ローディング中

Loading...

みなさんはこんにゃくの英語名を知っていますか?実は、想像のはるか上をいく奇想天外な名前がつけられているんです。その命名の由来は"悪魔"にあった……!? 今回は、日本人は知らないであろうこんにゃくの英語名についてご紹介します!

背筋も凍るこんにゃくの英語名

ぷるぷる、ぷりっぷり、ぷるんぷるん

ダイエット食としておなじみの「こんにゃく」を擬音語で言い表すと、こんなチャーミングな表現が思い浮かぶ人もいるのでは?

見た目もさることながら、食べたら決して忘れない弾力のある食感は、単なる食材といえど私たち日本人にとって愛すべき対象ともいえます。
ところでみなさんは、こんにゃくの英語名を知っていますか?最近では「Konjac(コンジャック)」という呼び名に変化してきたようですが、そもそもは別な言い方が一般的でした。

なぜ名称が変わったのか、その裏には、なんと悪魔が関係しているというのです……!

「こんにゃくと悪魔」

悪魔と契約を取り交わしてしまったがために、こんにゃくは今日の人気を得ることができたのか?または、悪魔的なおいしさがゆえに命名されたポジティブな意味なのか?

今回は、そんな日本人にはとうてい受け入れがたいこんにゃくの英語名の由来と、なぜ名前が変わってしまったのか、その秘密を探ってみます!

その名も"悪魔の舌"⁉︎

こんにゃくの英語名、ズバリ「devil's tongue starch paste(デビルズ タン スターチ ペースト)」。直訳すると、悪魔の舌の粉のペースト……誤訳御免なところではありますが、要するにかなり印象は悪いです。

「Devil Fish(たこ)」を筆頭にデビルとつく食材は数あれど、より形態の具体性をもたせた”悪魔の舌”という名前からも、どれだけ欧米人がこんにゃくによくない感情を抱いているか伺い知ることができます。

では、そもそもなぜネガティブな呼ばれ方をされていたのでしょうか。実は、こんにゃくの原料となる「こんにゃくいもの”花”」に謎を解く鍵がありました。

悪魔の舌と呼ばれる理由

ここで簡単にこんにゃくの作り方に触れておきましょう。粉状にしたこんにゃくいも球茎を水一緒にこねたあと石灰乳、炭酸ソーダ水溶液など水に溶いたものを混ぜて煮沸し成形すると、馴染みが深いあの形ができあがります。

原料となるインドネシア原産のこんにゃくいもの花の特徴は、鮮血を浴びたような真っ赤な色味。口をぱっくりと開いたように花弁が広がり、中心部からは毒々しい花序軸と呼ばれる棒状の部分が天に向かってそびえています。
すでにお察しの方もいるように、その様子はまさに、
悪魔の舌、そのもの。
また、こんにゃくいもの花は腐臭ともいえる強烈な匂いを放ちます。見た目のグロテスクさとあいまって悪魔のイメージが定着したのかもしれません。

さて、こんにゃくの原料となるこんにゃくいもの花に由来していることがわかったところで、続いては世界のこんにゃく事情もご紹介しましょう。実は味や見た目、香りなどすこぶる評判が悪いようなんです。

まるでスライム?海外におけるこんにゃくの知名度

日本発祥のこんにゃく。海外の人から見ると、「スライムみたい」「これは食べものじゃない」「あの灰色の塊はちょっと……」など、大概はネガティブな印象をもたれているようです。

調べてみたところ、どうやら世界的にこんにゃくのような食感をもつ食べものは存在しないそう。やはりあのプリプリとした弾力が海外の人にとってはありえないポイント。さらにちょっと生臭い感じも苦手と感じる人も多く、私たちから見るドリアンやシュールストレミングのような珍妙グルメという立ち位置といえるかもしれません。

こんにゃくの逆襲がはじまる!

しかし最近は、健康志向の高まりから日本食の価値が見直されており、低カロリーでヘルシーなこんにゃくがダイエット食として逆襲の時を迎えています。

海外で爆発的にウケているのが、麺状の「しらたき」。アメリカのスーパーの一角には「TOUFU SHIRATAKI」(豆腐しらたき)、「Skinny Noodles(スキニー・ヌードル)」、「Miracle Noodles(ミラクル・ヌードル)」といったしらたき商品が所狭しと陳列されているといいます。さらに学校給食に採用される動きもあり、いかに人気を博しているのかがわかりますよね。

また、パスタの代用品として話題の「ゼン(禅)パスタ」は、イタリアから逆輸入されたダイエット食。カロリーはパスタの25分の1程度に抑えられるうえ、カルシウムも豊富に含まれています。
海外の人々の心を鷲掴みにしているキーワードのひとつが「グルテンフリー」です。グルテンとは、小麦などに含まれるタンパク質の一種。近年小麦アレルギーが増え、セレブの間でグルテンフリーダイエットがブームになるなど、「グルテンフリー」市場が確立されているアメリカにまさにマッチした食材だったのです。

世界に誇る次世代フード「こんにゃく」

こうして見ると食文化の移り変わりとともに、英語の名称が変わっていったことがわかります。当初、東洋の島国のグロテスクな料理としか認識されていなかったこんにゃくは、今や海外仕様に形を変え、世界のヘルシー分野を牽引する食材のひとつにまで成長を遂げました。

「Devil's tongue starch paste」から「Konjac」へ名称が変わったことには、こんにゃくが世界の食の分野で市民権を得たことはもちちんですが、注目を浴びる日本の食文化の盛り上がりを示すたしかな証拠かもしれません。

逆境からチャンスを見い出した、次世代のヘルシーフード・こんにゃく。味と一緒に命名の変遷を噛みしめてみたら、また違った味がするかも?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

唐揚げ 揚げ物 レシピ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介します…

スイーツ

チーズケーキショップヒキタから、女性に嬉しい身体に優しい夢の糖といわれ注目を集めている“希少糖”が含まれた『希少糖入りチーズロール』が登場!希少糖は、コクのあるさっぱりとした甘さが特徴。クセになる甘じょっぱい…

サンドイッチ パン ランチ お弁当

今ツイッターで話題になっている、美味しいサンドイッチを作るコツってご存知ですか?なんでも、とある3つのポイントが共感を呼んでいるんですって。いったいどう味に差が出るのか…気になる作り方や違いを実食レビューでご…

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

芦屋駅から徒歩4分程のところにある有機ハーブティー専門店「芦屋咲くや」は土のところから加工、容器まで全て手づくり、自家製です。一体どんなハーブティーなのか?今までの常識をいい意味で覆されること間違いないくらい…

ビーツ レシピ まとめ フムス

「ビーツ」とは赤かぶのことを指すのですが、栄養価が高くさまざまな健康効果が期待できるスーパーフードなのです。そこで今回は、ビーツを使った料理をまとめてみました。あなたも、食生活にビーツを取り入れてみませんか?

あれすーぱ

「人はパンのみに生くるものに非ず、されどまたパンなくして人は生くる...

ページTOPに戻る