ローディング中

Loading...

東京にはわざわざ遠方から足を運んででも訪れたいスイーツ店が多数あります。池尻大橋にある「アトリエモトゾー」もそのひとつ。イタリアでも有名なオーナーシェフが手掛けるこのお店は、そのクオリティの高さが話題!いったいどのようなお店なのでしょうか。

イタリアも認めた日本人菓子職人のお店

東京都世田谷区、東急田園都市線池尻大橋駅から徒歩3分ほどのところにあるパティスリー「ラトリエモトゾー」。住宅街にたたずむオシャレなお店は、地元のマダムを中心に人気を集めています。

シェフである藤田統三さんは、イタリアで権威ある認定証をもつ実力派の持ち主。パティスリーとして初めて、イタリアホスピタリティー国際認証マークを取得しています。日本人でありながらも、イタリア菓子の歴史を語る上で欠かせない人物とまでも言われているのです。
藤田さんは表参道で人気を集めていたイタリア菓子店の「ソル・レヴァンテ」でシェフを務め、2016年8月13日に独立し、池尻大橋に「ラトリエモトゾー」をオープンしました。今回は、そんな「ラトリエモトゾー」の魅力についてご紹介します。

池尻大橋「ラトリエモトゾー」

池尻大橋駅の東口から目黒川沿いへと向かい、徒歩3分ほどのところにある「ラトリエモトゾー」。大きなガラスで中まで良く見渡すことができます。オシャレで高級感があり、上品さも兼ね備えた外観は、住みたい街として常に上位にランクインしている目黒界隈にぴったりです!
店内に入ると、ショーケースにはキラキラと輝くスイーツたちがずらりと並んでいます。イートインスペースなどもあるため、おいしいお茶とともにその場で食べられるのも嬉しいですね。席数は6席のみですが、立食スタイルで利用できるカウンターもあり、4~5人分ほどのスペースがあります。
使用する素材はもちろん、見た目の美しさにもこだわる藤田さんのスイーツはどれも芸術品!フォトジェニックなスイーツは、SNS世代の女性にはたまりませんよね。

藤田統三シェフって?

藤田さんはシェフを目指して製菓専門学校を卒業し、実際にシェフとして働くようになったのは22歳のことでした。

99年にはイタリアへと渡り、本場のイタリア料理やスイーツを学びました。その後、2011年に一度帰国。東京で本格的なイタリア料理を提供するお店として人気を集めた表参道の「ソル・レヴァンテ」のシェフに就任します。
イタリアでの経験を活かし、イタリアホスピタリティー国際認証マーク〈MOI〉を取得。この認証は正統派イタリアンの証とも言われており、イタリア国立観光リサーチ研究所およびイタリア商工会議所連合会が展開する国際認定です。

2011年から与えられている比較的新しい称号ではありますが、本当に質の高いサービス、そして料理を提供するレストランのみに授与される希少価値の高い称号です。

実際に認証マークを受けたレストランはまだまだ日本国内ではごくわずか。特に、パティスリーとしては藤田さんが初めてこちらの認証マークを受けています。

藤田シェフ代表作「モンテビアンコ」

藤田シェフの代表作となるのがこちらの「モンテビアンコ」。「モンテビアンコ」とは、フランス語で「白い山」という意味を持っており、日本でいうところのモンブランと同じです。

藤田さんの「モンテビアンコ」はほろ苦いココア味のメレンゲ生地を使い、濃厚なマロンクリームとさっぱりとした口どけの生クリームが重なりあう、極上のひと品!

マロンクリームは2種類の栗をブレンドして作られています。マロングラッセを作る際に形が崩れてしまったものなどを使っているため、とても濃厚で大人な味わいのモンブランです。
イートインでオーダーする方も多い「モンテビアンコ」。ずっしりと重みがありながらも、後味はさっぱりしているため、「しっかりとした生地なのに重くなくていい」「上品」といった口コミがあります。

なかには「今まで食べたモンブランの中で一番おいしい」と、すっかりここのモンブランの虜になってしまう方もいるようです。
「モンブランとは全く違う栗のスイーツで初めて食べた食感でしたが、栗の濃厚さが口の中に広がり素晴らしいお味でした」といった口コミや、「生クリームが甘すぎずしつこくないので、どんな場面にもお土産として持っていけば喜ばれること間違いなし」といった口コミもあります。

見た目はシンプルなモンブランですが、シェフの想いやこだわりが詰まっていることが分かりますね。

超本格的なティラミスは必食

「ラトリエモトゾー」では、モンブラン以外にティラミスもおすすめです!

