ローディング中

Loading...

おにぎりの具やおつまみに人気のたらこ。ですが、生のたらこは賞味期限が短いのが難点です。しかし冷凍保存して冷蔵より長く楽しめ、料理の幅も広がります!今回は、そんなたらこを冷凍保存するときのコツや注意点、おすすめレシピをご紹介していきます。

冷凍で便利!たらこの保存

温かいご飯とともに食べたり、パスタのソースに使ったり・・・あると何かと便利なたらこ。ですが、タラの卵巣であるたらこは、生もののため、賞味期限が長くありません。おにぎりに、お弁当に、ご飯のお供に、少しずつ時間をかけて楽しみたくても賞味期限が近づくと急いで食べなくてはならず、結局いつも同じような食べ方になっていたりしませんか?

おいしいたらこを買ったけれど食べきれない場合や、お土産でたくさんもらったとき、ぜひ冷凍保存を試してみてください。今回は、たらこを冷凍保存する際の方法や注意点、たらこを使ったおすすめのレシピをまとめました。

もう、たらこを無駄にしない!ぜひ試してみてくださいね。

たらこの保存期間は?

生もののたらこはあまり日持ちしませんが、冷凍した場合とどのくらいの違いがあるのでしょうか?また、解凍した後もどのくらいおいしさを保てるのか気になりますよね。冷蔵庫で保存した場合と冷凍庫で保存した場合の保存期間、そして解凍後の保存期間についてご紹介していきます。

冷蔵庫での保存期間

冷蔵保存のたらこは、購入した時のパッケージに記載のある賞味期限を守って消費しましょう。だいたい1週間から2週間程度が多いようです。

買ってからすぐに食べた方がたらこの風味が良く、時間がたつにつれて味が変化する場合があります。生たらこは早めに食べた方が良いですね。

冷凍庫での保存期間

一般的に、食材を冷凍保存すると冷蔵保存よりは長く保てますが、それでも少しずつ劣化していきます。

たらこを購入した後すぐに冷凍庫で保存した場合は、1か月を目安に食べきるようにしましょう。2か月、3カ月経ってから食べることもできますが、たらこの風味が減ってしまい、購入当初ほどの旨みが感じられない場合があります。保存期間内であっても、極力早めに、新鮮な状態でいただきましょう。

解凍後の保存期間

冷凍したたらこを冷凍庫から出してすぐに食べない場合は、冷蔵保存をしましょう。この場合、生たらこと同様、1週間ほどを目安に食べきってくださいね。ですが、保存期間内であっても味やにおいに変化があった場合は食べるのを控えた方がよいでしょう。

常温保存はNG

たらこは生ものです。常温保存はできないので、購入後はすぐに冷蔵庫か冷凍庫に入れましょう。旅行先などでたらこを購入する場合は、保冷バッグと保冷剤を使って冷やしながら持ち帰ることをおすすめします。

たらこの冷凍の仕方

たらこは冷凍保存した方が長く楽しめることをお伝えしました。それでは、たらこを冷凍する際はどのようにしたら良いのでしょうか。簡単に冷凍できて食べる時に手間のかからない冷凍保存方法をご紹介していきます。

一腹ずつラップに包んで冷凍

たらこは、元々は卵巣の形を保った袋が二つついた状態です。これを一腹(ひとはら)と数えます。

白いご飯と食べることが多い場合や、具体的に解凍後のたらこの使い道が決まっていない場合は一腹ずつラップに包み、チャックの付いているフリーザーバックで保存する方法がおすすめです。大きい塊のまま冷凍したものの、一腹すべては使わないという場合でも、使うときにカットして少しずつ食べられるので良いですよ。

カットして冷凍

おかずなど、そのままではなくおかずとしてたらこを使うことが多い方はあらかじめカットしてから冷凍しておく方法がおすすめです。

おにぎりにも使いやすいですね。この方法で保存しておけば、いざたらこおにぎりを作る際も包丁を使わずに済むため、とても便利です。

こちらも一腹ずつ保存する場合と同様、カットしてからラップで包み、フリーザーバックに入れて冷凍庫に入れるようにしましょう。空気に触れると劣化が進みやすくなるので、フリーザーバックの空気をできる限り抜いてから冷凍庫に入れることがポイントです。

バラ子を冷凍

たらこの皮がなく、卵だけの状態で売られているものをバラ子と呼びます。皮がやぶれたり大きさが不揃いな規格外のものがバラ子として売られている場合が多く、品質は普通のものと変わらないものの、比較的安価で購入することができます。

バラ子は冷凍した状態で売られていることがほとんどです。冷凍してある場合はそのまま自宅でも冷凍庫で保存しましょう。

塊が大きすぎる場合は、カットしてから保存することもできます。あまりにカチカチの状態では包丁が入りにくいので、常温で少しだけ時間を置いてからカットしましょう。この時、放置しすぎると解凍されたものを再冷凍することになり、劣化がすすみやすくなります。包丁が入る固さ程度までやわらかくなったらすぐにカットして再度冷凍庫に入れましょう。

加熱してから冷凍

たらこを調理に使う場合は、加熱してから冷凍保存することもできます。電子レンジで加熱すれば、火も使わず簡単ですね。

まず、たらこ1本につき小さじ1/3程度の酒を振りかけます。ラップをかけて600wの電子レンジで2分程加熱してみてください。中まで火が通ればOKです。

使いたい大きさにカットし、ラップに包んでフリーザーバックに入れて冷凍保存します。使うときは包丁やスプーンの腹で押しつぶせば簡単にほぐれますよ。

解凍方法

冷凍保存したたらこは、どのように解凍するとおいしく食べられるのでしょうか。おすすめの解凍方法と注意点をご紹介していきます。

冷蔵庫でゆっくり解凍

冷凍したたらこは、冷蔵庫でゆっくりと解凍することがおすすめです。冷蔵庫内の低温状態で解凍すると、たらこのうまみ成分が逃げだしにくく、もともとのたらこの旨みに近い状態でいただくことができます

大きさにもよりますが、冷凍したたらこの冷蔵解凍は半日から1日程度かかります。たらこを使う前日には冷蔵庫に移し、解凍されるのを待ちましょう。

常温で自然解凍

冷蔵庫で解凍するよりも、常温で自然解凍した方が時間がかからず簡単に解凍ができますよね。しかし、常温で解凍すると、たらこに含まれる水分がドリップとして出て行ってしまいます。このドリップと共に、たらこのうまみ成分も逃げていってしまうのです。

また、常温解凍は傷みやすく食中毒の危険性もあるので、冷蔵庫でゆっくりと解凍するのがおすすめです。もし常温で解凍をしてドリップが出てしまった場合は、キッチンペーパーを使ってドリップを吸収しましょう。

腐ったたらこに要注意!

たらこを冷蔵庫に入れたまま忘れていた、という経験はありませんか?賞味期限が大幅にすぎたたらこは、酸っぱい臭いがあり、糸をひくようなねっとりとした状態になります。

食べるといつもの味とは違うので口に入れた瞬間に気づくこともありますが、味にあまり変化がなく、腐っていることに気づかず食べすすめてしまうこともあります。腐ったたらこを食べると、腹痛、嘔吐や下痢などの症状が出ることも。からだに不調を感じたら病院へ行きましょう。

また、冷蔵保存のたらこは賞味期限を守って消費しましょう。冷蔵保存より冷凍保存すると長く保てますが、上でご紹介したように長期間保存せずに1か月を目安に食べきるのがおすすめです。

たらこの一部分が黒や緑色になっている!?

たらこには、まれに先端部分が緑や黒っぽくなっていることがあります。初めて見た時はカビかと思ってびっくりするかもしれません。

ですが、これはたらこの親であるタラの胆汁が付着し、たらこが変色してしまう現象です。変色したたらこはその見た目が嫌われて製造工程でははじかれてしまいますが、まれに商品に混ざってしまうこともあるようです。

変色した部分はカビや傷んでなったわけではないので、食べる分には問題ありません。もし、先ほどご紹介したようにニオイや粘り気などは問題なく、黒くなっているだけであれば捨てる必要はない場合もありますので、よくチェックしてくださいね。

冷凍たらこを活用したおすすめレシピ6選

冷凍たらこを使って作れるおすすめのレシピを6つご紹介します。たらこを少しずつ解凍して使えるレシピや大量に消費するレシピもあり、たらこ好きな方にどれも楽しんでもらいたいレシピを集めました。

【1】たらこパスタ

たくさんのたらこを大量に消費したい時は、たらこパスタがおすすめです。

作り方はフライパンでオリーブオイルとニンニクを熱し、パスタの茹で汁を少量加えて乳化させます。そこに茹でたパスタを加えて混ぜ火を止め、味付けをしたたらこソースを加えてフライパンの余熱で温めるだけ。大葉と刻み海苔を乗せれば彩りも良く、バターと醤油の香るおいしい和風パスタの完成です。

冷凍保存した食材は、いつまでもおいしく保存できるわけではありません。保存期間が過ぎてしまいそうなたらこが大量にある場合はぜひ試してみてくださいね。

【2】たらこうどん

パスタの次は簡単に作れるたらこうどんのレシピをご紹介します。

たらこの皮を取り除き、マヨネーズ・バター・醤油・ベビーチーズと混ぜ合わせます。そこに茹でて湯切りしたうどんを加えて混ぜればあっという間に完成です。

冷凍うどんを使って電子レンジで調理すればさらに簡単に!時短レシピとしてもおすすめの一品です。

【3】お弁当に冷凍たらこ

冷凍したたらこをお弁当に入れる場合は凍ったままでOK!お昼ご飯の時間には解凍されていて、おいしく食べられます。

朝の忙しい時間にちょっとおかずを足したいときにとっても便利。おにぎりの具にも重宝しますね。

【4】たらこおにぎり

たらこと大葉の組み合わせが好きな方は多いと思います。おにぎりの海苔を思い切って大葉で巻いたこのレシピは彩りが良く、チーズも入れて大人も子供も大喜び!

