ローディング中

Loading...

あなたは高知の「もち蔵家」のわらび餅をご存知でしょうか?なんと開店1時間で完売してしまうほどの人気なんです。それゆえ「幻のわらび餅」と呼ばれているんだとか。今回は、そんな幻のわらび餅を手に入れる方法や人気の秘訣をご紹介します!

開店1時間で売り切れ!幻のわらび餅

高知県に、なんと開店1時間で売り切れてしまうという「幻のわらび餅」があることはご存知ですか?開店前から行列ができ、中には近畿や四国各県より買いに来る人がいるほどの人気なんです。

そんな幻のわらび餅を購入できるのは、「もち蔵家」というお店。本わらび粉を使い、すべての行程で手作りにこだわっているため、1日に作ることができる数が限られているのだとか。今回は、ふるふるの食感がクセになるという「もち蔵家」のわらび餅をご紹介します!

高知県「もち蔵家」

あの高校野球の名門、高知商業高校がランニングに使うことで有名な高知の桂浜にほど近いところにある、「もち蔵家」です。伝統的な木造の日本家屋スタイルで、しっとりとしたいい雰囲気を醸し出しています。
店舗内部は、昔の商家を彷彿とさせるような、アンティークな作り。調度品などもクラシックにまとまっています。もともとは、海藻の卸問屋として創業しましたが、先代の「年代に関係なく、おいしく食べられるお菓子を作りたい」という願いのもと、試行錯誤を繰り返して生まれたのがこのわらび餅なのです。

本わらび粉使用のわらび餅

2人前(250g入/税込680円)4人前(500g入/税込1,260円)

パッケージを開けると、ふるふるのわらび餅が現れます。見るからにみずみずしく、おいしそう!

早朝、熟練した職人が銅釜でわらび粉を炊きはじめるのが「もち蔵家」の1日のはじまりです。高純度のわらび粉を使用して、炊き上がったわらび粉を時に大きく、時に小刻みに櫂(かい)を操りながら餅を練りますが、この練り方が熟練の職人にしかできない手加減なのです。

この手加減があってこそ、口溶けのなめらかなわらび餅ができます。また、ふるふるの食感を出すために少し大きめにカットするのもこだわりです。
実際に食べた方は「幻って言うフレーズにやられました」「きな粉好きにはたまらない」「幻のようにとろけて無くなりました〜」と、ここでしか味わえない食感に大満足の様子。
「トロける感じがほんとにおいしかった!」「去年この梼原グルメフェスタで初めて食べてあまりにもおいしくて…忘れられない味」と、一度食べたらやみつきになる方も続出。お家の近くにこんなわらび餅屋さんがあるなんて、羨ましい限りですね。

幻のわらびもちへの店主のこだわり

「もち蔵家」のわらび餅は、その製造工程を機械に頼らず、すべて手作業で行っています。それというのも、天気や気温に合わせて、材料の配合や各工程にかける時間を微調整しているためです。このわらび餅は、手作業でないとできないのです。

それゆえに一日につくれる数には限界があります。しかしながら、自分たちが胸を張れる商品を提供するのが、店主のこだわりのひとつとなっているそう。

通販でのお取り寄せ可能!

「幻のわらび餅」とも呼ばれる、高知「もち蔵家」のわらび餅は、通販でお取り寄せが可能です。しかし、ネット通販ではなく、FAXでの申し込みとなります。その方法は、「もち蔵家」のHPにある専用FAX用紙を用い、必要事項を記入の上、申し込みます。

種類は2人前(680円)、4人前(1,260円)で、それにクール便の送料(800〜1,900円・地方によって異なる)がかかります。

また、お支払は代引きのみとなり、商品、送料の他に、代引き手数料(324円)が別途かかります。

なお、商品の発送は第4木曜日のみです。たいていの地域は金曜日には到着しますが、北海道、沖縄、東北などは土曜日到着となりますので注意してくださいね。

どらやきも大人気!

実は「もち蔵家」では、どらやきも人気なのです。あえてまんまるでなく、形は不揃い!手作り感満載のビジュアルが人気です。

黒あんと白あんを基本に、季節によって桜あんなども販売されます。また秋には「ようかん」もお目見えします。もちろんすべて手づくりですよ。なお、どら焼きは残念ながら店頭でしか購入できません。お店に訪れた際はぜひ手に入れたいですね。

手に入ったらラッキー!