本場イタリアのレシピに基づいて作られたティラミスは、コクのあるマスカルポーネをたっぷりと使い、卵黄を加えて滑らかな仕上がりに。マルサラ酒を加えて風味をアップさせて、大人な味わいに仕上げられています。

エスプレッソがベースのコーヒーシロップは香りもとても豊か!計算された食感、そして味のバランスが多くの方々を喜ばせるティラミスです。
「たっぷりのマスカルポーネが使われているのにしつこくさが無く、いくつも食べたくなるようなティラミスでした」と言った口コミや、「見た目がかわいいだけでなく、こんなに本格的なティラミスを食べたことがなかった。ティラミスとはこれこそが本物なんだと思いました」と言った口コミがあります。

スイーツ通をもうならせる本格ティラミス、ぜひ一度味わってみたいですね。

どのお菓子も一級品!

「ラトリエモトゾー」では、この他にもさまざまなスイーツがあります。見た目も美しく、シェフのこだわりがぎゅっと詰まったスイーツの数々を見ていきましょう。

パンナコッタ

イタリアの古典文献を研究して作られたパンナコッタ。一般的なパンナコッタとは全く違う、濃厚な味わいに驚きを隠せない方が続出!

卵白を入れて蒸し焼きにしたパンナコッタは、一度食べるとクセになる味わいです。濃厚ながらも上品な味わいは「ラトリエモトゾー」ならでは。

実際にを食べた方は「瓶に入っていてとてもかわいらしいスイーツだったので一目ぼれ」「食べたときの驚きは今でも忘れません」と、見た目も味も好評です。

ガトーショコラ

ずっしり濃厚なガトーショコラです。ほろ苦く、しっかりとチョコレートの風味を感じられながらも上品で軽い生クリーム、酸味のあるいちごのバランスが絶妙!

コーヒーはもちろん、紅茶との相性も抜群です。実際にこちらを食べた方は、「見た目ほどチョコレートのしつこさがなく意外とあっさりしていた」「とろけるショコラがたまらない。頻繁には来れないけど、通ってしまいそう」などの口コミを残しています。

トルタディジャンドゥーヤ

ナッツやチーズ、チョコレートなどを贅沢に使用した、見た目も美しい「トルタディジャンドゥーヤ」です。ふわふわのメレンゲが口当たりもよく、洗練されていながらもどこか懐かしいあたたかい味わいが特徴です。

実際に食べてみた方は「イタリアの家庭を感じることができた気がする」といった口コミを残しています。

タルティーナ

ヨーグルトクリームを使った爽やかなタルトです。ヨーグルトとブルーベリーの酸味が、バターをたっぷり使ったタルト生地と絶妙にマッチ!見た目にも非常にかわいらしく、SNS映えも抜群です。

実際に食べた方は「ブルーベリーの甘みとヨーグルトクリームの酸味がベストマッチ」「こんなにもおいしいタルトは食べたことがない」などの感想を残しています。

ズコット

濃厚なリコッタチーズのクリームにナッツやチョコレート、ドライフルーツなどをたっぷり使った食べ応えのあるひと品です。ボリュームはあるものの、上品な甘さが特徴。

ズコットを食べた方は「見た目よりビスキュイはやわらかく、そこにナッツやチョコの食感と味わいがプラスされて口の中がとても贅沢な宝箱になります」といったクチコミを残しています。イタリアの定番スイーツのひとつであるズコット、ぜひ一度試してみてくださいね!

カーヴォロ

イタリア語でキャベツを意味する「カーヴォロ」。こちらは、サクサク食感が楽しいシュークリームです。

シュー生地部分にはパイ生地とサブレ生地を使っているため、一般的なシューに比べサクサクと軽やかな食感ながらもバターの風味を感じられます。なかのカスタードクリームには卵を贅沢に使用しているだけあって、濃厚でとてもなめらか。

こちらを食べた方は「ひと口で食べられるけど、もっと食べたくて自分へのお土産にたくさん購入しました」「この生地は他のお店では食べられません」などの口コミを残しています。

お土産に焼き菓子もあります

「ラトリエモトゾー」では、テイクアウトにおすすめな焼き菓子も豊富に揃っています。その一部をご紹介します。

カンノンチーニ

小さな筒の形をしたデニッシュパンのような「カンノンチーニ」。カンノンチーニとは、イタリア語で大砲という意味を持っています。イタリアでは伝統菓子として知られており、頻繁に食べられているのだとか。サクフワな食感と卵とバターの素朴で優しい甘みが特徴です。

スフォラアテッラ

薄いパイを何層にも重ねた「スフォラアテッラ」。丹念にラードを塗って伸ばすという工程を繰り返すことで、このような美しい層に仕上がります。イタリア本場のレシピを採用し、円錐形に伸ばしたパイの中にはオレンジピールやレモンピール、セモリナ粉、リコッタチーズがたっぷり!隠し味に使用したシナモンパウダーのスパイシーさが、味を引き立てます。ひと口噛むと、爽やかな柑橘の風味が広がるひと品です。

実食された方の口コミとしては、「甘酸っぱいフィリングとリコッタチーズの相性がよい」「セモリナ粉のおかげでもちもちの食感が楽しめました」といった声があります。

本場のイタリアンドルチェを楽しもう♩

いかがでしたか。イタリアでも名の知れたシェフである藤田さんの作るさまざまなスイーツ。誰にも真似することのできない藤田さんのスイーツをぜひとも食べに行きたくなりますね!

