ローディング中

Loading...

コーヒーフィルターを使った手作り加湿器、ご存じですか?冬になると乾燥して肌のカサカサや風邪の原因になり、加湿器を使っている人も多いはず。でもコーヒーフィルターの加湿器なら、電気代もかからず、しかもキュート!作り方とアレンジ法をご紹介します!

コーヒーフィルターで手作り加湿器

乾燥が気になる季節。朝起きると、昨夜たっぷり肌に含ませた化粧水がすっかり渇いて肌が乾燥していませんか。喉が乾燥すると風邪やインフルエンザも原因にもなります。肌と喉が水分をほしがっていますよ。

そんなとき、みなさんはどうしていますか?私は水を入れたコップを置いたり、濡れたタオルをハンガーにかけたりしています。加湿器を使っている人も多いのではないでしょうか。
加湿器を各部屋に置くのは大変だし、場所もとりますよね。わざわざ加湿器を買わなくても、コーヒーフィルターを使うと、とても簡単に手作りの加湿器が作れるんですよ。コーヒーフィルターを使った加湿器の作り方をご紹介します。

どうしてコーヒーフィルターなの?

では、どうしてコーヒーフィルターがよいのでしょう。ほかのものではだめなのでしょうか?その理由についてお話します。

吸収性の良さ

コーヒーフィルターが選べる理由は、“水分の吸収率がとてもよい”からです。インスタントではなく、豆でコーヒーを入れるときにフィルターを使っている人やドリップコーヒーを飲んでいるならわかると思いますが、お湯をそそぐとぐんぐん吸収していきますよね。ほかの紙ではこうはいきません。

おうぎ形

コーヒーフィルターには、おうぎ型と円すい形があります。おうぎ型は底の部分が台形になっていて、円すい型はとがっています。おうぎ型は100円ショップでも販売されているので、手作りの加湿器を作る場合は手軽に利用できて便利です。

コーヒーフィルター加湿器の作り方

コーヒーフィルター加湿器の材料と作り方です。まずは材料から。

材料

材料は、コーヒーフィルターと底が浅めの器、10円玉です。コーヒーフィルターは100円ショップにも売っていますし、器もありますよね。これなら材料費も安くすみます。今や100円ショップは、わたしたちも生活に欠かせない存在なのかもしれませんね。器が深いと花が開きにくくなってしまうので、浅めの器がおすすめです。

作り方

次に作り方です。

コーヒーフィルターを何枚が蛇腹に折って、底を切り離します。上の部分を好きな形になるように、はさみを使って切り込みを入れましょう。輪ゴムや糸で束ねて、花のように開きます。器に水を入れて、フィルターを挿せば完成です。ねっ!とても簡単でしょう。フィルターが大きいものや枚数が多いほど、加湿効果が高まるそうです。
バラの形にするには、まずコーヒーフィルターの底と側面をすべて切って、1枚のおうぎ形にします。次に角ばっている部分を切り、麺類などに入っているナルトみたいに、はさみでグルグル円を描くように切り込みを入れます。それを端のほうから丸めていきます。2~3枚のフィルターを使うと、一輪のバラができます。たくさん入れると、まるでバラの花束のようです。

10円玉を入れる

“なぜ、10円玉を入れるの?”そう思った人もいるのではないでしょうか。それにはちゃんと理由があります。10円玉を入れることで雑菌の繁殖が抑えられて、“きれいな水が保てる”からです。

エッセンシャルオイルをプラス

器にお水を入れたら、自分の好きなエッセンシャルオイルもプラスしてみましょう。よい香りに癒されて、心地よい眠りに誘われそうです。

こんなアレンジ方法も

フィルターの形

フィルターの形を自分でアレンジしてみるのもありですよね。先をとんがらせてみるとか、細かく切り込みを入れるとか、丸くするとか、はさみを上手に使ってあなたなりの作品に仕上げてみましょう。

和紙やフェルトでもOK

コーヒー用のフィルターじゃなくても、和紙やフェルトでも代用できます。和紙を使えば、和モダンな部屋に変身できるかも。和紙の折り紙だと、プレゼントにも最適です。きっと喜ばれますよ。キッチンペーパーを使ってもOK!です。フェルトを使った加湿器の作り方を映像でご紹介します。
フェルトにはさみで切り込みを入れて、くるくる巻いて留めれば完成です。フェルトは時々洗ってくださいね。洗えるフェルトを使うと便利です。一色ではなく、いろんな色のフェルトを使うとカラフルになりますね。フェルト加湿器、わたしも作ってみよう。

器をおしゃれにすれば可愛くできる

器にも凝ってみましょう。どんな器を選ぶかはあなた次第。可愛いものやシンプルなもの、和風なもの、器選びも重要なポイントです。おしゃれで可愛いオリジナルの加湿器を作ってみてくださいね。

大きい部屋は新聞紙とバケツで

小さな器だと大きな部屋では、加湿効果は得られないかもしれません。それなら、新聞紙とバケツを使って作ってみましょう。バケツに新聞紙をくるくる丸めて挿すだけです。英字新聞を使うとおしゃれですよね。

電気代0円のエコ加湿器

いかがでしたか?コーヒーフィルターや和紙、フェルト、新聞紙を使えば、電気代もかからず、とっても経済的です。日頃節約を頑張っている主婦のみなさんにとっては大助かりですよね。小さな器ならデスクに置いても場所もとらずにGOOD!お部屋に合わせて作ることができます。

みなさんも試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お鍋に湯豆腐、鍋焼きうどん...ごはんも炊けるしプリンも作れる土鍋は冬の万能アイテム!そんな土鍋を使い始める前に「目止め」が必要なのを知っていますか?長く使いたい土鍋だからこそ、正しいやり方をマスターして鍋料…

レシピ

2016年もそろそろ年の瀬。忙しい日々に疲れているという方も多いのでは?そんなとき、疲弊した心と体をなぐさめる役に立ってくれそうなのが、実はゆず。今回は、ゆずをどう生かせばリラックスできるのか、その方法をご紹…

りんごといえば、「蜜」が入っているととても甘いというイメージがありませんか?そもそも、蜜とはなんなのでしょうか。今回は、「りんごの蜜」について、蜜の入りやすいりんごの種類や、その見分け方などをご紹介いたします。

こんにゃく

こんにゃくの下ごしらえ、どれくらい皆さんはできているでしょうか?まったくやっていないという方も中にはいらっしゃるのでは?こんにゃくは下ごしらえしだいで、味わいや風味も変わってきます。今回はそんなこんにゃくの下…

和食 レシピ

昆布締めをご存知ですか?昆布で鮮魚を巻き、お刺し身に昆布の旨みをぎゅぎゅっと染み込ませた、日本の伝統料理です。わさび醤油で食べるお刺身とは、ひと味もふた味も違う昆布締めは、ご家庭でも簡単に作ることができます。…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

日本のレシピ本じゃ物足りない?そんなあなたには実用的で使える海外のレシピ本がオススメです。海外のものは見た目も日本のものと比べて素敵です。

レシピ まとめ

「クロックポット(スロークッカー)」をご存知ですか?日本ではあまり使われていませんが、アメリカではとってもメジャーな調理器具なんです!今回は「クロックポット」の便利な使い方をご紹介します♫きっと欲しくなります…

お菓子 ドリンク まとめ

最近テレビでも紹介された遊べる本屋「ヴィレッジ・ヴァンガード」。本屋さんだけどいろんなグルメ関連雑貨もあり面白い!と今だ人気の絶えない本屋さんです。まだ行ったことが無い人は、一度行くとハマるかも‥。

まとめ

100円ショップで買える便利な調理器具まとめをまとめました。なくても大丈夫ですが、あったら超便利!100円という大変リーズナブルな価格なのでチャレンジしやすいと思います。皆さんの生活をちょっと快適にしてくれる…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

おにぎり お弁当

お弁当の定番メニューおにぎり。みなさんはラップに包んでいますか?それともアルミホイル?macaroniでリサーチを行ったところ、8割がラップと回答。でも、わずか2割のアルミホイル派の理由を聞いたら、ラップ派は…

レシピ

「落花生」は「ピーナッツ」という名でも親しまれています。年中見かける気もしますが、国産の落花生の旬は9から10月。美容と健康にうれしい栄養素がたっぷり詰まった生の落花生は、甘みがありとても美味!基本の茹で方と…