温かいご飯をおにぎりの形に成形し、たらことスライスチーズを乗せて大葉で包めば完成です。たらことチーズの相性も良く、大葉でさっぱりと食べられるおにぎりに仕上がります。

【5】たらこにんじん

メインのおかずにプラス一品何にしようかなと迷ったとき、簡単に作れるこちらのたらことにんじんのレシピはいかがでしょうか。

小鍋で千切りにしたにんじんを炒め、みりんを加えてさらに炒めます。人参がやわらかくなったらほぐしておいたたらこを加え、たらこの色が変わったらしょうゆを振り入れて完成です。意外な組み合わせですが、炒めたたらこのプチプチ食感がクセになりますよ。

【6】タラモサラダ

タラモサラダのタラモとは、「魚卵」を意味します。日本でタラモサラダといえばたらこが使われることがほとんどです。出汁しょうゆで和風に味付けた人気のタラモサラダレシピをご紹介します。

じゃがいもに火を通し、熱いうちに粗くつぶします。つぶしたじゃがいもと皮を取り除いたたらこを混ぜ、塩こしょう・マヨネーズを入れてさらに混ぜます。最後に出汁しょうゆをたらして全体を軽く混ぜれば完成です。味付けを濃い目にしてお酒のおつまみに、パンにはさんでサンドイッチにもおすすめです。

冷凍保存で少しずつ楽しめる!

賞味期限の短いたらこは買ったらすぐに食べる必要があるように思いがちですが、冷凍すれば少しずつ長く楽しめます。

冷凍したまま切れば生の状態の時のようにグニャッとなることもないので切りやすく、解凍したたらこは買ったばかりの生たらこより皮が取り除きやすくなるというメリットも。ぜひ、たらこの冷凍保存を試してみてくださいね。
▼明太子をたらこで代用!絶品レシピはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

サワークリームをすぐに使いたいと思っても手元にない時、代用できるものがあったら便利ですよね。サワークリームって意外と常備していなかったりするもの。今回は、サワークリームの代用品と、代用で作れるおすすめレシピを…

桃の皮の剥き方や切り方、知っていますか?りんごように包丁で剥くのもいいですが、身が柔らかく繊細な桃にはもっとおすすめの剥き方があるんですよ!ツルンと気持ちよく剥くコツや、変色を防ぐ方法、楽しい飾り切りをご紹介…

生姜 レシピ

薬味や香りづけに人気の生姜。食欲増進にも一役買ってくれますよね。そんな生姜の保存方法はどうしていますか?生姜を長持ちさせられる保存の仕方や保存期間についてなど、生姜の活用に役立つ情報をご紹介。生姜の冷凍の仕方…

唐揚げ

食卓に登場することが多い唐揚げ。サクッとジューシーに仕上げる揚げ時間って、どのくらいがベストなのでしょうか?今回は、おいしく唐揚げを仕上げる揚げ時間や、揚げ方のコツをおつたえします。おすすめレシピもご紹介しま…

美しい琥珀色のお酒、ブランデー。水割りやソーダ割りなど飲み方によって、また、種類によって女性でも飲みやすくなります。今回は、グランデーの飲み方、種類、おすすめ銘柄など、数百年の歴史を持つ蒸留酒の魅力に迫ります。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

豆腐 レシピ まとめ

高野豆腐を粉状にした粉豆腐。今回は女性に嬉しい栄養素が入った粉豆腐を使って簡単に作れる人気レシピを6選に絞ってご紹介します。様々なジャンルの料理に使いやすいので、アレンジ自在♩ぜひ万能食材・粉豆腐をご家庭に取…

レシピ スイーツ プリン まとめ

冬になると土鍋を食器棚から出すという人もいるのではないでしょうか?なんと鍋料理以外の場面でも土鍋は活用できるんです。スイーツやパンなどの簡単レシピを紹介します。土鍋がせっかく出ているのに、鍋だけではもったいな…

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょとと便利なアレンジレ…

レシピ まとめ

ホイル焼きというと、「魚のホイル焼き」が浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、実はあんなものもこんなものもホイルに包んで焼くとおいしいんです。そんなレシピを今回はご紹介していきます。

お菓子 レシピ おつまみ まとめ

ダイエット中だとしても何となくポテトチップスが食べたい時ってありますよね…。しかし、市販のポテトチップスは油であげられているので高カロリー!そんな時は揚げない野菜チップスを手作りしてみましょう。ノンフライでヘ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

チョコレート 大阪 お土産

大阪で今や大人気となった株式会社マルシゲの「呼吸チョコ」。そのユニークな名前には、ちゃんと由来があるんです。大阪で新定番のお土産として呼吸チョコは絶対買いのおいしさ!購入できる店舗も合わせてご紹介します。

お弁当 おにぎり

かんたんにかわいく作れる「雪だるまおにぎり」が、いまインスタなどで大人気。いつもの料理にも、雪だるまおにぎりを添えるだけで、クリスマスっぽく激変します。みんなはどんな材料でデコっているのか、どんな盛り付けがあ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る