本場イタリアンドルチェを楽しみたいならば、ぜひ池尻大橋の「ラトリエモトゾー」へ足を運んでみましょう。

店舗情報

■店舗名:ラトリエ モトゾー
■最寄駅:池尻大橋駅
■住所:東京都目黒区東山3-1-4
■電話番号:03-6451-2389
■営業時間:10:30~19:00
■定休日:月曜日
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131705/13199223/
■公式Facebook:https://www.facebook.com/%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8-%E3%83%A2%E3%83%88%E3%82%BE%E3%83%BC-1559508637690713/
▼スイーツ好きならこちらのお店もおすすめ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハロウィン ビュッフェ スイーツ

ヒルトン東京ベイの「lounge O(ラウンジ・オー)」で、新デザートブッフェ『ハロウィーン・サーカス・パレード』が開催!ゴーストに見立てたデザートや、カップに入った「パンプキンプリン」など、ポップで可愛いス…

かき氷 スイーツ 虎ノ門

虎ノ門ヒルズ ガーデンハウス 1階「ピルエット(Pirouette)」から、『大人のデセールかき氷』の新フレーバーが発売!モンブランを表現したかき氷や、クリスマスケーキをイメージしたショートケーキのようなかき…

レシピ スイーツ

セブンスイーツ「抹茶練乳」と「わらび餅&白玉ぜんざい」のかけ合わせレシピがTwitterで話題になっています。専門店さながらのパフェと噂を聞きつけ、さっそく作ってみました♩発案者であるディスク百合おんさんの他…

スイーツ ジェラート

フェリシモの海外チョコお取り寄せサイト「幸福(しあわせ)のチョコレート」に、青チョコ入った世界でここだけのジェラート『青チョコジェラート』と、『赤チョコジェラート』が登場!過去発売されて大人気だったスイーツを…

銀座 北海道 スイーツ パン

銀座三越で「北海道展」が初開催されます。北海道ならではのスイーツや、素材にこだわる専門店など全39ブランドの美味が勢揃い!今だけ、ここだけの期間限定カフェや北海道のビストロを楽しめるフードコートも登場するので…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ラーメン 横浜 中野 まとめ

やわめ、こいめ、すくなめでいつも注文します。程よいこってりがクセになる家系ラーメンが大好きです。週二回は家系ラーメン食べている僕がおいしい横浜家系ラーメンを紹介します。

焼肉 鉄板焼き まとめ

東京にあるおいしい焼肉屋さん21選を予算別にご紹介します。安くておいしいコスパ抜群のお店から、デートでも使える高級店まで、さまざまなシーンで利用できるおすすめのお店を集めました。焼肉屋さん選びに迷ったらぜひ参…

月島 デート もんじゃ焼き まとめ

月島といえばもんじゃ焼き。お店で食べるもんじゃも美味しいですが、船の上から夜景を楽しみながら手食べるもんじゃもなかなか乙のものです。今回は、月島発のもんじゃを堪能できる屋形船をご紹介します。花火、カップル、ロ…

三軒茶屋 東京 居酒屋 日本酒 まとめ

東京都世田谷区三軒茶屋にある、お一人様でも安心して入れるおいしい日本酒を飲むことが出来るお見るを3つご紹介します!1人でじっくり名酒を味わってみてはいかがでしょうか。

お土産 お菓子 まとめ 滋賀

古くは“近江商人”の町で栄えた、日本最大の湖・琵琶湖を擁する滋賀県。今回はお土産にすると喜ばれる、地の利を活かしたもの、ちょっと意外な名物、スイーツなどご紹介します。古いものを大事にしつつ、新しいものも作り出…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

2017年7月13日(木)、カルディから「夏のコーヒーバッグ」が発売されました!アイスコーヒーにぴったりなコーヒーだけでなく、コーヒー豆の保存に便利なキャニスターつき!バッグ自体も夏仕様になっているんですよ♩…

レシピ まとめ

サクサクの衣の中から、トロっと溢れるクリームソースが絶品の「カニクリームコロッケ」。華やかな料理なので、パーティーや特別な日にもピッタリです。今回は、カニ缶を使った簡単な作り方や、アレンジレシピ、さらに気にな…

ちひろ

元メーカーの企画・広報。現在は子育てに奮闘しながらも根っからの流行...

ページTOPに戻る