ローディング中

Loading...

多くの人が勘違いしているワイングラスの正しい持ち方をご紹介します。ワイン通の人でも脚の部分を持つ方が多いと思いますが、実は世界的に見るとマナー違反なんだとか。と言ってもソムリエも脚を持って回しますよね。日常はどうすべきかも解説します。

ワイングラスの正しい持ち方、知っていますか?

ワイングラスの持ち方について、おそらく多くの日本人は脚を持つのが正しいと思っているでしょう。しかしそんな考えを打ち砕く驚くべき新事実が判明しました。
脚部分を持つのは、テイスティングの際にグラスから、ワインの色や粘性を観察するための持ち方なんだとか。

ただし、一般的な日本の書籍には見た目もエレガントに見えますし、温度変化も少ないことからレストランでも脚部分を持つのがルールと記載されていることが多いようです。

実はマナーとしてはボウル部分が正解!

国際的に見ると公式な晩餐会のマナーとして、ボウル部分を持つのが正しいとされています。
では、
コレも!
これも!
これも間違いということ!?
じゃあよくソムリエの田崎真也さんが脚を持ってくるくるワインを回してるのは何なのでしょうか。
これは、少量のワインを入れて、テイスティングの際に色や香りを見定めるための持ち方だったんです。よって、一般的にはボウル部分を持つことが正式なルール、というわけなんです。
また、慶應義塾大学ビジネス英語担当講師・慶應義塾大学外国語教育研究センター所員の日向清人さんによると、
日本ではワイングラスはステム(脚)の所を持つのが正しいマナーとして一般化していますが、実は、上の一連の写真の通り、グラスはまるいボウル部分を持つのが正しいマナーなんだとか。

間違った知識が浸透した背景には、ワインブームの折にソムリエさん達がテイスティングをしている姿をテレビなどで見て、真似をする人が増えそのまま常識になっていった、と言います。

なぜステム部分を持つのがNGなの?

そもそも、なぜステム部分を持つのがNGなのでしょうか。

諸説あるようですが、まず一つ目に、ボウルを支えるステム部分を持つことで、乾杯時や実際口に運ぶ時に不安定となり、隣りの方へふとした拍子にワインをこぼしてしまう恐れがあるためです。それを回避するためしっかりと掴めるボウル部分を持つことがマナーとなった説。
もう一つは、現在のようにシンプルなワイングラスが流通する前、ステム部分にデザインが施されたワイングラスがありました。その歴史は、15世紀後半頃まで遡ります。金色のカラーや華美な装飾がされたワイングラスの人気が高まり、上流階級の晩餐会でよく使用されていたんだそう。

職人の技術が詰まったワイングラスは、ステム部分にも細かなデザインがなされ、その箇所を持つことは、せっかくの装飾が隠れてしまうこと、また大変繊細なデザインもあったため、壊れてしまわないよう、ボウル部分を持っていたんだとか。そんな背景があり、ボウル部分を持つのが公式のマナーになったと言われているようです。

身近なパーティーでワインを飲む時は

友人たちと食事に行ったり、ホームパーティーなどをする場合は、あまりマナーにとらわれずに、ステム部分を持つ持ち方で問題ありません。
特に女性の場合、ボウル部分を持つと正直見た目が美しくありませんよね。やはりステム部分を持つとエレガントに見えます。親指と人差し指、中指でステム上部を持つと女性らしさが生まれます。

外国人が多く集まるパーティー、フォーマルな場ではボウル部分、それ以外のシーンではステム部分を持つなど、使い分けてワインを楽しみましょう。

ワイングラスの持ち方を使い分けてみて

テレビでよく見ていたワイングラスの持ち方が、いつの間にか食卓にもレストランでも常識なルールとして浸透してしまったようですね。
意外に知らないワインにまつわるプチマナー。海外に行く時や外国人が多く集まる場では、ぜひボウル部分を持って飲みましょう。周りからマナーを知ってるな!ときっと一目置かれる存在に……。デイリーワインを楽しむ時とフォーマルな場で飲む時と、持ち方を意識して変えるだけで、また新しいワインの世界が広がっていきそうですね。
▼その他、知っておきたい食事マナーについては、こちらをご覧ください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

炭酸水で炊飯すると、ご飯の食感が激変!水で炊くよりも、ふっくらモチモチ食感にしあがるんです。秘密は、しゅわしゅわ弾ける炭酸水の泡。実際に炊いて食べてみました。味の感想と一緒に、おいしい炊き方をご紹介します♩

お茶

数万円もするというワインボトルに入った「ロイヤルブルーティー」。ワイン感覚で楽しめる、完全無添加の高級茶です。常識を覆すお茶とはいったいどんなものなのでしょうか?知られざる「ロイヤルブルーティー」の実態を徹底…

渋谷 ワイン

地下だからこそ味わうことができる「隠れ秘密基地」の様な空間の「Lowline~wine garden~」が、渋谷・道玄坂にオープン!WINE GARDEN(ワインガーデン)をコンセプトに、「大人が遊ぶ庭」を堪…

チョコレート

チョコレートアイスや、たっぷりチョコレートソースがかかったパフェを楽しんでいると起こる悲劇!なんということでしょう、お気に入りの洋服にチョコのシミがべっとり……。そんな時に試したいシミ抜きテクニックをご紹介し…

冷やし中華 冷麺 関西

「冷やし中華はじめました」の張り紙が目立ち始める季節。なんと、関西では「冷やし中華」を別の名で呼んでいるんだとか!macaroni編集部内の西日本出身者にインタビューしてみました。あなたの地域では何と呼んでい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

ホットドッグ ミートボール まとめ

家具はもちろん、食器や雑貨など幅広い人気を集めているIKEA。店舗内にあるレストランは、食事目的で来店するという人もいるほど人気があります。IKEAの発祥の地であるスウェーデン料理の人気メニューを調べてみまし…

新宿

新宿ルミネエストの屋上に白い砂を敷き詰めたビーチがOPENしたのをご存知ですか?都心であることを忘れそうになるリゾート感の中でおしゃれにBBQやカフェ、ランチも楽しめる素敵な空間「ワイルドビーチ新宿」が今とっ…

あれすーぱ

「人はパンのみに生くるものに非ず、されどまたパンなくして人は生くる...

ページTOPに戻る