ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

おこもり中のごはん、どうしてる?

外出自粛やテレワークなどによりおうちで過ごす時間が増えていますが、朝昼晩と毎日3食のごはんを用意するのって意外と大変ですよね。だいたい同じメニューの繰り返しで、献立もマンネリ化していませんか?

そんなときは、「ほっともっと」のネット注文が便利!あらかじめ時間を指定しておけば、できたてを受け取ることができ、店舗での待ち時間もありません。

今回は、macaroni編集部のスタッフが実際にほっともっとのお弁当をテイクアウト。ほっともっとのお弁当やお惣菜を使った食卓作りをご提案します。

毎日3食用意するだけでひと苦労!

アカウントプランナー/松浦

外出自粛に伴い、macaroniも全員在宅勤務になりました。今回「ほっともっと」のネット注文を利用するのは、学生の弟と2人暮らしをしている松浦。普段はアカウントプランナーとして全国各地を回る松浦ですが、在宅勤務になってこれまでと生活が少し変わったようです。

松浦「これまでは主に自炊は夜ごはんくらいだったんですが、弟も自宅学習になり、毎日2人分の食事を作る生活に。洗濯や掃除はすきま時間にできるものの、買い物から調理、片付けまでがセットの料理は、すごく時間と労力がいることに改めて気づきました……。弟も食事を楽しみにしてくれているので頑張ってきたんですが、そろそろ限界かもしれません。」

松浦の場合は2人分ですが、休校中の子どもや夫婦ともテレワークの場合、毎食家族全員分の食事を作ることになり、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。

事前のネット注文で待ち時間なし!

在宅勤務や休校中のランチに便利なのが、ほっともっとのネット注文です。

注文方法はとっても簡単。まずは、ほっともっとのネット注文ページから、注文方法を選択。次に、購入するお店とメニューを選ぶだけで注文は完了です。時間指定もできるので、自分の生活スタイルに合わせられるのもうれしいですよね。

松浦「今日は何を食べようかな~と気分に合わせて選ぶ時間が至福ですね。仕事の合間にネットでささっと注文して、指定の時間になったら待たずに受け取れるのはとても便利!できたてだから、持ち帰ってから温めなおす手間がかからないのも気に入っています。」

お弁当からおかずまで、シーンに合わせて使い分け!

栄養バランスを考えたお弁当ランチ

ほっともっとでは、お弁当だけでなく、おかずやお惣菜を単品で購入することができます。今回は日中は仕事の手が離せないことが多いので、栄養バランスまで考えられたお弁当をチョイス。

松浦「ランチはふたりともしっかりと食べたいタイプなので、お弁当を選びました。私は見た目も華やかな『彩・鶏そぼろ弁当』。弟は『プラスベジ4種のこぼれチーズハンバーグステーキ弁当』のごはんをもち麦に変更してヘルシーに。プラスベジシリーズはサラダもついているので、自炊だと不足しがちな野菜も摂れるのがありがたいですね。

調理に時間がかけられないランチは、どうしてもすぐできるパスタやチャーハンなど炭水化物メインだったので、しっかりメインと野菜まで摂れて新鮮でした!」

夜ごはんはおかずだけ購入して、料理の負担を軽減!

松浦「別の日に、夜ごはん用におかずだけを注文しました。我が家のキッチンにはグリルがないので、焼き魚が食卓にのぼることはほとんどないのですが、ほっともっとの店舗で焼いている魚は、ふっくらジューシーですごくおいしい!

作るのが手間だったり、焼き魚のように後片づけが面倒なメニューも、おかずだけ購入すれば気軽に食べられるのがうれしいですね。慣れない在宅勤務に疲れて、たまには料理をおやすみしたい、というときも助かります!」

タイムサービスならもっとお得!

14時~18時のあいだに商品を受け取ると、ほっともっと自慢の多彩なおかずが30円引きとお得に購入できます。今なら5月31日までの期間限定で、人気のおかずがセットになったプレート3種が60円引きになるキャンペーンも実施中!

ほっともっとはおうちごはんの強い味方!

料理は毎日のことだから、無理のない範囲で続けていくのが理想です。

だからこそ、たまにはほっともっとのネット注文を活用して家事の負担を減らし、時間や気持ちに余裕を持つことで、窮屈な自粛生活で適度に肩の力を抜いて過ごせそうですね。
※ネット注文で受け取り時間をご指定いただいた場合でも、注文状況によってはお待たせする場合があります。
撮影:木下 誠、文:横田 睦美
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS