次のスイーツの流行は「パリブレスト」?食べられるお店とレシピを紹介!

フランスの伝統菓子である「パリブレスト」がじわじわと人気を集めています。あのミスドでもクリスマスまでの期間限定スイーツとして発売されており、その注目度の高さが窺えますね!今日は、そんなパリブレストについてご紹介いたします。

フランスで古くから愛されるパリブレスト

焼き上げたシュー生地を使って作るスイーツといえば、シュークリームやエクレアが有名ですよね。ですが、今じわじわと人気が出つつあるフランス菓子があるんです。その名も「パリブレスト(Paris-Brest)」。

パリブレストの由来が気になる!

パリブレストとは、1981年に開催された「パリ・ブレスト・パリ」という自転車レースを記念して考案された、お菓子なんです。そのため、自転車の車輪のように丸くなっているのが特徴です。
このお菓子を考案したのが、その自転車レースの沿道にある洋菓子店で働く職人「ルイ・デュラン」と言われています。
シュー生地を丸くリング状に絞って焼き上げ、真横に切りわけ、間にバタークリームなどを挟んだら、粉砂糖でデコレーションしたものが一般的なパリブレストで、販売している店舗によっては、これにアレンジを加えていることも。
つまり、お店によって色々な個性的なパリブレストがいただける、ということなんです。

洋菓子店で購入するパリブレストが食べたい!

では、実際に洋菓子店ではどのようなパリブレストを提供しているのか、人気店をいくつかご紹介しますね!

ペストリーショップ(セルリアンタワー東急ホテル内)

渋谷にあるセルリアンタワー東急ホテル内にあるペストリーショップでは、大きめサイズのパリブレストが販売中です。プラリネクリームがたっぷりと詰めてあり、とっても濃厚な味わいが魅力です。女子会などでみんなでシェアして食べるのもいいかもしれませんね!
【店舗情報】

住所:東京都渋谷区桜丘町26-1 ロビー階
TEL:03-3476-3000
営業時間:10:00~22:00
定休日:なし
公式HP:https://www.ceruleantower-hotel.com/restaurant/shop/
参考HP:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13056062/

ラ・パティスリー・デ・レーヴ(La Patisserie des Reves)

「夢のお菓子屋さん」という意味の素敵なお店では、パリブレストはホールとプチガトーサイズの2種類が提供されています。通常、パリブレストはリング状のものが多いんですが、こちらのお店では食べやすいように、まるでお花のような形に仕上がっています。中のクリームはあっさりとしているので、とっても食べやすいんですよ。
【店舗情報】

住所:東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan SHINJUKU EKINAKA 2F
TEL:03-6457-7110
営業時間:8:00~22:00
定休日:無休
参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13194496/

ドミニクアンセルベーカリートウキョウ

クロナッツやフローズンスモアで有名なドミニクアンセルベーカリートウキョウでは「パリス トウキョウ」という名でパリブレストが販売されています。抹茶のガナッシュを使った日本らしいパリブレストは、このお店でしか味わえません。
【店舗情報】

住所:東京都渋谷区神宮前5-7-14 1F~2F
TEL:03-3486-1329
営業時間:8:00~19:00
定休日:なし
公式HP:http://dominiqueanseljapan.com/
参考HP:http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13181269/

ビアードパパ

特集一覧

SPECIAL CONTENTS