ローディング中

Loading...

日常的に魚をさばいて食べたいと思っても、臭いが気になるし、洗剤で何度も洗うのは面倒、という人も多いのではないでしょうか。まな板、手、服についた魚の臭いを消す方法が知りたい!今回は、魚の生臭さを簡単に消す方法をご紹介します。

魚は臭いからさばきたくない

スーパーで売っているさばかれた魚もいいけど、魚を丸ごと市場や魚屋などで買ってきて、一から家でさばくと新鮮でおいしいですよね。

しかし家でさばくとなると、まな板や包丁はもちろんのこと、手や服、そして部屋に生臭さが残ってしまいます。後片付けも面倒なため、億劫になってしまっている方も多いのではないでしょうか。

ですが、やっかいだと思っていた魚の生臭さも、実はちょっとしたコツを使えば簡単に取ることができるのです。

魚の臭いは肌になじみやすい

魚の生臭さを取る方法の前に、まず生臭さの原因は何なのでしょうか。

そもそもなんで臭いのか

魚の独特な生臭さは、トリメチルアミンと呼ばれる物質が発生するところにあります。このアミン臭と呼ばれる物質は、魚が死んだ後の成分を細菌が食べることで発生するので、生きている魚は臭くないんです。そのため新鮮な魚ほど臭いはなく、逆に鮮度が落ちれば落ちる程、臭いはきつくなっていきます

手の凹凸に入り込む臭いの元

そんな生臭さの原因であるアミン臭は、手にとても馴染みやすい物質であるだけでなく、手のしわなどの溝に入り込んでしまいます。そうして手と一体化したアミン臭は、洗剤で擦り洗いするだけでは取り除くことが難しく、いつまでも臭いが消えないということになってしまうのです。

手が臭い!どうしたら?

石鹸で洗ってもなかなか取れないアミン臭。手についてしまった魚の生臭を、どうしたら取る事ができるのでしょうか。今回はそんな魚の臭いを簡単に取る事ができる方法をいくつかご紹介します。

柑橘系の皮で洗う

レモンやみかんなどの柑橘類に含まれるクエン酸は殺菌作用があり、手に付いた細菌を分解します。さらにもう一つ、柑橘類に含まれるリモネンという成分には消臭効果があるので、ダブルで魚の臭いを取ってくれるのです。

[手順]
1. 普通に石鹸で手を洗います。
2. タオルでしっかり水気をとり、手の平にレモンなどの柑橘系の果汁を少し垂らします。
  柑橘系の皮を使う場合は、皮を押しつぶして出てきた汁を使います。
3. その汁を手の平や指の間、爪との間などによく擦り込みます。
4. 数秒置いて、水ですすぎ洗いし、タオルで水気を取ったら終わりです。

酢水で洗う

酢には柑橘類と同様にクエン酸が含まれているので、殺菌作用があります。酢を使う場合は、酢のツンとしたにおいが付かないよう、2倍くらいに水で薄めてから使うようにしましょう。
[手順]
1. 水で2倍に薄めた酢水をつくる。
2. そこに手を入れて、手を擦り洗いします。
3. 水でしっかりすすぎ洗いします。

塩で洗う

塩には臭いの元となる細菌を分解してくれる作用があり、魚の臭いにも効果があります。魚を触ったあと、塩を手につけて擦り洗いし、しっかり水ですすぎましょう。ただし、手や指に傷がある場合は、かゆみの原因となったりすることもありますので、その場合は他の方法を使った方が良いです。

ステンレスに触る

一番手軽で効果のある方法が、このステンレスを触るという方法です。ステンレスに触ることで、臭いの原因となっている細菌と鉄イオンが化学反応を起こし、臭いが消えるのです。

身近なものとして、水道の蛇口の金属部分は大抵ステンレスで出来ています。魚を触った後は、蛇口のステンレス部分を触ってから、水で手を洗うようにすれば、臭いがつきにくくなります。

ブラシを使って洗う

魚の生臭さがなかなか落ちないのは、手にある凹凸の溝ににアミン臭いが入り込んでしまうからです。そのため、ブラシを使ってアミン臭を搔き出して落としてしまえば、臭いは消えます。ただし、あまり強くブラシで擦り過ぎると、手が荒れてしまうので、注意してやりましょう。

重曹で洗う

重曹には除菌作用、消臭作用があり、魚の生臭さを取る場合にも効果的です。重曹に水を少し足して、手のひらを擦り洗いし、その後石鹸でよく洗うと魚の臭いが消えます。しかし注意したいのは、重曹には研磨作用もあるので、手の表面を傷つけてしまうこともあります。そのため、お肌の弱い方には他の方法をおすすめします。

湿ったコーヒーの豆カスで洗う

飲んだ後のコーヒーの豆かすや茶殻には殺菌効果があります。コーヒーの豆かすや茶殻を乾燥させず、湿った状態で手にとり、ゴシゴシと擦ります。そして水でしっかり洗い流すと、臭いは消えます。

