ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

macaroni編集部員・堀がパンづくりに挑戦!

Photo by macaroni

根っからのパン好きで、学生時代にはパン屋でバイトをしていたというmacaroni編集部員・堀。在宅勤務が始まってからはさらにパンを食べる頻度が増えているのだとか。

macaroni編集部員・堀(以下、堀)「普段はランチにパンを食べることが多いですね。週1回、近所にあるお気に入りのパン屋さんで食パンや惣菜パンを買い、冷凍ストックしています!」

そんなパンラバーの堀が、パナソニック「ホームベーカリー ビストロ (SD-MDX4)」でパン作りにトライしてみることに!

「ホームベーカリー ビストロ」は、人気の生食パンから低糖質パンまで、さまざまなパンをおまかせでふっくらと焼き上げてくれる最新のホームベーカリー。初心者でも、自宅で簡単にプロ並みのおいしいパンが作れる優れモノです。

ちなみに堀も、パン作り経験ゼロの超初心者。果たしておいしいパンを作ることはできたのでしょうか……!?

超初心者の堀が、3週間使ってみた感想は……?

Photo by macaroni

まず、3週間使ってみた率直な感想は……?

「ただ材料を入れてボタンを押すだけなのに、お店レベルのおいしいパンができあがってビックリしました!これまでホームベーカリーを使ったことがないし、めんどくさがり屋なので使い続けられるか心配でしたが、こんなに簡単で便利なものだったとは……。もっと早く知りたかったです!」

おいしさに感動!ふわふわ生食パン「リッチ パン・ド・ミ」

Photo by macaroni

いろいろと焼いた中でも、特に堀が感動したのが「リッチ パン・ド・ミ」。「リッチ パン・ド・ミ」メニューは、きめ細かくしっとりしたやわらかい食感の生食パン専用プログラムです。

堀「とにかく食感がふわふわで、食べている間、『おいしいなぁ……』としみじみ幸せに浸ってしまうほど。それにしても、ホームベーカリーでこのクオリティに仕上がるの!? と、驚きましたね。食べきれなかった分は冷凍しましたが、風味が落ちずおいしかったです!」

ちなみに「パン・ド・ミ」は、フランス語で「中身のパン」のこと。パンのクラスト(皮)をたのしむフランスパンに対して、中身(クラム)に味わいを求めたパンです。水分量が多く、温度や湿度といった発酵環境の管理など仕込みの難易度が高く、本来は技術と知識が必要とされています。

予想を超える味わいだった「低糖質パン」

Photo by macaroni

さらに堀が驚いたのが「低糖質パン」。どうやら「低糖質パン」に対するイメージがガラッと変わったようです。

「私が以前買って食べた低糖質パンはパサパサであまりおいしくなくて。それ以来、好んで食べることはありませんでした。でも、専用のパンミックスを使って『ホームベーカリー ビストロ』で作った低糖質パンは、ふんわりやわらか食感!味も、低糖質とは思えないおいしさでした。

レーズン入りを作りましたが、あらかじめレーズンも一緒にセットしておけば、適切なタイミングでまんべんなく混ぜ込んでくれるので本当にラクラク♪」

実はパン以外にも作れるメニューがたくさん!

Photo by macaroni

「ホームベーカリー ビストロ」の魅力にすっかりハマってしまったと話す堀。日々、どのように楽しんでいたのかを聞いてみました。

「在宅勤務が多いので、朝のうちに材料をセットしておいて、ランチに焼きたてのパンを食べることが多いですね。部屋中が焼き上がりのパンの香ばしい匂いに包まれて、なんとも幸せな気分になりますよ。ランチ以外では、小腹がすいた時にもよく食べています(笑)」

さらに「ホームベーカリー ビストロ」がスゴイのは、パン以外にも甘酒やミルクジャム、餅、うどん、ピザなどが作れること!堀も甘酒づくりにトライしてみました。

「ホームベーカリーで甘酒が作れるとは意外でしたね。小さい頃、甘酒は体にいいからと祖母がよく鍋で作ってくれていたんです。そんな手づくりの甘酒の味を思い出しました!」

プロの技法を取り入れた、パナソニック独自の技術とは?

Photo by macaroni

それにしても、なぜ手間いらずでこんなにもおいしいパンを焼き上げることができるのでしょうか……?その秘密は、2つの独自機能「3D匠ねり」と「Wセンシング発酵」にありました。

・3D匠ねりとは
「ねり」は、生地を「たたく」「伸ばす」作業のこと。プロの技法を取り入れたパナソニック独自のプログラムにより、しっかりねる&伸びのよい生地をつくることが可能に。

・Wセンシング発酵とは
「室温センサー」と「庫内温度センサー」で、季節や運転時の室温の変化によってイーストの混ぜ込みタイミングやプログラムを自動で調整。これらの温度管理プログラムにより、1年中ふっくらとしたパンを焼き上げることができます。

パン作りの楽しさを知ると、どんどんチャレンジしたくなる!

Photo by macaroni

今後は、アレンジパン作りにもチャレンジしてみたいと話す堀。

「クロワッサンやメロンパン、米粉パンを作ってみたいです!ちょうど、おうち時間にできる趣味を探していたところだったので、パン好きの私にはぴったりですね」

こだわりのおいしさをお届けする「ビストロ」シリーズ

Photo by macaroni

面倒な手間なくおいしいパンが作れる「ホームベーカリー ビストロ」。初心者や忙しい方にこそぜひ試してほしいアイテムです!「自宅でこんなにおいしいパンが作れるの!?」そんな感動体験が待っていますよ♪

ところで、「ビストロ」シリーズには、ホームベーカリーのほかにもスチームオーブンレンジオーブントースターがあるのをご存知ですか?上質なデザインはもちろん、パナソニックならではの技術と調理プログラムが体感できる大人気のシリーズです。

下記の特集ページでは、「ビストロ」の魅力をたっぷりとご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

商品概要

今回、本記事でご紹介した製品は、パナソニック「ホームベーカリー ビストロ SD-MDX4」です。

タイプ:1斤タイプ
電源:100V・50Hz/60Hz
消費電力:430W
サイズ:幅26.3×奥行35.6×高さ35.3cm
質量(約):6.0kg
メニュー数:43
マニュアル機能、イースト自動投入、予約タイマー:○(一部のメニューに限る)

▼詳しい情報はこちら
▼ご紹介したホームベーカリーについて、アンケートのご協力お願いいたします
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