ローディング中

Loading...

大阪名物の串揚げが、これまでに類を見ないフレンチ仕立てに変身しました!この新感覚のフレンチ串揚げを味わえるのは、大阪梅田にオープンしたばかりのバル「ベニエ」。美しすぎる、絶品、と早くも話題沸騰中です。さっそく気になるメニューをご紹介♩

大阪名物串揚げがフレンチに⁉︎

大阪グルメといえば、お好み焼きやたこ焼きに並んで有名なのが串揚げです。大阪発の「ソース二度付け禁止」でおなじみの串揚げ屋さんは、関東でも定番になっていますよね。

いまInstagramやTwitterなどのSNSを中心に話題になっているのは、串揚げは串揚げでも「フレンチ串揚げ」。これまでの庶民的なイメージとはうって変わって、高級食材を使った本格フレンチの技法で揚げた料理です。そんなフレンチ串揚げをいただける「ベニエ」が、2017年2月大阪梅田にオープンしました。いったいどのような串揚げに出会えるのでしょうか。

大阪 梅田「ベニエ」

話題のフレンチ串揚げを味わうことができるのが、2017年2月6日にオープンした「ベニエ」。シンプルでモダンな雰囲気のフレンチバルです。梅田駅から徒歩5分とアクセスも抜群ですね。

ここ周辺の地域は「ウメシバ」と呼ばれ、いま特に注目を集めているホットなスポット。次々に新しいお店や商品が登場して、どんどん盛り上がりをみせている地域なんですよ。
ベニエの店内には、目の前で揚げる臨場感たっぷりのカウンター席が14席と、落ち着いてゆったりと食事ができる個室が10席あります。

同じく大阪にある本格フレンチの名店、ルコントワの姉妹店なだけに、串揚げとはいえどれも極上の逸品です。料理のメニューは全7品の、「ベニエおすすめコース」のみとなっています。

お料理のコースと一緒に注文できる、ドリンクの「ペアリングコース」はワイン好きにはぜひおすすめ。常時200種類取り揃えた中から、アメリカ、イタリア、スペイン、フランス、ドイツなど、世界各国のワインからお好みのものを選ぶことができます。

フレンチ串揚げって?

ベニエおすすめコース全7品 5,000円

ベニエの串揚げは、最新のフライヤー「ドクターフライ」を使用。油切れがよく、脂肪の吸収を抑えた、カロリーオフの串揚げになっています。ダイエット中の女性でも、安心していろいろ食べられる串揚げなのですよ。

ヘルシーなだけではなく見た目も芸術品のような美しさで、これまでの串揚げとは全く違う、サクサクふわふわの上品な仕上がりです。

ベニエがメニューをフレンチ串揚げのコース料理一本に絞ったのは、姉妹店「ルコントワ」をカジュアルダウンしたお店にしたかったからなのだとか。
実際にお店に行った人の口コミをみると、「衣はスフレのようにふわふわ」「ここの串揚げなら揚げ物解禁でいい!」「軽い口当たりでドストライクです」「断面もきれい」「ミシェランガイドにのること間違いなし」など、大絶賛するものばかり。

ベニエおすすめコース内容は?

ベニエおすすめコースの内容は、串揚げが出てくる前から盛りだくさんの内容です。例えば2017年3月17日からのメニューでは、最初に出てくるアミューズが「菊芋のスープ」、オードブルが「ブリのスモーク 大根サラダ」、それから「ハーブサラダ」になります。

お楽しみの串揚げは、「オマール海老 エストラゴンマヨネーズソース」、「帆立のムース あさりの泡のソース」、「ほたるいかとグリーンアスパラ 新玉ねぎとマスタードのソース」、「桜海老と菜の花のかき揚げ ハーブサラダ」、「筍のバリグール 木の芽を添えて」。
ここまでで5串になりますが、まだまだ続きます。「ホワイトアスパラガスの生ハム巻き 卵黄ソース」、「甘鯛のウロコ揚げ ウスイエンドウのソース」、「桜マスとエスカベッシュ」、「原木シイタケと合挽きミンチ」、「ロッシーニ」の全10串です。

これだけで大満足という声も多いなか、さらに、シメの「ミネストローネ風リゾーニ エビオイル」と、デザートの「胡麻のブランマンジェとサツマイモのアイスクリーム」、ハーブティーが出てきます。
こちらは「オマール海老 エストラゴンマヨネーズソース」。とうもろこしと小麦粉でできたカダイフの香ばしい食感が、プリプリのエビとマッチして楽しい串揚げです。
こちらは「甘鯛のウロコ揚げ ウスイエンドウのソース甘鯛の串揚げ」です。パリパリっと香ばしい食感のウロコと、フワフワのベニエ衣のコンビネーションが最高です。
こちらの「里芋とコンソメ」は3月16日までのメニューにあった季節の串揚げで、残念ながら現在は提供されていないそう。お店の自家製コンソメが里芋によく合い、ほっとする味です。
「牡蠣のベーコン巻き」も、残念ながら今は終わっている季節の串揚げ。牡蠣とベーコンという意外な組み合わせが絶妙だという評判です。
フランスラングドック地方の郷土料理、「ブランダード・パセリソース」も冬限定の串揚げです。干したタラとジャガイモをペーストを揚げたもので、まさにワインにピッタリ!
豪華すぎると話題の「ロッシーニ」は、今の季節でも食べることのできる逸品です。牛肉にフォアグラ、黒トリュフのソースがかかっているというゴージャスな串揚げは、まさにメインディッシュ。

お酒の種類も豊富!