歯磨き粉で洗う

歯磨き粉には研磨作用があるので、歯磨き粉を少し手にとり、ゴシゴシ擦り洗いすると臭いが消えます。

まな板や包丁についた臭いの取り方

手の他にも、魚をさばいた後のまな板や包丁にも生臭さが残り、洗剤とスポンジで何度洗っても取れなく、大変な思いをした経験はありませんか。魚の生臭さが残った包丁で、他の野菜や果物など切りたくないですよね。手の時と同様に、簡単に魚の臭いを簡単に消してくれる方法がありますので、ご紹介します。

流水後に洗剤

魚をさばいた後、まず、いったん流水で洗い流します。その後に洗剤を使ってゴシゴシ擦り洗いをすると臭いが消えやすくなります。流水の際に熱湯を使うと、逆に臭いを閉じ込めてしまうので注意しましょう。

酢水で振り洗い

お酢と水を1:3の割合で混ぜ酢水を作ります。その酢水をまな板や包丁にスプレーして1分程置きます。そして水でよく洗い流します。

レモンの輪切りでふく

輪切りしたレモンで、まな板や包丁を拭きます。そのままにしておくと、包丁などは錆びてしまう可能性があるので、よく水洗いしましょう。

服についた生臭さをとる方法

魚屋さんに行った時、魚料理をした時、そして趣味の釣りをしたときなど魚に触れることで、服に生臭さがついてしまったことはありませんか。一度服についてしまうと、洗濯機で洗濯しただけでは取れなくて困ってしまったなんてことも少なくないかと思います。

服についてしまった臭いも、酢水や重曹が臭い消しに効果的なんです。酢水または重曹を水に溶かした重曹水に、服を漬け置きします。その後、通常通り洗濯機で洗濯すると臭いは消えています。

部屋に残る臭いの対処法

それでは、魚をさばいた後に部屋に残る生臭さ、また魚を焼いた後のなんとも言えない臭いは、どのように消臭するのがよいのでしょうか。急な来客にも対応できるよう、いくつかの消臭方法をご紹介します。

よく換気をする

一日に数回換気を行い、空気の入れ替えを行いましょう。空気清浄機があれば、それを使って部屋の空気がいつも循環している状態を作ると良いようです。

酢水で拭き掃除

殺菌効果のある酢水で、臭いの気になるキッチン周りや床などを拭き掃除すると良いです。

重曹を置く・まく

重曹をそのまま空の容器にいれ、蓋はせずに部屋に置いておくだけで、臭いを吸い取ってくれます。

茶葉を煎る

水や油などは加えず、茶葉をフライパンに敷き詰めて火をかけます。しばらくすると茶葉の色が変色し香りが出てきます。この茶葉の香りには消臭効果があり、部屋全体の臭いを消してくれます。また炒った茶葉は空の容器に入れて、臭いのきになる所に置いておいても消臭してくれます。茶葉の種類は何でも構いません。

グリルの水に紅茶

魚焼きグリルの水をはる場所に、お茶もしくは紅茶の葉を入れておくと、魚の臭いを抑えることができるようです。飲み終わった後の茶葉でも大丈夫です。

日々の食卓に魚料理を取り入れよう

いかがでしたか。今回は魚の生臭さを取る簡単な方法をいくつかご紹介してきました。洗剤ではなかなか消えない臭いも、他の身近なもので正しい手順と方法で消臭すれば、簡単に消す事ができます。魚は体に良いものなので、臭いを気にすることなく、いつでも気軽にいただきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

2017年6月に全国20店舗で開催され、大盛況のうちに幕を閉じた「かっぱ寿司」の食べ放題イベント。今回、Web予約限定で復活することになりました!予約方法からお得に楽しむポイントまで、まとめてご紹介します♩

チャーハン レシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、失敗知らずのパラっと黄金チャーハンの作り方を伝授します。べちゃっとなりがちなチャーハンが、たった一手間加えるだけで、お店で食べるような、本格的なチャーハンに!

「蒸留酒」と聞いて、どんなお酒を思い浮かべますか?聞いたことがないという方も多いかもしれません。代表的な蒸留酒は焼酎やウイスキーで、他にもたくさんの種類があります。今回は、蒸留酒の基礎知識や飲み方をご紹介しま…

パン レシピ

時間が経って、フワフワだったパンが固い!というショックな出来事がたまに起こりますよね。固いパンを柔らかくする方法や、おすすめのアレンジパンレシピをまとめました。手軽にできる方法ばかりなので、すぐに実践できます…

にんにく

にんにくの皮むきでイライラしたことはありませんか?小房を包んでいる薄い皮が実に貼りついて取れない……!そんなお悩みも、にんにくを冷凍するだけで解決するんです。詳しいむき方を、写真と一緒にご紹介します♩…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

大ブームのダイエット食品「チアシード」。ただし摂り方を間違えると、便秘になる可能性もあるそうです。今回はチアシードの副作用と危険性についてまとめてみました。正しい摂取量や作り方を必ず覚えるようにしてくださいね。

カクテル レシピ

ジントニックは、とてもシンプルなカクテルですが、だからこそ作り方次第で大きく味が変化します。今回は、ジンのアルコール度数やカロリー、作る手順や飲み方など、知ってると少し得するジントニックの知識をご紹介します。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る