いかがでしょうか?開店と同時に売り切れてしまうため「幻のわらび餅」という異名を持つ、「もち蔵家」のわらび餅をご紹介致しました。高知まで買いに行くか、FAXで申し込むかどちらかしか手に入れる方法がないというのも頷けますね。

また、高知の実店舗の他にも、県内外の量販店、百貨店、イベントにも出店することもあるそうなので、運よく出会えればラッキーですね。この、ふるふるの食感のなめらかな「もち蔵家」のわらび餅は、一度食べるとやみつきになるそうです。ぜひ一度食べてみたいですね。

店舗情報

■店舗名:もち蔵家
■最寄駅:JR土讃線高知駅、桂浜から車で10分
■住所:高知市種崎338-2
■電話番号:088-855-5704
■FAX番号:088-855-5714
■営業時間:10:00〜14:00(売り切れ次第終了)
■定休日:火、水、木曜日
■参考URL:https://tabelog.com/kochi/A3901/A390101/39005568/
■公式HP:http://www.mochikuraya.com/dispatch
▼こちらの記事もチェック!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイカ お土産

暑い夏にぴったりの、スイカにそっくりな新スイーツ「スイカバームクーヘン」が、バームクーヘン専門店『ら・それいゆ』から販売されています!通販も可能で、スイカを見事に再現した「スイカバームクーヘン」の魅力をご紹介…

仙台 パンケーキ スイーツ 女子会

焼きたてふわふわのパンケーキが堪能できると人気の「幸せのパンケーキ」。独自の製法と焼き方によって極上のふわとろを味わうことができます。そんな表参道発の人気店が、仙台フォーラスにオープン。そこで、人気の秘密とメ…

和菓子

日本の伝統菓子「落雁」。普段はお茶菓子やお供え物としてよく見かけますよね。でも、落雁って何でできているか説明できますか?さらにおしゃれな和菓子として、再び脚光も浴びているんです。今回は落雁の魅力に迫ります。

渋谷 パンケーキ スイーツ

いまや空前のパンケーキブーム。数ある有名店の中でも「幸せのパンケーキ」は、ふわしゅわ食感がクセになると評判の人気店です。そこで本日は「幸せのパンケーキ 渋谷店」にスポットを当てて、来店時に役立つ詳しい情報をお…

羽田空港 お弁当 まとめ お土産

空弁は今や旅のお供として、そして旅を演出するのに欠かすことのできない存在。今回は日本のハブ空港、羽田空港国内線ターミナルに焦点を当て、現役CAが選ぶ「空弁ランキングトップ15」をご紹介!お盆の帰省や旅行の際に…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ チーズ おつまみ まとめ

今回はクリームチーズを使った、簡単おつまみレシピをご紹介します。ワインにはもちろん、日本酒やビールにぴったりのおつまみまで、さまざまなレシピを時間別にまとめてみました。今晩のおつまみに迷ったらぜひ参考にしてみ…

お土産 スイーツ まとめ

帰省や旅行などで東京のお土産を買うとき、デパ地下にはお店がたくさんありすぎて迷ったりしませんか?そこで今回は、東京のデパ地下や東京駅周辺で買えるおしゃれで人気のお土産をご紹介します。贈った相手がよろこんでくれ…

秋田 お土産 お菓子 まとめ

秋田といえば豊かな自然と伝統を誇る東北有数の観光地。十和田湖、奥入瀬渓流などは四季それぞれに美しい表情を見せてくれます。そして、秋田にはおいしいものもたくさん!秋田に行ったら買うべきお土産をご紹介します。

コーヒー まとめ

コーヒー好きの人ならばお家で美味しいコーヒー飲みたいですよね?そんな時には美味しいコーヒー豆をお取り寄せするのはいかがでしょうか。この記事ではそんな美味しいコーヒーを飲みたい時にぴったりのお取り寄せコーヒー豆…

チーズケーキ スイーツ まとめ カフェ

お取り寄せスイーツの定番として根強い人気を誇るチーズケーキ。おすすめの商品が多すぎて、一体どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は北海道のルタオから沖縄の金賞受賞店舗まで、お取り寄せできる“間違…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

キャベツ レシピ

どんな料理にも使いやすくて身近な「キャベツ」は、新年会続きでちょっとお疲れ気味の胃腸をいたわるのにピッタリのお野菜。もちろん美容にも◎です!この季節にぜひ食べたいキャベツのインナービューティーパワーと、おいし…

ランチ パスタ

東京に展開している「BIODYNAMIE(ビオディナミ)」というレストランでは、ランチタイムにほかでは味わえない風味豊かなモチモチ熟成生パスタを楽しむことができます。そのパスタに生ハム乗せ放題という、魅力的な…

zuenmei

食べること、アジア旅行が大好きです。料理も大好き❗️ 旅で食べたも...

ページTOPに戻る