ライター : mari

関西在住OLグルメライター

食べるのが大好きです♪ 得意ジャンルはカフェや定食、スイーツです。関西でおすすめのお店を紹介します!よろしくお願いします。

そもそも義理チョコって必要?

意中の男性にチョコを渡すというバレンタインが浸透したのは、1970年代後半といわれています。それから現在に至るまで、チョコをあげる人、受け取る人の関係が多様化していきました。特に1980年代からは、日頃の感謝を込めて身近な人へチョコを渡すという「義理チョコ」という日本独特の文化が浸透したとされています。

感謝の気持ちを伝えるのにぴったり

日頃からお世話になっている男性に、感謝の気持ちを伝えることは忙しい日々のなかではなかなかむずかしいかもしれません。義理チョコという形で年に一度、身近な男性に感謝の気持ちを伝えてみるのはいかがでしょうか?

パートナーがいる人に渡す際は注意

感謝の気持ちを伝えるのにぴったりの義理チョコですが、渡す相手に既婚者やパートナーがいる場合は、気を遣って渡さないようにしましょう。あるいは、渡す際に「彼女・奥様とご一緒に」などとひと言メッセージを添えると誤解がなく、相手も受け取りやすいでしょう。

義理チョコの相場はいくらくらい?

友人の場合

友人に渡す場合は、500円以内が平均的な相場でしょう。安く感じてしまうかもしれませんが、手軽な金額のほうが、受け取る側の友人もお返しをしやすいと思います。友人関係であれば何円位がいいのか直接聞くのもいいですね。

同僚の場合

同僚に渡す場合も、500円以内が平均的な相場でしょう。職場で複数人に渡すというシチュエーションも多くあるので、現実的に妥当な金額ですよ。また、同僚といっても年齢はバラバラということはよくあると思うので、万人受けするような無難なチョコレートを渡すのをおすすめします。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