ローディング中

Loading...

しっかり掃除していても気が付けばできてしまっているステンレスの錆。ステンレスは錆びないはずなのにどうして!?と思ったことのある方も多いのではないでしょうか。ステンレスの錆の原因から落とし方、錆びない方法をご紹介します!

ステンレスの錆をなんとかしたい

キッチンのシンクや調理器具などに錆ができていると、とても気になりますよね。特にキッチン周りは食品を扱う場所なだけあって衛生的にも不安があるし、どんなに掃除をしても不潔感が拭い去れません。

ですが、錆を取りたいがあまりにゴシゴシこすってしまうと塗料が剥がれてしまったり・・・となかなか手ごわいステンレスの錆。いったいどうすれば良いのでしょうか。

そんな「ステンレスの錆をなんとかしたい!」という方へ、錆の原因から落とし方、予防方法までご紹介していきたいと思います。

そもそもステンレスって何?

錆びない金属というイメージのステンレスですが、そもそもステンレスとはどのような素材なのでしょうか?

ステンレスという名前は、「錆びる、汚れる」という意味の「stain」と、「ない」という意味の「less」がくっついて「錆びない」という意味になる言葉です。

しかし、まったく錆びないかというとそうではありません。

ステンレスは、鉄にクロムやニッケルなどを加えることで表面を酸化被膜で覆い、錆びにくくなるように作られた合金鋼です。放っておくだけでも酸化して錆びてしまう鉄を、錆びにくくなるように加工しているのです。

あくまで錆びにくくなるように加工しているだけであって、成分の多くは鉄のため、使い方によっては錆びてしまいます。では、ステンレスの錆の原因は何なのでしょうか。どういったことに気をつけて使えば錆びにくくなるのでしょうか。

ステンレスの錆の主な原因は?

錆にくいはずのステンレスが錆びてしまうのは、どのようなことが原因なのでしょうか。
よくある事例を元にご紹介します。

もらい錆

皆さんは、「もらい錆」という言葉を聞いたことがありますか?その名の通り、ステンレスそのものが錆びたのではなく、ステンレスの表面に錆びる素材のものが長時間触れていることで錆がくっついてしまっている状態です。

さらに、ステンレス自体は錆に強いのですが、表面にもらい錆がつくと、そこを起点に錆が進んでいきます。シンクに空き缶や鍋を放置していたり、ヘアピンを置いていると跡が残ったように錆びてしまったことがある方も多いのではないでしょうか。その状態がもらい錆です。

ステンレス表面の酸化被膜は水分、塩分、油や強酸性、強アルカリのものに弱い特徴があります。そのため、濡れた状態や潮風が当たる場所などで使用する際は、特にもらい錆が発生しやすいので要注意です。

シンクに出る錆

ステンレスの成分の大部分は錆に弱い鉄です。表面を錆に強い酸化被膜で覆っているので、それが剝がれると錆の原因になります。

目の粗いたわしやスポンジでこすりすぎたり、クレンザーでこすりすぎることでも酸化被膜は剥がれてしまいます。一度にこすりすぎることでも剥がれますが、必要以上に高い頻度でこすることでも剥がれてしまうので、注意が必要です。

酸化被膜自体は剥がれても自然に発生するのですが、その前に錆ができてしまうと表面が錆に覆われるので、酸化被膜が発生できずにどんどんと錆は広がっていきます。掃除をする際の参考にしてくださいね。

どうやって錆を落とせばいいの?

では、できてしまった錆はどうすれば落とすことができるのでしょうか?錆の種類別にご説明します。

軽めの錆ならメラミンスポンジ

最近では100円ショップでも見かけるメラミンスポンジを使うことで、軽い錆は落とすことができます。水垢や茶渋を落とすために自宅で使っているという方も多いのではないでしょうか。

使い方は簡単で、水をつけてこするだけです。ステンレス自体が錆びているのではなく、表面に錆が付着してしまっているだけなら、メラミンスポンジで落ちることが多いです。

黒錆はクレンザーで

ステンレスの表面が黒く錆びてしまっている場合はクレンザーを試してみてください。ただし、錆びていない場所に傷がつく可能性があるので力加減には注意が必要です。

研磨力が強すぎると傷がついてしまうので、クリームタイプのクレンザーを柔らかいスポンジにつけてこすってみてください。最初はあまり力を入れずに何度かこすり、傷がついていないか様子を見ながら力を加えてこするようにしてみましょう。

ステンレスの表面の錆をクレンザーで削り落とすイメージでくるくると円を描くようにこするのがポイントです。一度では落ちない場合は洗い流しながら何度か試してみてください。柔らかいスポンジがない場合は、丸めたラップでも代用できます。

赤錆はクエン酸で

ヘアピンのもらい錆のような赤錆を落とすにはクエン酸の力を借りましょう。クエン酸には赤錆を溶かす効果があります。これも最近は100円ショップの掃除コーナーで売っていることが多いので、探してみてくださいね。

方法も簡単で、クエン酸水を浸み込ませた雑巾を赤錆の上に置いて、しばらく放置します。その後、水洗いをすると軽い赤錆は落ちます

それでも落ちない場合は、クレンザーにクエン酸を混ぜて黒錆のときのように柔らかいスポンジでこすってみてください。スポンジでは落ちないしつこい錆には金属のたわしを使いたくなりますが、その場合はステンレスでできたたわしを使うようにしてください。クエン酸がない場合は、少し匂いが気になりますが、2から3倍に薄めたお酢でも代用できます。ぜひ試してみてくださいね!

錆を落とした後は必ず乾燥を

どの方法でも共通して言えることですが、錆落としをした後はしっかりと乾燥させてください。錆を落とすことでステンレス表面の酸化被膜もない状態になっているので、普段より錆びやすくなっています。

濡れたままにしておくと、せっかく錆を落としたのにまた錆ができやすい状態になってしまうので注意してくださいね。

ステンレスの錆を予防するには?

一度錆を落としてぴかぴかになったシンクには、できればもう錆てほしくないですよね。錆を作らないためには、日頃のちょっとした気遣いが大切です。錆ができないように予防方法を覚えて、毎日のお手入れを心がけてみてください。

塩分が強めの調味料がついたらすぐに流す

ステンレスの酸化被膜は塩分に弱いので、塩分が強い調味料などが付着した場合はすぐに水で洗い流してください。具体的には、食事で余ったポン酢や醤油、スープをシンクに流した場合などは要注意です。

塩素系の漂白剤を使ったらすぐ流す

ステンレスの酸化被膜は塩素にも弱く、長く付着すると剥がれてしまいます。キッチンの三角コーナーや排水溝の受け皿をシンクの上に置いて、そこでそのまま塩素系漂白剤を使っていませんか?

やってしまいがちですが、これではステンレスが腐食しやすくなってしまいます。シンクで塩素系漂白剤を使用する場合は、バケツや洗い桶に入れてシンクに直接漂白剤が付かないようにしてください。

フライパンや鍋、包丁を置きっぱなしにしない

鉄でできているフライパンや鍋、包丁を置きっぱなしにしないように気を付けてください。特に濡れた状態で置いておくのは、もらい錆の原因になります。

使った包丁などを洗うまで置いておく場合は、洗い桶に入れるなどしてシンクに直接触れさせないようにしましょう。フライパンや鍋をステンレスの台に置いておく場合は、間に布や新聞紙を挟んでおくことで、もらい錆の予防ができます。

錆は正しい除去と予防でぴかぴかのキッチンを保とう

いかがでしたか。

キッチン周りの大敵である錆は、原因と予防方法を知ることで日頃から作らないようにするのが一番です。また、できてしまったしつこい錆は正しい除去方法で落とすことで、それ以上できないようにしたいですね。

気持ちよくお料理を作るためにも、ぜひ日頃から錆を落とし、ぴかぴかのキッチンを保ってくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

保存期間が長く、いざという時に便利な冷凍肉ですが、賞味期限ってどのくらいか知っていますか?いざ食べようと思ったら悪くなっていた、なんてことがないように、冷凍肉の種類別の賞味期限と長持ちのコツ、上手な解凍法につ…

飲料用としてはもちろん、お料理にも欠かせないお水。そんな水にも賞味期限が存在することをご存じでしたか?災害時に関しても、まずは水の確保が大切と言われています。今回は、水の賞味期限や保存のコツ、災害時に備えての…

日本人の食生活に欠かせないお米ですが、腐ることはないのか?お米の賞味期限っていつまでか?考えたことはありませんか?悪くなって食べない方がよいお米もあるんですよ。今回は、せっかく買ったおいしいお米を長持ちさせる…

レシピ

様々な料理の香り付けに役立つごま油。ほんのちょっと使いたい時に代用できるものがあれば便利ですよね。ごま油がない時には、別の油で代用しましょう!代用できるものを知っておけば、わざわざ買いにいかなくてもすみますよ…

食事に欠かせない卵ですが、割ってみたら血が混ざっていた!経験をしたことがある方がいるかもしれません。血の混ざった卵は腐っているのか、食べても大丈夫なのかなど、卵に混じった血の正体についてご紹介します!これまで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

まとめ

美白作用を持つ食べ物を積極的に摂れば、きれいな素肌が実現します。くすみやシミの予防だけでなく、紫外線による肌ダメージも抑えられるはず。今回は、美白肌を作る食べ物を10個ピックアップ。その効果を詳しくまとめまし…

レシピ まとめ

サラダを作る時に登場する「サニーレタス」。サラダやメインの付け合せに使うレシピだけに留めていませんか?実は炒めたり煮たり、加熱することで使い勝手もぐんと広がります!今回は、サニーレタスをおいしく食べれる厳選ア…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...