妙な商品。紅茶やホットミルクに入れると味にアクセントがついて風味も楽しめます。

ショウガは、脂肪を分解・燃焼させる働きも期待できるので、冷え性に悩む方や、ダイエット中の方にもおすすめです。おいしいのはもちろん、健康面にも効果的なのはうれしいですよね。

ツィムト・キャンディス(1,230円前後)

シナモンの香りが心地のよい「ツィムト・キャンディス」。ハチミツ、メープルシロップに氷砂糖を漬けこみました。ほどよい甘さが魅力のひと品です。牛乳や豆乳に入れてもおいしそうですよね。

キャンディスの人気の使い方

特集

SPECIAL CONTENTS