ローディング中

Loading...

「世界三大」と名前のつくものはたくさんありますが、スープにも三大があるんだそう!味噌汁は入っているのかな?と思いきや、そもそも三大がちゃんと決まっていないという説も……。では、候補に入っているスープって一体どれなのでしょうか?

世界三大スープが4つある!?

「世界三大スープ」って何だか知っていますか?「三大珍味」や「三大美女」等はよく耳にするけど、スープは知らないという方が多いのではないでしょうか?世界三大スープとは一般的には、フランスのブイヤベース、タイのトムヤムクン、中国のフカヒレスープのことを指します。

ところが「我こそが世界三大スープにふさわしい!」と主張する各国のスープが後を絶たず、厳密には3つに絞り切れていないのです……。「世界三大スープ」は本当は4つある、というのが現在での通説です。スープ料理は各国に存在しますから、3つに絞り切れていないのも納得ですが、では三大スープに肩を並べようとするもうひとつのスープって何なのでしょう?

漁師の料理!ブイヤベース

海の男が生んだ、魚介の恵みたっぷりのスープ

ブイヤベースとは、南フランスの地中海沿岸地域の代表的な海鮮料理です。特にマルセイユあたりでは盛んに食べられています。元来は漁師料理で、漁から戻って市場で売り物にならない魚介類を使って作られました。なんだかおしゃれな感じがする料理なのに、そのルーツは荒々しい海の男の料理だったなんて驚きですね!

鱗を取り除いた新鮮な魚と、エビやムール貝などの具材を、トマト味のスープにハーブで香りを付けながら煮込んだだけで手軽に作れてしまうのがブイヤベース。現在までその作り方で愛され続けている理由ですが、王道のレシピのほかにもさまざまなアレンジがあります。アンコウで作られたスープをアイオリ(ニンニク入りのマヨネーズソース)で香りづけしたもの、ベースにする魚を変えたものなど数多くのアレンジ方法があります。

マルセイユのブイヤベース愛が強すぎる…

ブイヤベースの街、マルセイユには、なんと「ブイヤベース憲章」というものが存在します!ブイヤベースの具材の種類や、作り方などを取り決めるために1980年に制定されました。ブイヤベースの変わらぬおいしさが守られているのには、こんな秘密があったんですね。

ブイヤベース憲章によれば、ブイヤベースには……。

・カサゴ
・白カサゴ
・赤カサゴ
・足長ガニ
・ホウボウ
・マトウダイ
・アンコウ
・西洋アナゴ

上記の魚介類のうち4種類が入っていなくてはいけないそうです。
あなたが最近食べたブイヤベースには入っていましたか?

エスニック感満載!トムヤムクン

辛くて酸っぱい!病みつきな美味しさ

トムヤムクンとは、レモングラスの風味が特徴的なタイの伝統的なスープ。日本人にはあまり馴染みのないクセのある味なので好き嫌いは分かれますが、人気は高く、タイ料理店でも人気メニューの1つですよね。ちなみにこの料理名は、「トム」=煮る、「ヤム」=混ぜる、「クン」=エビのことです。日本では「エビの酸っぱくて辛いスープ」という訳で紹介されているのをときどき目にしますね。

基本的なレシピは、鶏がらスープにレモングラスやヘッドファーンなアドのハーブ類、ナムプリック・パオというタイのチリソースのような調味料、ココナッツミルク等を加えたスープで、エビを煮込んで作ります。最後にパクチーなどをのせれば暑い夏に飲み干したくなるような、酸味と辛味が絶妙にマッチしたスープが完成します。

トムヤムクンの種類

日本では大体どこのお店でも1種類だけですが、トムヤムクンは実は2種類あるんです。それは「トムヤムクンナームコン」と「トムヤムクンナームサーイ」の2種類。

タイ語で「ナームコン」は「濃い水」、「ナームサーイ」は「澄んだ水」という意味です。タイでレストランに入ると大体のお店が「ナームコン」と「ナームサーイ」に分かれているので、注文した際に「トムヤンクン」だけではお店の人が困ってしまうそうです。

「ナームコン」は、牛乳、ココナッツミルク、ナムプリック・パオ等が使われているのでスープの色が濃く、ややこってりとした味わいになります。「ナームサーイ」では先述の3種類の材料を使用しないのでスープが透き通って、ややあっさりとした味わいに仕上がっています。

コラーゲンたっぷり!フカヒレスープ

食感を楽しむなら断然フカヒレスープ!

日本でも馴染み深いフカヒレスープ。発祥の地は中国です。中国では明の時代からフカヒレを料理に取り入れ始めたそうです。特に潮州(ちょうしゅう)料理ではフカヒレが頻繁に取り入れられています。潮州とは広東省(かんとんしょう)に属する地方のことで、潮州料理の特徴としては

・乾物や魚、塩などを使っている
・旨味を際立たせた塩味
・調理方法は「煮る」ことが多い 

といったことがあげられます。

中華料理だけどフカヒレは日本産が多い!

中国発のフカヒレスープですが、実は産地としては圧倒的に日本産が多いのです。江戸時代には清に向けて「煎海鼠(いりなまこ/いりこ)」「乾鮑(ほしあわび)」「鱶鰭(ふかひれ)」の3品を盛んに輸出していました。これらの海産物の乾物は「俵物(たわらもの)」と呼ばれ、特にこのナマコ、アワビ、フカヒレのことを「俵物三品」と呼んでいました。

現在でも日本は世界有数のフカヒレ生産国で、中でも気仙沼産のものは有名かつ高級品とされています。

フカヒレ自体はおいしくない?

とろみと塩味と旨味がおいしいフカヒレスープですが、実は主役のフカヒレ自体には味がありません!フカヒレは味ではなく、軟骨魚に特有の柔らかなちゅるっとした食感を楽しむものです。調理する際には、乾燥したフカヒレをネギやショウガとともに茹で、さらに蒸したうえで皮を剥き、水にさらします。丁寧にした処理をしたあとに、煮込むとフカヒレ特有の臭みが消え、おいしく食べられるようになるのです。今までフカヒレの味だと思っていたものは、フカヒレにしみ込んだスープの味だったのですね!

ところが3つに絞れない…

古代ローマ人に愛された栄養満点のスープ

ボルシチはテーブルビートとタマネギ、ニンジン、キャベツ、牛肉を煮込んだウクライナの伝統的なスープです。テーブルビートとは赤カブのような見た目の野菜ですが、アカザ科なのでカブの仲間ではありません。真っ赤な根の部分にはビタミンCがたっぷり含まれています。

現在ではウクライナの伝統料理として知られているボルシチですが、その起源は古代ローマにあると言われています。ローマでは「甘みは疲労の回復によい」という考えが一般的に広まっていました。農業と兵役の兼業で過労気味であった多くの古代ローマの民にとって、ほのかな甘みを持ったボルシチは疲労回復のために欠かせない料理だったのです。

寒冷地のウクライナとロシアで親しまれてきた

ボルシチ、と検索するとウクライナと同じくらい「ロシアの伝統料理である」という記述を見つけることができます。寒冷地であるウクライナやロシアではすぐにエネルギーになる良質な炭水化物を摂取し、体温を上げる必要があります。それを叶えてくれるのがボルシチ。飲んですぐに温まることができ、糖分で体温を上げることも可能。加えて煮込まれている野菜たちのビタミン類まで摂取できるので、栄養満点のボルシチは寒冷地に暮らす人々にとって欠かせない料理となったのです。

日本人の心の故郷、味噌汁は?

味噌汁こそ世界三大スープの座にふさわしい!と、日本人であれば思うかもしれませんが、残念ながら味噌汁は世界三大スープには入っていません。しかし、発酵食品である味噌の力は世界的にも注目されています。大豆は発行させることによって、アミノ酸やビタミン類が大量に生成されるのです。昔から伝わる言い伝えに「味噌医者いらず」という言葉もあるくらいです。「ミソスープ」が世界で最も愛されるスープになる日もそう遠くはないかもしれませんね。

まだまだある!世界の美味しいスープ

ミネストローネ(イタリア)

トマトで煮込んだサラッとした口当たりの野菜スープです。基本の材料は、トマト、ニンニク、タマネギ、オリーブオイル、ブイヨン等ですが、ブイヤベースなどのように「これを入れなくてはいけない!」というような厳密な決まりはなく、家庭ごとにも具材はさまざまだそうです。家庭によって味や具材が違うなんて、日本の味噌汁とよく似ているような気もしますね。また、短く折ったパスタや、お米などを入れることもあるそうですよ。

スンドゥブ・チゲ(韓国)

韓流ブームによって一気に日本でも馴染みのあるスープとなった韓国の辛いスープ、スンドゥブ・チゲ。私たちは、スンドゥブ=あの赤くて辛いスープ、のことだと思いがちですが、実はスンドゥブとは豆腐の一種の事です。日本のおぼろ豆腐のような柔らかい豆腐の事を指します。小型の鍋で、アサリやシジミ、スンドゥブと肉や野菜を入れて、唐辛子、コチュジャンごま油などの調味料とともに煮込みます。韓国の定食屋では「ご飯、おかず、スンドゥブ・チゲ」の3点セットが定番のようです。

クラムチャウダー(アメリカ)

とろ〜りとしたクリーミーさがおいしい、アメリカのクラムチャウダー。日本で有名な牛乳ベースの白いクラムチャウダーは、厳密には「ボストン・クラムチャウダー」と呼ばれるものです。トマトをベースにした赤いクラムチャウダーは「マンハッタン・クラムチャウダー」と呼ばれています。その起源はかつてアメリカのボストン近くに漂着したフランス人がもたらしたレシピが起源と言われています。日本ではアサリを入れたものが一般的ですが、本場のクラムチャウダーにはホンビノスガイという貝を使用しています。作り方が簡単なので、アメリカでは飲食店でも家庭でも気軽に作られているようです。

おいしいスープはもっとある!

世界三大スープの謎、いかがでしたでしょうか?日本では「ブイヤベース、トムヤムクン、フカヒレスープ」が通説ですが、国によってはトムヤムクンとボルシチが入れ替わっていたりすることがよくあります。三大スープに迷いがあるようですね……。でも、各国に色々なスープがあるわけですから決めるのがむずかしいというのはあるかもしれません。

三大スープのみならず、色んな国の伝統的なスープを食べに出かけてみたり、おうちで手作りしてみるのも楽しいかもしれません。ここで紹介したスープを食べることのできるお店は日本にたくさんあるのでぜひ行ってみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

七草粥は1月7日に食べる習慣がありますが、それはどうしてかと考えたことはありますか?日本人なら知っておきたい七草粥の由来や歴史を改めて確認してみましょう。そしてこれを参考に、ぜひご家庭でも七草粥を作ってみてく…

じゃがいも 豚肉 スープ 北海道 レシピ

北海道の郷土料理「じゃが豚だんご」のレシピをご紹介します!もっちもちのじゃがいも団子の中には、ジューシーな豚肉がたっぷり。ほっこりスープで身体の芯から温まりましょう♩北海道以外に広まっていないのが不思議なくら…

大丸東京では期間限定で数多くの「恵方巻」がラインナップされます!その数なんと140種類以上!世界三大珍味が入ったものから、ハイブリットなものまで、個性あふれる恵方巻が盛りだくさん!ぜひ、チェックしてみてくださ…

スープ レシピ まとめ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、みんな大好きな卵スープのアレンジレシピをご紹介!中華風から洋風までバリエーション豊かにそろった卵スープを、その日の気分で楽しんじゃいましょう。きっとあなた好みなスー…

レシピ スープ 天ぷら まとめ

低カロリーでおいしいもずくですが、そこから料理のレパートリーとなると、なかなか浮かばない方もいるのではないでしょうか。今回は、そんなもずくを使った人気の簡単アレンジレシピを20選ご紹介!試したくなるレシピがた…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

缶詰 まとめ

普段缶詰にこだわることってそんなにないですよね。 缶詰一つで食卓がちょっと豪華になったらとても便利じゃないですか? そこでちょっと高級なこだわり缶詰をまとめてみました。

天丼 浅草 まとめ

安いとは正直言えませんが、ちょっと贅沢したときにはおすすめの天丼店まとめました。

サンドイッチ テイクアウト おしゃれ まとめ

同じサンドイッチでもお店によって味付けや個性が違います。お店のこだわりがつまった絶品サンドイッチ。わざわざ訪れる価値はあります。一度食べたらリピート間違いなし!あれもこれも何個でも食べられそうです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

カレーパン まとめ

前前前世からカレーパンが大好きなみなさん、こんにちは。今回macaroni編集部では、来来来世でも食べたいカレーパンランキングをまとめてみました。おそらく記憶にでっかいクレーターをぶちあける、絶対に忘れられな…

さんま

みなさんお魚を捌いたことはありますか?結構面倒な印象ですが、捌き方にレパートリーを持てれば、料理の幅も広がります♩最近ではハサミを使って簡単に捌くこともできるので、ぜひチャレンジしてみてください!

shochang

美味しいものと映画がだーいすき。

http://blog.livedoor.jp/shichann/