ローディング中

Loading...

ランチや飲み会の時に、必ず最後の一口を残してしまうことありませんか?また、「あるある!どうしてなのか分からない!」と思う人も、じつはあまり知られていない理由があるんです。ただ我慢しているわけじゃない実用的なマナーまでご紹介します!

「一口残す」のナゼ?を考える

子供の頃、まわりの大人から「ごはんは残さないで食べなさい」とか「お百姓さんが頑張って育ててくれたお米を無駄にしたら勿体無いよ」といわれたことはありませんか?また、学校給食でも「残さず食べましょう」と教えられてきた方が大半のはず。
ところが、同僚や仲間とランチや夕飯に行った時、さりげなく一口残してしまう人はいませんか?また、「あ、それ私のことかも」と思ったあなた、実はマナーの歴史をさかのぼると残すことが正しい場合があるんです。

和食のマナーを考えてみよう

外国人に驚かれる文化のひとつに“暗黙の了解”があります。日本人が知らずと取っている行動で、それを、“日本人はシャイだから”と勘違いされてしまうことがあるとか。なかなか理解されにくい文化ですね。暗黙の了解とは多くを語らずとも状況や雰囲気を察して、相手の心の中を理解し、それに見合った行動することを指しますが、それが茶懐石のような、格式高い食事の席でマナーとしても存在します。
茶碗の底にごはんを一口残すことは、食事をつなぐことであり、まだ食事中であることを示すのです。茶碗の底にあるご飯を見て、おかわりを持ってきてもらえる、つまりそれが“もてなす側”と“もてなされる側”の“暗黙の了解”となっています。逆にすべて食べてしまったあとで、おかわりを要求すれば、もてなす側は、おかわりがしたいのにそれに気がづかない配慮に欠けた人という風に受け取られてしまうため、タブーとされているのです。
またさらに、一口残していることで“急がなくていい”という合図にもなるため、相手への配慮も垣間見れますよね。ビジネス接待の場などでは覚えておきたいですね。

中国の「残す」文化は?

おとなりの中国では同じように食事を残す文化がありますが、こちらはおかわりの時ではなく、食事が終わった時に少し残すのがマナー。
中国では来客の1.5倍分の分量で食事を用意して、それを来客ひとりひとりのお皿に取り分けてもてなします。たくさんの食事を用意することが“歓迎”している意味を成すからです。来客側が出されたものを残しては申し訳ないと完食してしまうと、「もてなした食事では満足していない。この量では足りなかったのか」と判断されてしまうようです。“食べきれないほど十分なおもてなしをありがとうございました”という意味で食事を少しだけ残すのが、もてなされた側の作法です。和食のマナーとは違い面白いですね。

マナーとは関係なくただ、食べられない人がほとんど

少し残すことが正しいマナーであるという反面で、たいていの人が残すのはただ、単純に満腹だからです。おひとりさまの食事の時は完食できる方も、飲み会やランチのときなど楽しみにしていた食事が運ばれてきてテンションが高まったのもつかの間、思ったほど食べられないなんてことありませんか?
それは、満腹中枢が食後30分経過したあたりで働きはじめるため、おなかがいっぱいだと感じてしまうのです。時間制のビュッフェなどに行った時、最初はたくさん取ってしまうものの、結局思ったほど食べられなかった方もいることでしょう。特に、ゆっくり噛んで食事をすることであっという間に満腹中枢が満たされてしまいますね。最後の一口は遠慮しているのではなく、本当に食べられない時もあるので、無理はしないでください。

その行動がクセになる!?

関東では“関東の1個残し”、関西では“遠慮のかたまり”という言葉があるように、宴会などの席で大皿に盛られた食事を少し残ったままにしておくことがあります。
接待や上司との食事の時など、目下の者が卑しく手をつけないようにする、目上の方からすすめられるまで待つなど諸説ありますが、大皿に盛られた食事を完食してしまうことで卓上の料理がなくなってしまい、宴会の空気感としてその場が寂しくなってしまうのもその理由ではないでしょうか。
茶懐石のマナーや、ビジネスの場での大人同士の気遣いが重なり、プライベートな場所でも食事を完食してしまうことが、何となく場の雰囲気を盛り下げると考えてしまうのでしょうか?やがて何でも残すことがクセになっていくのです。

なんでも残してしまうと食事が楽しくない

いろいろな文化の側面から、残す事がマナーだったり、食事を残す事で場の雰囲気の調和を保っていたりと事情があったとしても、それを守っていくばかりで食べ物を残す事を正当化してはいけません。
茶懐石はおかわりの時に限って残す事がマナーだったとしても、最後はきれいに完食していくのが礼儀ですし、日本人たるもの、”ごちそうさまでした”と気持ちよく手を合わせたいものです。気の合う仲間や家族で気兼ねなく食べているときなどは、みんなが食べられる量を楽しく食べるのが本来の姿。お子さんへの食育の観点からも、きれいに食べて食事を終えることを身につけたいものです。

残し方は人それぞれ

いかがでしたか?食べるものは“いのちをいただくこと”であり、私たちは“いただきます”と手を合わせて食事をしています。その原点を振り返り、TPOに応じた配慮で今ある食生活を豊かにしていけるとよいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大阪 ステーキ デート 接待

焼肉も良いけど、今日はちょっと贅沢にステーキが食べたい♡そんな気分の時におすすめの、人気ステーキ店のご紹介です。柔らかくてジューシーなお肉は、一口食べるだけで幸せな気分になりますよね♡

赤坂 六本木 ミシュラン 恵比寿 接待 まとめ

赤坂「帰燕(きえん)」はミシュラン1つ星を獲得したこともある都内の日本料理屋で随一の店。料理長の信念があらわれた、3種の懐石料理『吉』『福』『特選』が絶品と話題になっています!

日本酒 六本木 デート 接待 和食 専門店

日本酒好き必見!六本木にある「日本酒専門店 ぬる燗 佐藤」は、120以上の日本酒に囲まれた圧巻のカウンターでしっぽりとも良し、個室で接待も良し、の使える和食店。

レシピ

ご自宅で余りがちな小麦粉を使って生パスタを作ってみませんか?時間もあまりかからずに気軽に作れるだけでなく、なによりできたての生パスタは乾麺にはないモチモチ感が魅力!前回ご紹介した完熟トマトのソースにもぴったり…

沖縄 レシピ まとめ お弁当

「ニンジンしりしり」とは沖縄の家庭料理、細切りにしたニンジンと卵を炒めて食べるのですが、甘みが感じられて絶品!もちろんほかの野菜を使ってもOKなので、野菜嫌いなお子さんに作ってあげたらパクパク食べてくれるかも?

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

大阪 カフェ ランチ

大阪「vegecafe+α(ベジカフェ・プラスアルファ)」は野菜中心のメニューを用意しているカフェ。名物は『20品目の野菜畑籠ランチ』です。その名の通りカゴに野菜の盛りつけてある小皿がたくさん入っています!…

アメリカで流行していた「8時間ダイエット」が日本でも話題になっています!「8時間ダイエット」は1日のうちの8時間は特に食事の制限なしに過ごし、あとの16時間は水分のみにするという方法。これで一週間で4キロもの…

koku_koku

とある郊外に在住。2児の母。 自他ともに認める【健康オタク】。青汁...

ページTOPに戻る