ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

「いい油は美をつくる」

Photo by 木下 誠

“29歳に見える56歳” というキャッチフレーズの通り、驚きの若々しさと美しさで注目を集めるビューティースタイリスト・奥田千鶴さん。

企業や大学でセミナーをおこなうほか、雑誌やテレビへ出演、自身のブログやSNSでは美容法・ライフスタイルを発信するなど、その活動は多岐にわたります。

奥田さんの若々しさと美しさをつくる大きな根源、それは “食生活” にあるのだそう。40歳での結婚を機に食生活を見直し、さまざまなものを試してたどり着いたのが「こめ油」だといいます。

奥田さん曰く、「いい油は美をつくる」。一体どういうことなのか、詳しくお聞きしてみました!

毎日のように揚げ物……愛用歴は16年以上!

Photo by 木下 誠

奥田さんが愛用しているのは、築野食品工業のこめ油。100%お米を原料とした植物油です。奥田さんにこめ油との出会いについて伺いました。

奥田さん:私、揚げ物が大好きなんです。でも揚げ物ってカロリーも高いし、毎日食べるのは身体に悪いイメージがありますよね。だからといって、揚げ物を我慢するのは私にとって大きなストレス。ならば、“体にいい油” を使えば問題ないのではと考え、見つけたのがこめ油なんです。使い続けて、もう16年以上になります。

Photo by 木下 誠

macaroni編集部:そうだったんですね。奥田さんはこめ油のどんなところに魅力を感じていますか?

奥田さん:まずひとつは、抗酸化作用のあるスーパービタミンEが豊富に含まれているところ。それに油を敬遠する女性が多いですが、脂質(油)は人間が健康に生きていくうえで欠かせない三大栄養素のひとつ。肌や髪を美しくし、細胞を健康にするためには必要不可欠なんです。キレイになりたいなら、ぜひ積極的に摂ってほしいなと思います。

macaroni編集部:なるほど。確かに、奥田さんはお肌も髪もつやつやですよね。

奥田さん:ありがとうございます。こめ油のおかげでしょうか、お肌も髪も乾燥知らずです。ただ、ひとつ皆さんに気をつけてほしいのは、油ならなんでもいいというわけではないこと。健康と美をつくるのは、こめ油のような良質な油です。

Photo by 木下 誠

macaroni編集部:こめ油には、ほかにはどんな魅力があるのでしょう?

奥田さん:こめ油は、酸化しにくい油特有のイヤな匂いがしないなど、魅力はたくさんあります。毎日のように揚げ物をしても部屋が油臭くなりませんし、サラサラとしていてへばりつく感じがないので、揚げたあとの鍋を洗う際も苦になりません。

揚げ物がカラッと香ばしく揚がって、時間が経っても衣がベチャッと油っぽくならないところも好きですね。私の場合、こめ油で揚げたものなら毎日食べても胃もたれしないんですよ。家では、野菜の素揚げや天ぷら、唐揚げなどさまざまな揚げ物を楽しんでいます。

Photo by 木下 誠

奥田さん手作りの「こめ油を使ったロールケーキ」
macaroni編集部:とても使いやすそうですね。揚げ物以外では、どんな調理に使われていますか?

奥田さん:こめ油はクセがないので、和・洋・中の料理はもちろん、ロールケーキやシフォンケーキなどお菓子づくりにも使っています。我が家では、こめ油を使った「玉ねぎドレッシング」もすっかり定番です。夫は、“飲む” こともあるくらい気に入っていますね(笑)。

ご主人が飲んでしまうほどおいしい「玉ねぎドレッシング」。手軽に作れるとのことで、実際に奥田さんに作っていただきました。

奥田さん直伝!こめ油を使った「玉ねぎドレッシング」

Photo by 木下 誠

材料は、新玉ねぎ(1個)、こめ油(200ml)、米酢(100ml)、レモン汁(1/2個分)、きび砂糖(大さじ1杯)、塩こしょう(少々)。これらをすべてフードプロセッサーで撹拌させれば完成です。新玉ねぎの代わりに、普通の玉ねぎを使ってもOK。

奥田さん:ポイントは、新玉ねぎが見えなくなるくらいサラサラの液状になるまでしっかり撹拌させること。そうすると、なめらかで口当たり良く仕上がります。最初はサラッとしていますが、2~3日後は少しとろみがついて濃厚な味わいになります。サラダはもちろん、豚肉のソテーにかけてもおいしいですよ。

マイルドな風味のこめ油が、玉ねぎの甘みや旨みをよく引き立てていて、思わずたっぷりとかけたくなる味わいです。

「期間限定 国産こめ油」なら、天然ポリフェノールが3倍!

Photo by 築野食品工業株式会社

こめ油を長年愛用している奥田さんが最近使い始めたのが、今年2月に新しく発売された「期間限定国産こめ油」。

築野食品工業の独自製法により、お米の天然ポリフェノールを3倍(※築野食品工業従来品比)も多く残したこめ油です。天然ポリフェノールとは、抗酸化作用のある米ぬか由来の栄養成分のこと。

通常タイプのこめ油と同様、マイルドでクセがなく、素材の味を生かしてくれるので、揚げ物、炒め物、ドレッシングに……とさまざまな調理に使えます。

奥田さんが考える、健康と美容のために大切なこと

Photo by 木下 誠

「おいしい」と心から感じて食事を楽しむことが、とても大切だと言う奥田さん。理由について伺いました。

奥田さん:人は「おいしい」と感じると、脳で “幸せホルモン” が分泌されるんです。それが美容と健康にとても効果的なことだと、私は考えています。そして、“自分は体に良いものを摂っているんだ” という前向きなマインド自体も、美しさに繋がっていく要素のひとつだと思いますね。

奥田さんにとってそんな食生活を送るために欠かせないのが、こめ油なのでしょう。

ぜひあなたも使ってみませんか?

Photo by 木下 誠

クセがなくマイルドな風味のこめ油なら、気軽に無理なく使い続けることができそうです。美容と健康に良いこめ油、ぜひご自宅で使ってみませんか?

築野食品工業のこめ油とは

築野食品工業のこめ油は、日本のお米を使い、和歌山県を中心に国内でひとつひとつ丁寧に作られています。

また、米ぬかを100%使い切ることを目指して、こめ油以外にもさまざまな食品や医薬品、化粧品等の原料を生み出しており、「米ぬか」という植物由来の原料を使用することで、CO2排出量削減、地球温暖化防止に繋がっているという特徴もあります。

築野食品工業では、生産工程で発生する産業廃棄物を工場の燃料にリサイクルしたり、使用済みの油を石鹸やインクなどの原料として有効活用したりするなど、環境に配慮した取り組みを積極的におこなっています。

商品概要

「期間限定 国産こめ油」
・販売時期:2022年2⽉1⽇(⽕)〜 2022年8⽉末までの製造予定
・販売場所:全国のスーパーなど量販店、築野食品工業のオンラインショップ
・希望⼩売価格:432円(税込) / 500g ※従来品(500g)と同価格
・原材料名:⾷⽤こめ油(国内製造)

教えてくれた人

Photo by 木下 誠

ビューティースタイリスト・奥田千鶴さん  主催する『お金をかけずに誰でも綺麗になれる美容法』がコンセプトのセミナーは常に満席。2021年には『29歳に見える55歳のプチプラコスメ』を出版し、オンラインサロンをオープン。独自の美容法やライフスタイルなどを発信している。

▼本記事に関するアンケートのご協力お願いいたします。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