ローディング中

Loading...

生卵を食べる日本人を見て、海外の方たちが驚いていることを知っていますか?そう、日本人にとって当たり前に食べる生卵が、海外では通用しないんです。今回は品質管理で世界を誇る日本の卵の安全性と海外の生卵の危険性についてご紹介していきます。

生卵を食べるのはおかしい?

みなさん、生卵を使った料理をご自宅で食べることは多いのではないでしょうか。朝食に卵かけご飯を食べたり、親子丼でトッピングしたり、この時期になるとすき焼きにも生卵を使用していますよね。でも、日本人が当たり前のように生卵を食べている光景、多くの外国人にとって違和感があるようなんです。

こちら側としても生卵のおいしさを知っているだけに、海外では食べないのが一般的だとしたらびっくりですよね。今回は、日本人の生活では当たり前である生卵を食べる習慣について、なぜ海外ではおかしいとされるのかを紹介していきます。

海外からはこう思われている

実際に生卵を使った料理を食べる日本人の姿を見た海外の反応をまとめてみました。
アメリカ人の方からは、なぜ日本人は生卵を食べるのか、生で食べておいしいの?という率直な疑問を問いかける声や、生卵よりも半熟卵を好む人の方が多いといった声がありました。また、やはり食中毒を気にする方の反応が最も多いようです。

ほかには、フランスやチリでは普通に、生で食べているという声もありました。フランスでは衛生基準が整っているため比較的、安全に食べられるのでしょう。カルボナーラやメレンゲなど、一般的に使用されているのでフランスでは日本と同様の習慣があるようです。

こうみると、国によって生卵を食べる習慣の違いがあり、とても興味深いですね。アメリカでは食中毒を恐れ、日本人の生卵を食べる習慣に疑問を抱いている反応が目立ちました。

なぜ海外では生食しないの?

海外ではなぜ、生食する文化がなかったのでしょうか。生卵だけでなくお刺身もそうですよね。海外では、食中毒のリスクを懸念していることと、もともと生食習慣がなかったことが主な理由として挙げられます。特に食中毒を恐れている人が多く、「生=危険」と言った考えが定着しているようです。

というのも、鶏の産卵する出口と糞尿する出口が同じため、家禽の腸管内に常在しているサルモネラ菌が卵に付着している可能性が高いのです。品質管理や衛生管理が十分に整っていない海外では、食中毒になる人が毎年続出していることが悪いイメージを定着させた一番の理由です。そのため、食中毒を防ぐために十分に卵を加熱して食べることが推奨されている国もあるんです。

海外の食中毒にかかるデータでは、米国で2011年の1年間のうちに食中毒にかかった人数はなんと7,600万人にも上るそうです。日本の2.5万人弱と比べると3,000倍以上になります。そう考えると、日本の品質管理体制の高さが目に見えてわかりますよね。

日本で売っている卵は生食OK!

それでは食中毒のリスクが大きいのは日本も同じじゃないの?と思った方も少なくないはず。結論から言うと問題ありません!日本は海外と比べ、賞味期限や品質管理が徹底されており、菌の付いていない状態で出荷されています。「日本独自の衛生管理は世界一」ともいわれているんです。

日本の品質管理について

品質管理世界一と呼ばれる日本の管理体制は、孵化したヒナの飼料から安全性の高いものを使用しています。餌となる飼料は工場で「飼料安全法」に基づいて作られており、安心して使用できます。こうして育てられたヒナから産まれた卵がGPセンターという鶏卵の格付(選別)包装施設をおこなう場所に集められます。

洗卵、検卵、選別などの厳しい品質管理がおこなわれたあと、ほとんど人の手に触れることなく容器包装され、完全衛生管理のもとお店で販売されています。何段階もの過程をクリアしなければならないほど、厳しく管理された体制が整っているのです。

日本の独自ルール

日本養鶏協会の規格では、卵に「賞味期限」はありますが「消費期限」はないとしています。徹底した衛生管理をおこなっていることで、消費期限を過ぎても加熱をすれば、ほとんど食べることができるからです。これは日本独自の規格で、海外ではまずありえないことでしょう。