ベニエはシャンパーニュやキールなどの食前酒から、ビールやワインまで、串揚げによく合うお酒の種類も豊富です。

多彩なワインリストの中から、お料理に合わせてお好みのグラスワインを選べる「ペアリングコース」は、グラス4杯選べて3,000円、グラス6杯では5,000円とリーズナブル。ボトルワインも4,000円からあります。

大阪に行ったらぜひベニエへ!

メニューを見ているだけで食べてみたくなる、フレンチ串揚げのお店ベニエ。5,000円で本格フレンチの豪華な串揚げが10本のほかに、前菜にシメ、デザートなどが5品も付くなんて、お得感満載ですよね。

料理だけでなくドリンクも、ソフトドリンクなら450円、ビールも580円と良心的な価格です。機会があればぜひ一度、新感覚の串揚げを楽しんでみてはいかがでしょうか?
▼こちらの記事もご覧ください

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大阪

日本各地の個性派クラフトビール&こだわりフードを集めた大人気イベント「大阪城クラフトビアホリデイ」が今年も開催!大阪城公園駅前広場にて行われます。注目のブルワリーを中心に、100種類以上のビールが楽しめるので…

梅田 スイーツ

阪急うめだ本店に四季をテーマにした新洋菓子ブランド「HIBIKA(ひびか)」がオープン。日本の美しい四季を洋菓子で楽しんでもらいたいという思いから、エーデルワイスとコラボして生まれたお店です。四季折々の旬や季…

原宿 大阪 カフェ

ひと口アイスのロングセラーブランド「ピノ」に、チョコレートソースやマシュマロクリーム、チャームなどを自分で自由につけて楽し「ピノフォンデュカフェ」が期間限定でオープン。自分だけのオリジナルスイーツを作れますよ♩

かき氷 大阪

暑い夏に食べるかき氷、最高ですよね。子どもから大人までみんな大好きな夏の鉄板スイーツです。最近はオシャレなかき氷のお店が増えていますが、なんと大阪中崎町「JAM」では器まで食べられるかき氷があるんです!詳しく…

大阪

台湾カフェ「春水堂(チュンスイタン)」が、大阪初出店となる『グランフロント大阪店』をオープン。また、大阪店限定でジョッキグラスに入った、通常の2倍サイズの「メガタピ(メガタピオカミルクティー)」も登場します♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ 専門店 東京

都内に一見さんお断りの日本酒の名店があることをご存知でしょうか。知る人ぞ知る「つくしのこ(つくしの子)」は、日本酒の品揃え700種類以上。料理も旨く、コスパだって高い。紹介者を見つけたら、ぜひとも行ってほしい…

吉祥寺 日本酒 居酒屋 まとめ

グルメ激戦区・吉祥寺。今回は日本酒好きをうならさせる名店を5店舗チョイス!日本酒のクオリティはもちろん、接客、サービスを含めた居心地の良さもピカイチ。一人飲みにもデートにもピッタリなはずです!

チョコレート 専門店 スイーツ まとめ

「Bean to Bar(ビーントゥバー)」とは、カカオ豆からチョコレートにするという製造の工程を一貫して行うこと。その手間によって独自の味を持ち、市販のものとは全く違うものに!では、ビーントゥバーが味わえる…

銀座 ランチ まとめ 東京

今日は銀座のランチでちょっと贅沢しちゃおう!そんな時におすすめの、銀座でランチが食べられるお店をご紹介します。ご友人同士で、カップルで、母娘で…平日に利用できるお店から、高級ランチまでまとめています。…

お土産 まとめ 台湾 お茶

日本からほど近く、旅行に訪れる人も多い台湾。どうせなら喜んでもらえるお土産を選びたいですよね。今回は定番お菓子のパイナップルケーキや、女子が喜ぶ雑貨土産などカテゴリ別に厳選してご紹介しています。台湾に行く前に…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

スムージー

スムージーブームに次ぐトレンドドリンクとして海外で注目が集まっている「チャコールジュース」の見た目はなんとまっ黒!このドリンクは、活性炭を使ったデトックスドリンクなんです。デトックスやアンチエイジングなど、嬉…

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

wasante

2歳児をはじめとする、3児のママです。パクチーとココナッツとナンプ...

ページTOPに戻る