ローディング中

Loading...

みなさんはこんにゃくの英語名を知っていますか?実は、想像のはるか上をいく奇想天外な名前がつけられているんです。その命名の由来は"悪魔"にあった……!? 今回は、日本人は知らないであろうこんにゃくの英語名についてご紹介します!

背筋も凍るこんにゃくの英語名

ぷるぷる、ぷりっぷり、ぷるんぷるん

ダイエット食としておなじみの「こんにゃく」を擬音語で言い表すと、こんなチャーミングな表現が思い浮かぶ人もいるのでは?

見た目もさることながら、食べたら決して忘れない弾力のある食感は、単なる食材といえど私たち日本人にとって愛すべき対象ともいえます。
ところでみなさんは、こんにゃくの英語名を知っていますか?最近では「Konjac(コンジャック)」という呼び名に変化してきたようですが、そもそもは別な言い方が一般的でした。

なぜ名称が変わったのか、その裏には、なんと悪魔が関係しているというのです……!

「こんにゃくと悪魔」

悪魔と契約を取り交わしてしまったがために、こんにゃくは今日の人気を得ることができたのか?または、悪魔的なおいしさがゆえに命名されたポジティブな意味なのか?

今回は、そんな日本人にはとうてい受け入れがたいこんにゃくの英語名の由来と、なぜ名前が変わってしまったのか、その秘密を探ってみます!

その名も"悪魔の舌"⁉︎

こんにゃくの英語名、ズバリ「devil's tongue starch paste(デビルズ タン スターチ ペースト)」。直訳すると、悪魔の舌の粉のペースト……誤訳御免なところではありますが、要するにかなり印象は悪いです。

「Devil Fish(たこ)」を筆頭にデビルとつく食材は数あれど、より形態の具体性をもたせた”悪魔の舌”という名前からも、どれだけ欧米人がこんにゃくによくない感情を抱いているか伺い知ることができます。

では、そもそもなぜネガティブな呼ばれ方をされていたのでしょうか。実は、こんにゃくの原料となる「こんにゃくいもの”花”」に謎を解く鍵がありました。

悪魔の舌と呼ばれる理由

ここで簡単にこんにゃくの作り方に触れておきましょう。粉状にしたこんにゃくいも球茎を水一緒にこねたあと石灰乳、炭酸ソーダ水溶液など水に溶いたものを混ぜて煮沸し成形すると、馴染みが深いあの形ができあがります。

原料となるインドネシア原産のこんにゃくいもの花の特徴は、鮮血を浴びたような真っ赤な色味。口をぱっくりと開いたように花弁が広がり、中心部からは毒々しい花序軸と呼ばれる棒状の部分が天に向かってそびえています。
すでにお察しの方もいるように、その様子はまさに、
悪魔の舌、そのもの。
また、こんにゃくいもの花は腐臭ともいえる強烈な匂いを放ちます。見た目のグロテスクさとあいまって悪魔のイメージが定着したのかもしれません。

さて、こんにゃくの原料となるこんにゃくいもの花に由来していることがわかったところで、続いては世界のこんにゃく事情もご紹介しましょう。実は味や見た目、香りなどすこぶる評判が悪いようなんです。

まるでスライム?海外におけるこんにゃくの知名度

日本発祥のこんにゃく。海外の人から見ると、「スライムみたい」「これは食べものじゃない」「あの灰色の塊はちょっと……」など、大概はネガティブな印象をもたれているようです。

調べてみたところ、どうやら世界的にこんにゃくのような食感をもつ食べものは存在しないそう。やはりあのプリプリとした弾力が海外の人にとってはありえないポイント。さらにちょっと生臭い感じも苦手と感じる人も多く、私たちから見るドリアンやシュールストレミングのような珍妙グルメという立ち位置といえるかもしれません。

こんにゃくの逆襲がはじまる!

しかし最近は、健康志向の高まりから日本食の価値が見直されており、低カロリーでヘルシーなこんにゃくがダイエット食として逆襲の時を迎えています。

海外で爆発的にウケているのが、麺状の「しらたき」。アメリカのスーパーの一角には「TOUFU SHIRATAKI」(豆腐しらたき)、「Skinny Noodles(スキニー・ヌードル)」、「Miracle Noodles(ミラクル・ヌードル)」といったしらたき商品が所狭しと陳列されているといいます。さらに学校給食に採用される動きもあり、いかに人気を博しているのかがわかりますよね。

また、パスタの代用品として話題の「ゼン(禅)パスタ」は、イタリアから逆輸入されたダイエット食。カロリーはパスタの25分の1程度に抑えられるうえ、カルシウムも豊富に含まれています。
海外の人々の心を鷲掴みにしているキーワードのひとつが「グルテンフリー」です。グルテンとは、小麦などに含まれるタンパク質の一種。近年小麦アレルギーが増え、セレブの間でグルテンフリーダイエットがブームになるなど、「グルテンフリー」市場が確立されているアメリカにまさにマッチした食材だったのです。

世界に誇る次世代フード「こんにゃく」

こうして見ると食文化の移り変わりとともに、英語の名称が変わっていったことがわかります。当初、東洋の島国のグロテスクな料理としか認識されていなかったこんにゃくは、今や海外仕様に形を変え、世界のヘルシー分野を牽引する食材のひとつにまで成長を遂げました。

「Devil's tongue starch paste」から「Konjac」へ名称が変わったことには、こんにゃくが世界の食の分野で市民権を得たことはもちちんですが、注目を浴びる日本の食文化の盛り上がりを示すたしかな証拠かもしれません。

逆境からチャンスを見い出した、次世代のヘルシーフード・こんにゃく。味と一緒に命名の変遷を噛みしめてみたら、また違った味がするかも?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キッチンの代表的な便利グッズ、キッチンペーパー。もし買い忘れていたら、何で代用すればいいかご存じですか?実は家にある色々なもので代用できるんですよ。日頃から使えば節約にもつながるキッチンペーパーの代用品を一挙…

横浜 スイーツ チョコレート パフェ

横浜のみなとみらいにあるチョコレート専門店「バニラビーンズ」。1秒に6個売れるという話題のスイーツ「ショーコラ」を販売しています。今回は気になる味わいや購入方法、通販についてまで詳しくご紹介♩バレンタインやホ…

まとめ

「嵐にしやがれ」で紹介されていた関東近郊の人気タンメン。番組終了後の反響が大きかったようなので、その内容をまとめてみました。大泉学園の話題店「たんめん本舗 ミヤビ」から、知る人ぞ知る名店「老郷」など、おいしい…

パン

新高円寺にオープンしたばかりの「ベーカリー兎座レプス」。こちらで販売されているうさぎの形をした食パンがTwitterなどで大変話題になっているそうなんです。見た目がかわいすぎる上に味もまた絶品らしく...数量…

日常的に魚をさばいて食べたいと思っても、臭いが気になるし、洗剤で何度も洗うのは面倒、という人も多いのではないでしょうか。まな板、手、服についた魚の臭いを消す方法が知りたい!今回は、魚の生臭さを簡単に消す方法を…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

ランニングやサイクリングなどの激しめの運動をする際には、炭水化物とタンパク質をバランス良く摂っておく必要があります。それは、空腹のままだと運動中のエネルギー循環や筋肉の回復をスムーズに行えなくなってしまうから…

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ

ひと目を引く写真を撮りたいなら、断然白い鍋がおすすめ!白は引き立て役としては鉄板のカラー。料理をより素敵に見せてくれる優秀なアイテムなんです。今回は、そんな白い鍋で魅力が際立つ料理を3つご紹介!「いいね!」を…

蒲田 焼肉

蒲田にある赤身焼肉がおいしいお店「かるびあのーの蒲田店」は、カウンターで焼肉がいただける素敵なお店です。そこまで広くはない店内は、しっとりとした大人な雰囲気。目の前でお肉を焼いてくれる演出は、ライブ感たっぷり…

パン 東京 カフェ スイーツ パン屋

小田急線豪徳寺駅にあるパン屋「ユヌクレ(uneclef)」は行列ができるほどの人気店。パン好きのみならず、カフェ好きの人も虜にする店内の雰囲気が魅力です。品揃え豊富でどれもおいしいと評判ですよ。お目当ての商品…

あれすーぱ

「人はパンのみに生くるものに非ず、されどまたパンなくして人は生くる...