新鮮かどうかの見分け方

卵の新鮮さは、割った卵の黄身や卵白で見分けることができます。見分けるポイントはふたつ。ひとつは白身が広がっていないことです。黄身の周りに盛り上がった白身を「濃厚卵白」と言い、古い卵の濃厚卵白は広がってしまいます。そのため、濃厚卵白が締まっているものを選びましょう。

もうひとつは、黄身が盛り上がっていることです。これは濃厚卵白が締まっていることで、黄身がプリッと盛り上がっているからです。こうみると黄身と卵白の関係性が強いことがわかりますよね。以上のポイントから卵の新鮮さを見分けてみてください。

生卵の知識を持って安全に食べよう

今回の記事で、日本の卵は海外のものと比べ、非常に安全性が高いということがお分かりいただけたのではないでしょうか。また、反対に海外の生卵には危険性があるということもしっかり覚えておきましょう。ナマモノは卵だけでなく、すべてのものが繊細で傷みやすいのでちゃんとした知識をもって取り扱いたいですね。

日本の卵は現在、香港とシンガポールのみに輸出をおこなっていますが、日本養鶏協会は今後、さらに広く展開していくそうです。そうとなれば、海外で日本の名物である卵かけご飯やすき焼きが食べられる日が来ることもそう遠くはないかもしれませんね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

バナナ タルト スイーツ イギリス

今回ご紹介するのは、「キハチカフェ」から7日間限定で発売される「バノフィーパイ」です。バノフィーパイは、タルト生地に、バナナ、トフィーソース、生クリームが使用されているイギリスの定番人気スイーツです。この機会…

調味料 レシピ まとめ

コストコでは、ビッグサイズの食べ物や日用品を購入することができますよね。実は、調味料にもおすすめしたい商品が。なかには普通のスーパーでは手に入らないようなものもあるので、目が離せません!今回はそんなコストコの…

納豆 たまごかけごはん 和食

納豆に生卵をかけて食べると美味しいですよね!朝ごはんにはぴったりの組み合わせ!だと思いきや、実はその食べ合わせがNGって知っていますか?なぜ納豆と生卵はダメなのでしょうか。今回は納豆と生卵の関係についてご紹介…

ドリンク お土産

海外のスタバで販売されている、瓶タイプのフラペチーノ。おしゃれなデザインと、すこし甘めのコーヒーにハマる方が続出しています。今回は、その瓶ドリンクの日本での通販先、そして空き瓶を使ったおしゃれなアイデアをご紹…

スイーツ おしゃれ まとめ

いま海外の方を中心として、Instagramで人気上昇中の「大理石ケーキ」。光り輝いたケーキは、まるで磨き抜かれた石のように美しく、芸術作品でもあります。どんなケーキなのか、みんなの感想やその作り方をご紹介し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

まとめ

毎日食べるお米だからこそ、安くおいしく仕上げたいですよね♪そこで今回は、ご家庭に常備しているもので簡単においしくする方法を紹介します!簡単混ぜるだけでおいしいご飯の完成です♪

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

ホットドリンク

紅茶ブランド「リプトン」から、紅茶にドライフルーツ、ハーブやスパイスを入れた新たなスタイルの提案「グッドインティー」が登場しました!今回は、早くも注目を集めているこのアレンジティーの魅力をお伝えします。

調味料

料理のおいしさを表現する言葉として、「コク」という単語を耳にすることがありますよね。では、コクのある味とはどんな味なのでしょうか。今回はコクとは一体どんなものなのか、コクがあると料理は美味しくなるのかについて…

スペイン 山梨

ワイン業界に巨大な隕石を落とした「青いワイン」は、豊かな創造性と独創性に富んだ若手クリエイター6名によって生み出された、新酒でした。目が醒めるほどパキッと明るく澄み渡った青いワインは、どのような経緯で誕生した…

daaachiii(ダーチー)

趣味は散歩、読書、サッカー。よく田園都市線沿いの駅を散歩しており、...