身近な金券「ジェフグルメカード」の特徴や使い方・購入方法

全国共通お食事券「ジェフグルメカード」をご存じでしょうか?ファミリーレストランやファストフード、居酒屋などで使えるとても便利なお食事券です。なるべくお得に食べたいという方やご家族連れの方の強い味方。今回は使い方や購入方法をご紹介します♪

ジェフグルメカードとは

外食業界で最大規模のお食事券

ジェフグルメカードは1992年から発行されている全国共通お食事券です。母体は外食産業関連で最大規模の組織「日本フードサービス協会(通称JF)」で、農林水産省の認可を受けている信頼のある組織です。

加盟店は47都道府県全てにあり、現在は全国35,000店舗で利用できます。ファミリーレストランやファストフードなど幅広い加盟店あるのも魅力です。都心部だけでなく、郊外にも多いので、郊外にお住まいの方へのギフトカードとしてもおすすめです。

使用する上でのポイント

有効期限はあるの?

有効期限はないので、いつでもおうちやオフィスの近く、またお出かけ先の加盟店で使うことができます。ギフトカードや商品券はあまり使い道がないという方も、加盟店の多いジェフグルメカードなら、使う機会も多くなるのではないでしょうか?

おつりは出る?

ジェフグルメカードの1番の特徴が「おつりが出ること」。一般的なギフトカードや商品券はおつりが出ないものがほとんどなので、高いものにしか使えないという方も多かったのではないでしょうか?

お財布のお金がちょっと足りないという時にジェフグルメカードがあると、現金代わりに使えてとても便利ですよ。

たとえばどんなお店で使えるの?

ファミリーレストランやファストフード

ガストやデニーズ、ココスなどのファミリーレストラン、またモスバーガーやケンタッキーフライドチキン、サーティワンアイスクリームなどのファストフード店で使うことができます。

お仕事のランチタイムや、お子さんとのお昼ごはんなど普段利用するお店で使えるので、使い勝手がいいですね。

居酒屋やレストラン

ほかにも、大戸屋ごはん処や吉野家、天丼てんやなどの定食系のお店、ジョリーパスタやDucky Duckなどのパスタ屋さんも加盟店です。

やるき茶屋や庄や、魚民などの居酒屋でも使うことができます。いろいろなシーンで使えるので、お友だち同士やご家族とのお食事に活用できそう。

使えないお店は……

多くのお店で使えるジェフグルメカードですが、使えないお店もあるんです。たとえば、コンビニ各店やマクドナルド、サイゼリヤなどは使用ができません。

ジェフグルメカードが使えるお店は、公式HPで検索できますからチェックしておくと安心ですね。また、加盟店はレジなどにステッカーが貼ってあることが多いです。お支払いの時に確認してみてはいかがでしょうか?

ジェフグルメカードの購入方法

実店舗で買う方法

モスバーガー、木曽路などの有名外食店のレジ、西武百貨店、そごうの商品券売場などで購入できます。ほかにも、旅行代理店やイトーヨーカドーやダイエーなどの総合スーパー、金券ショップなどでも取り扱っています。

普段お買い物で訪れるお店でも購入できるので、急に必要になった時もすぐに買えて便利ですね。

特集

SPECIAL CONTENTS