ライター : 秋山 ちとせ

紅茶コーディネーター/世界のお茶マイスター

世界のお茶×テーブルコーディネート教室「Flower&Tea Room La Briller(ラブリエ)」を主催しています。紅茶コーディネーター、世界のお茶マイスター、世界のお茶専門店勤務歴10年、テ…もっとみる

紅茶の選び方

ティータイムやリラックスタイムに欠かせない紅茶。実は産地や標高、季節により、味わいが全然違うことをご存じですか?茶葉の個性を知ることで、より一層紅茶をおいしく楽しめるんですよ。

この記事では、紅茶コーディネーターである筆者が紅茶の選び方をご紹介するとともに、普段使いやプレゼントにぴったりの紅茶をご紹介します。

産地

世界各地にある紅茶生産国、代表的なのはインドスリランカケニアです。産地によって気候や風土が異なるように、茶葉の味や香りにもさまざまな個性が現れるんですよ。

インド

紅茶大国であるインドには、ダージリンアッサムニルギリという3つの代表的な紅茶産地があります。

香りに優れているダージリンはストレートで楽しみたい紅茶。旬が3回あるダージリン、ファースト・フラッシュ(春摘茶)は青々としたさわやかな味わいとキリっとした渋みが特徴です。セカンド・フラッシュ(夏摘茶)はマスカテルフレーバーと呼ばれる芳醇な香り。オータムナル(秋摘茶)は甘みがあり女性に好まれる味わいです。

アッサムは力強い味わいでミルクと相性がとても良いのが特徴。ニルギリはレモンティーにもよく合うフレッシュな味わいが魅力です。

スリランカ

スリランカ産の紅茶は、古い国名にちなんでセイロンとも呼ばれています。セイロンティーの魅力は多彩な味と香りのバラエティー。産地の標高によりグループ分けされ、異なる風味が楽しめるんですよ。代表的な産地はウバヌワラエリアキャンディディンブラルフナ

中でもキャンディやディンブラは紅茶らしい風味と美しい赤褐色の水色(すいしょく)なのでストレート、ミルク、レモン、アイスティー、どの飲み方もOK!家にひとつあると重宝しますよ。

ケニア

世界第三の紅茶生産国であるケニア。スーパーなどで売られているティーバッグの紅茶にブレンドされていることも多く、実はとても身近な存在なんですよ。コクはあるけれどシャープ味わい、明るい赤褐色の水色。ストレート、ミルクティー、アレンジティーにも相性の良い、オールマイティーな紅茶です。

中国

世界三大銘茶であるキームン紅茶の産地、中国。緑茶が多く生産されていますが、紅茶発祥の地でもあるんですよ。蘭やバラのような華やかな香りと、ほんのりスモーキーな香りがキームンの大きな特徴。バランスのよい味わいで、食事によくあうのも魅力のひとつです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