ローディング中

Loading...

ふくろうの絵が目を引く、大阪のカフェ「GUFO(グルービーアイスクリーム グーフォ)」。こちらのソフトクリームが絶品と、話題になっています。どんな味があるのか、人気のメニューなどご紹介します。地元の方はもちろん、観光の際に訪れてみては?

大阪で注目のカフェ「グーフォ」

全国でも指折りのカフェ激戦区である大阪では、各店趣向をこらしたメニューで、お客さんを虜にしようと工夫していますが、いまひときわ話題になっているお店があるんです。どんなお店でどんなメニューが人気なのでしょうか?

できたてにこだわるソフトクリーム

大阪は西区北堀江にあるアイスクリーム専門店「GUFO(グルービーアイスクリーム グーフォ)」は、注文を受けてから凍結させて作り上げるという、できたてのソフトクリームを味わえちゃうお店なんです。濃厚な味わいながらサッパリしたあと味で、ミルクの風味をしっかりと感じられるんですって。
トッピングも豊富で、どれを注文するか思わず迷っちゃいそうなほどです。ドライフルーツやチョコレート、新鮮なフルーツを使ったソースやナッツ類などなど……。女性の好きなものがすべてそろっているという感じですね!
生クリームとソフトクリームがたっぷり、いちごの甘酸っぱさがたまらないパフェもあり、目でも舌でも楽しめる美しいメニューがたくさんありますよ。食べた人からは、「今まで食べたソフトクリームで一番好き」「軽くてなめらかな食感がやっぱりおいしい」などの感想が見られました。

大阪・四ツ橋にあるおしゃれなお店「グーフォ」

淡いグレーがシックな外観に、ガラス部分には、愛くるしい顔つきのふくろうのイラストが描かれています。ソフトクリームのコーンをさかさまにして、帽子のようにかぶっていてとてもキュート!それもそのはず、イタリア語で「GUFO」はふくろうのことを指すんです。地下鉄四ツ橋駅から100mちょっとの場所ですので、交通の便もいいですね。
中はイートインスペースもあり、テーブル、チェスト、ダストボックスなど、落ち着いた色合いの木目調で統一されています。「GUFO」のロゴ入りミニトートバッグや、ふくろうのイラスト付き小びんも、チェストにディスプレイしてあり、さりげなくおしゃれですね。席数は6席です。

注文方法は簡単!人気の組み合わせは?

ソフトクリームは、ミルク味、ヘーゼルナッツ味のいずれかをチョイスし、キャラメルソース、クラッシュクッキー、チョコレートソース、キャンディーナッツ、ラズベリークリスピー、本日のフルーツソースからトッピングを選べます。

お店のおすすめはエスプレッソがけで、エスプレッソをかけるとイタリアのデザート・アフォガードとしておしゃれに楽しめますよ。では人気の組み合わせをご紹介しましょう!

ヘーゼルナッツフレーバー × クラッシュクッキー

ヘーゼルナッツの風味豊かなソフトクリームに、細かく砕いたクッキーをたっぷりとトッピングした美味なるひと品で、お店のスタッフも自信を持っておすすめしています。ヘーゼルナッツは今まで食べたことのない味わい!と絶賛している方が多く、クラッシュクッキーとあいまって大人の味わいなのだとか。

ミルクフレーバー × ラズベリークランチ

濃厚でまろやかな味わいのミルクソフトクリームに、甘酸っぱいラズベリーのクランチがよくマッチするということで、こちらの組み合わせも人気です。赤と白のコントラストも目に鮮やかなソフトクリームですね。

ヘーゼルナッツフレーバー × チョコレートソース

ヘーゼルナッツのリッチな味わいには、チョコレートソースもバッチリ合います。お店はドリンクで、カフェラテやカフェモカもありますので、合わせて注文してもいいかもしれません。

ヘーゼルナッツフレーバー × キャラメルクラッシュ

濃い味わいがたまらないヘーゼルナッツソフトクリームには、香ばしいキャラメルクラッシュ(キャンディーナッツ)もおすすめです。ただし細かくふんだんにかかっているので、気をつけて食べないとポロポロこぼれちゃいます、ご注意くださいね。

お持ち帰りもできちゃう!「ボトルアイス」はいかが?

実はグーフォでは、ソフトクリームのテイクアウトも可能なんです。ふくろうのイラストでシーリングしてあってギフトにもぴったりですね。種類は3つ、ミルク(850円)、ラズベリーミルク(1,000円)、ヘーゼルナッツ(1,200円)となっています。

プラス100円でギフトボックスにも入れてもらえますよ。ボトルのサイズは480mlで、1時間半までなら持ち歩きもOKです。クール便で発送もお願いできるので、遠くに住む家族やお友達にも送れちゃいます。

かわいいが詰まったお店「グーフォ」に行こう!

お店の外観も中のインテリアもパーフェクト!女性の「好き」がいっぱい詰まったグーフォ、もちろんソフトクリームの味は絶品ですから、これは行ってみるしかないですよね。オーナーの猿田さんは、もともとグラフィック系のデザインをお仕事にされていたので、ふくろうのデザイン、お店の内装も全部ご自身で考えられたとのこと……さすがです。

店舗情報

■店舗名:GUFO (グーフォ)
■最寄駅:地下鉄四ツ橋駅
■住所:大阪府大阪市西区北堀江1-11-9 U+ビル 1F
■電話番号:06-6534-7171
■営業時間:
[月~木] 12:00~20:30
[金・土・日] 12:00~21:00
■定休日:水曜日
■公式Twitter:https://twitter.com/gufoice

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

ごはんやお酒に合う人気の定番おかず「れんこんのはさみ揚げ」を作ってみませんか?今回は、基本の作り方と、豚・鶏・合挽肉など具材別人気のレシピ20選をご紹介します。おすすめの献立レシピや、お弁当用に便利な冷凍保存…

マンゴー

また1本、本格的なフルーツバーが誕生!マンゴーそのものの味わいを楽しめるとウワサの新商品「ドール旨熟マンゴー」と、大ヒット中のセブン「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」。よりおいしいのはどちらか…

レシピ お菓子 まとめ

暑い夏が過ぎれば食欲の秋!秋の味覚と言えば栗。おいしいけれど剥くのが面倒、どう料理したらよいか分からないという人も多いのでは?簡単に作れる栗のアレンジレシピを20選、一挙にご紹介いたします。ぜひこの秋にトライ…

トマト スープ まとめ

トマトの酸味と、具材から出る旨みがたまらない「ミネストローネ」。今回は、ミネストローネの基本の作り方や、人気のレシピをご紹介します!簡単なレシピやミネストローネにぴったりの献立もチェックして、生活のいろいろな…

牛肉 ピーマン レシピ まとめ

時間の無い時に便利なおかずは炒め物ですね。牛肉とピーマンを使った炒め物は、どんな味付けでもおいしくなるのが特徴です。和にも中華にも合う、おかずレシピをたっぷりご紹介します。時間をかけずに作れるスピードおかずは…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

原宿 パンケーキ 渋谷 祐天寺 スイーツ まとめ

いま流行りのパンケーキをまとめています!それぞれ違ったパンケーキなので自分のお気に入りを見つけてみてはいかが!

韓国 お土産 まとめ

日本から近く時差もないのでお手軽な旅行先として大人気の韓国☆エステ・観光はもちろんですがやっぱり韓国と言えばショッピング!お友達・ご家族・同僚そして自分にも絶対買いたい人気のお土産をご紹介します♡

お茶 生姜 まとめ

春の足音が聞こえる今日この頃。冷え性に悩まされている人はホッと一息つく季節ですよね。でもその一方で一年中冷え性に苦しんでいる人がいるのも事実。今回は、春から夏にかけても飲める、体が芯から温まる効果があるルピシ…

日本酒 ゼリー まとめ

さわやかなおいしさをフルーティーな日本酒の香りが楽しめる日本酒ゼリーは大人のためのデザート。なかにはアルコールが低いものもあるので、お酒が苦手でも楽しめるそうです!お取り寄せできる「日本酒ゼリー」をまとめまし…

まとめ B級グルメ

B級グルメは「安価で、庶民的でありながら、おいしいと評判の料理のこと」。そんなB級グルメを美味しい食材のとれる中部地方の各県別でまとめました。どれも美味しそうで面白い!料理ばかり。北陸・東海・甲信越にいく際に…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おにぎり お弁当

プーさんや仲間たちをおにぎりでかわいらしくデコ。最後にアイスクリームのスティックをさして、食べやすく作ってみませんか?いつも素敵なレシピを私たちに教えてくれる『Little Miss Bento』さんのレシピ…

京都 ランチ まとめ

京都の夏といえば、この時期にしか味わえない納涼床(川床)が思い浮かびますね。暑いといわれる京都の夏でも、川床なら涼しさを感じながら食事を楽しむことができるんですよ。そこで今回は、これからの季節におすすめの、川…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る