ライター : つくもはる

ナチュラルでかわいいもの好き100均マニア♪ プチプラアイテムや安くておいしいもの、おうちカフェの アイデアなどを紹介していきます。

セリアから万能グッズ登場!

Photo by つくもはる

氷のように水が冷たい冬場。そんな時期は、お米をとぐのが特につらいですよね。今回はそんな米とぎが楽になるおすすめアイテムを人気100円ショップ「セリア」で発見!プチプラ好きの筆者がご紹介します♪

これ1本で米とぎと水切りが♪

Photo by つくもはる

108円(税込)
「セリア」で取り扱いがあるこちらの商品は、「なるほど米とぎ」という名前で販売中。形状もシンプルで、先端から米とぎ・水切り板・持ち手という構造です。水切り部分も持ち手もスリムなので、キッチンでも邪魔になりませんね♪

Photo by つくもはる

米とぎをする先端部分は、本体から取り外して洗うことも可能です。形をよーく見てみると6本の爪のような形になっていますね!

Photo by つくもはる

指の形とそっくりなので、実際に手を使って洗っているように米とぎができるんですよ。

Photo by つくもはる

水切り板部分は、ゆるやかなカーブ状になっていて、どんな大きさのボウルにもぴったりフィットします。 水切り穴も米粒が流れ出ない細さなので、ボウルを傾けると水だけがうまく流れていきます。

米とぎ棒の使い方をご紹介!

Photo by つくもはる

1. お米が浸る程度の水を入れ、米とぎ棒でサッと数回かきまわします。

Photo by つくもはる

2. ボウルの縁に網目部分を当て、米のとぎ汁を流します。
3. お米をシャカシャカとかき混ぜるように、30回ほどまんべんなくとぎます。 (13の手順を3回ほど繰り返す。)

Photo by つくもはる

4. 最後にすすぎと水切りを2回ほど繰り返し、水がほぼ透明になったら米とぎは完了です。 (米とぎや、繰り返しの回数は目安です。)

冬場の米とぎの頼れる存在♪

Photo by つくもはる

これさえあれば、冬の寒い時期も冷水に手を浸けずに米とぎと水切りができます♪生活感がでてしまう水切りボウルやザルを使わずに、これ1本で作業ができるのもうれしいですね。 指をケガしているときや、手荒れが気になる方、ネイルをしている方に特におすすめ!こちらの米とぎ棒はセリアで販売されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS