ライター : メシ五郎

グルメに関する事なんでも書いていきたいと思います。ラーメン、バル系、ビール、ワイン、和菓子が好き。どうぞ宜しくお願いします。

正式名称「wine no Ruisuke るいすけ2号店」。 カジュアルイタリアンやバルに行き慣れた人ならきっと好きになる。 そう思うのは、ちょっとだけ料理に工夫がされているところ。
ほらほら、メニューを見ただけで、んん??

なんだか、見慣れない料理名があったりするでしょう。

だってさ、アヒージョなんて今やどこにでもあるし、

せいぜいマッシュルームとかエビとかさ、おいしいよ。

おいしいけどさ、もう飽きたでしょうよ。

ここのはさ、”砂肝”とか、”パクチー”とか、”トリュフつくね”とかさ、

気になるワードがいっぱいあるじゃない。
クリームチーズの王様、なんて書かれたら頼んでしまうじゃない。 これはね、これでちょっと普通なんだけど、 多分、女子は大好きだと思う。 この甘さは、やめられなくなると思う。
これ、とてもおいしい。

ホルモン&パクチー。

料理名はさ、もうさ、アジアじゃん。アジアンじゃん。

だけどね、味はしっかり洋なのよ。

ペッパーとバルサミコがしっかり効いててさ、ワインがすすむわけよー。
これもさ、ちょっとした工夫でエンターテイメントですよ。 アボカドを焼いただけよ?いーや正確にはアボカドを炭火で焼いて、 バターを乗っけて、さらに炎の演出だわさ。これがそのままテーブルに運ばれてきたら、 あわわだよ。なんか楽しくなるのよ。
これ結構おすすめ!びっくり!

砂肝とココロのアラビアータ(冷製)。

パスタじゃないわよ。ワインのつまみとしてはかなりイケると思う。

砂肝とココロというどっちもホルモンなんだけど、アラビアータがすごく合う!!

こんなの置いてるお店ないでしょ?ワイン2本いっちゃうわよ、そりゃ。
出ました。女子が好きそうなカウダー形式。

”アドリ”という料理名で、マッシュポテトをカウダー形式にして、

バゲットの上にのっけて食べるおしゃんてぃなやつ。
最後。 これは食っとけ的なメニューだよ。 トリュフつくね!!じゃーーーーーーー!!!! つくねだけでも旨いんだけどさ、そちらにさ! トリュフオイルをたらして食べるわけですよ!! まさにマリアージュよ!!この事よ!!!
テンションが上がり過ぎて、オカマ口調になって申し訳ないが、 おすすめしたい西新宿のお店「るいすけ 2号店」でした。

wine no Ruisuke るいすけ2号店

wine no Ruisuke るいすけ2号店の外観
住所:東京都新宿区西新宿7-22-45 電話番号:03-3369-0233 営業時間:17:00~24:00 (L.O.22:45、ドリンクL.O.23:30) MAP:http://r.gnavi.co.jp/gad6301/map/
るいすけ1号店は人気過ぎて、 なかなか予約取れないけど、こちらは和食スタイル。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS