ローディング中

Loading...

「お酒をのむ」は「飲む」ですか?それとも「呑む」?普通に考えると「飲む」ですよね。しかし「呑む」と表記される場合もあるのです。ではどんなときに「呑む」と表記されるのでしょう。「飲む」と「呑む」2つの漢字の使い分けについてお話します。

今夜はお酒を飲む?呑む?

「飲む」と「呑む」は同訓異字語です。同訓異字語とは、訓読みは同じですが、意味が違う言葉を指します。飲むは「今日はみんなで飲みに行く?」とか、自宅にお友達を招いて家飲みなど、お酒を飲むときによく使いますよね。しかし、日本酒をのむときは、呑むを使っているような気もします。そういえば、おちょこより少し大きな器「ぐい呑み」は、「ぐい飲み」とは書いていません。
「飲む」と「呑む」って、どう違うの?どう使い分ければよいのでしょう?「飲む」と「呑む」の違いについて調べてみました。

飲むと呑むの違いについて

「飲む」と「呑む」では、何かを口に入れてのみ込むという点についてはほぼ同じような意味です。しかし、何をのみ込むかによって使い方が違ってくるのです。いったいその違いとは何なのでしょうか。

飲む

液体は「飲む」、個体は「呑む」といわれているそうですが、お酒の場合は「お酒を飲む」、「お酒を呑む」どちらの表記も正しいのだとか。液体と固体の違いで表記が違うとなると、お酒は液体なので「飲む」を使うのが正しいのではないでしょうか。ほかにも、「息を飲む」「がぶ飲み」「飲み放題」も「飲む」を使います。ただし、お酒をがぶがぶのむときは、「呑む」を使います。ちょっとややこしいですね。

呑む

普通は飲まないようなものを丸ごと飲みこむときは「呑む」を使います。例えば、「蛇が蛙を呑む」です。では「薬をのむ」はどちらを使うのでしょう。薬は個体ですが、噛まずに流し込みますよね。そんなときは「飲む」を使います。また、「雰囲気に呑まれる」「要求を呑む」「涙を呑む」「固唾を呑む」など、比喩的表現に用いられることもあります。
比喩的表現に用いられる「呑む」には、「圧倒する」や「見くびる」「承諾」「表に出さない」「包み込んで見えなくする」などの意味があります。
しかし「呑」は表外漢字です。一般的に表外漢字は使いません。なので、丸のみや比喩的表現を使う場合は「のむ」または「飲む」を用います。

「のむ」を英文にすると

「のむ」を英語に訳すと、飲用は「 drink 」、飲み干す「 swallow 」、ごくりと飲む場合は「gulp down」、がぶがぶ飲む 「guzzle」を使います。 これを英文にしたものをいくつかご紹介します。
・呑むの場合
条件を呑む「to accept the conditions」、涙を呑む「to pocket an insult」、息を呑む 「to catch one’s breath」

・飲むの場合
薬を飲む「take a medicine」、一口(一息)飲む「swallow one's medicine at one gulp」、杯で飲む「drink out of a cup」、スープを飲む「I eat soup」
「のむ」をひとつとっても英文に直すと、上記のようにさまざまな文章になります。英語の場合は、それぞれの状況に合わせて使い分けなければなりません。そういうところが難しいですよね。その点、日本語ならニュアンスでわかることもあるので、とても便利です。これは外国の人にはなかなか理解されにくいため、“日本語は難しい”と言われている点ではないでしょうか。

他にもこんな「のむ」があった

「飲む」や「呑む」のほかに「のむ」に、こんな表記があるのをご存知でしょうか。「喫む」と「服む」を例にとってご説明します。

喫む

最近では使われないそうですが、「たばこを喫む」や「お茶を喫む」といった「喫む」を使う表記もあるそうです。しかし、常用漢字では「喫」はありますが、「喫む」の訓読みはありません。なので、この場合は「飲む」または「のむ」を使います。
「たばこを喫む」は、昭和の前半ぐらいまで使われていたようです。中原中也の『雲』 や石川啄木の『葉書』など昭和の文豪の作品にも記載されています。

服む

病院や薬局で処方される貼り薬やぬり薬は「外用薬」ですが、「飲み薬」は「内服薬」ですよね。これは、「薬を服む」という言葉が始まりだといわれています。昔は、薬はお守りと同じように身につけるものと考えられていたことから「薬を服む」と表記されていたようです。

これは、「服する」や「服用」の意味から当てたものだとか。しかし、「服む」に「のむ」の読み方はありません。したがって、薬をのむは「飲む」を使います。

ややこしいけど覚えておきたい!

「飲む」と「呑む」この2つの漢字には、このような使い分けがあったことを、みなさんはご存知だったでしょうか。液体と固体で分類され、また個体であっても液体と同じ表記をする場合もあります。ちょっとややこしいですね。
わたしは、「喫む」と「服む」を「のむ」と読むのは、初めて知りました。今は使われていないので、知らない人がいることも無理もありません。普段この漢字を書かないですよね。
「呑む」は表外漢字なので、公的な文章を書くときは、「飲む」または「のむ」を使うと覚えておくと、わかりやすいかもしれません。また、どの漢字を使えばよいのか迷ったときは、ネットで検索したほうが早いかも。こんな漢字の使い分けもあるということを覚えておいていただけたらと思います。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ごぼう レシピ

ごぼうのささがき、上手にできますか?きんぴらごぼうや豚汁など、形のよいささがきごぼうで食べるごぼう料理は単純にカットしたものよりも断然おいしく食べられますよ。ピーラーを使った簡単にできる方法もありますので、ぜ…

レシピ

七草粥は1月7日に食べる習慣がありますが、それはどうしてかと考えたことはありますか?日本人なら知っておきたい七草粥の由来や歴史を改めて確認してみましょう。そしてこれを参考に、ぜひご家庭でも七草粥を作ってみてく…

シチュー

子供から大人まで人気のシチュー。作った次の日の味の方がおいしいと感じるかもしれませんが、シチューの保存は実は危険もいっぱい。正しく保存して、おいしく食べられる冷凍保存の方法をご紹介。あわせて解凍の仕方や、リメ…

日本人にとってお正月に飾る鏡餅はおなじみの風物詩となっていますね。でも鏡餅はいつまで飾ればよいかなど正確な知識を持っていない方が多いようです。その秘密を解き明かします!合わせて意味や由来、飾り方についてもお伝…

パスタ イタリアン レシピ

濃厚なソースとよく合う平打ちパスタ「タリオリーニ」。どんな意味で、どんなレシピがおすすめかご存じですか?タリオリーニの詳しい意味、調理のコツ、アレンジレシピなど、北イタリアのパスタについて詳しくお伝えします。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

デート 女子会 渋谷 表参道 カフェ おしゃれ まとめ

渋谷周辺ってお店がたくさんありすぎて迷ってしまいますね。今回は渋谷・表参道のおしゃれな店を16店舗ご紹介します♫ソファー席や個室のある雰囲気のよいお店ばかり♡女子会やデートなどのお店選びに参考にしてみてくださ…

レシピ 女子会

「味噌玉」ってご存知ですか?とっても簡単に作れちゃうインスタント味噌汁なんです!具材のアレンジも自由自在でなんと1杯は数円。節約にもなって、健康にも良いなんて嬉しいですよね♡今回はそんな「味噌玉」のレシピをご…