ローディング中

Loading...

「じゃがいもは野菜じゃない」と言われたら疑問を感じませんか?一体じゃがいもの何が、野菜に分類されない要因になっているか気になりますよね。今回は、そんなじゃがいもは何なのかという永遠の謎にせまります。

じゃがいもって野菜?

突然ですが、みなさん。じゃがいもって、野菜なのでしょうか?自信をもって「野菜です」もしくは「野菜ではありません」と答えることができますか?
「じゃがいも 野菜」でネット検索すると、「じゃがいもは野菜なのでしょうか。穀物ではないのでしょうか。」という質問があるほど。意外と悩む人が多いのかも知れません。自信をもって答えられない人が思いのほかたくさんいるようです。
ではなぜみなさんに「じゃがいもは野菜なのか?」という疑問が生じるのか、その由来についてまとめていきます。

そもそもじゃがいもとは

ナス科の多年草で南アメリカのアンデス地方の高地を原産とし、昔から重要な食糧とされてきたトウモロコシとともに長い間インカ文明を支えてきた食品です。スペイン人によってヨーロッパに紹介され、現在では世界各地で栽培されているものなのです。
とあります。ナス科、草、というキーワードを見落とさなかったあなた!安心してください。ナス科の草ということは、じゃがいもは一応お野菜の一種でもあるといえるでしょう。日本の農産物の分類においても、野菜とされているようです。ここまでの情報では、今まで自分たちが考えていた【じゃがいもは野菜】で間違いないでしょう。
しかし!食品として分類するのであれば、じゃがいもはイモ類で、穀物ではなく、【穀物に準ずる主食となる農産物】になるというのです。おそらくみなさんを悩ませているのは、この「穀物に準ずる主食となる農産物」という分類方法でしょう。さまざまな食品の栄養成分が一挙にまとめられた「食品成分表」によると、じゃがいもは、野菜類でも、穀類でもなく、【いも及び粉類】に分類されるのです。
「農産物の分類において」はお野菜、「食品の分類において」はお野菜ではなくいもおよび粉類になるというわけです。
では、なぜ“じゃがいもはお野菜じゃない説”が生じてくるのか、考えてみましょう。

芋類は野菜じゃない?

「いもおよび粉類」に分類されるじゃがいもですが、そもそも「いもおよび粉類」とはどのようなものを指すのでしょうか。
<いも類>は、養分を貯蔵している組織で、塊茎、球茎および塊根のことをさします。野菜類に分類することもできますが、<でん粉・でん粉製品>ともされています。
簡単に言うと、一般的に知られている「野菜」と比較して、じゃがいもは糖質を多く含んでいるということ。お米を食べる文化のある日本ではあまり親しみがないかもしれませんが、海外などに行くと、じゃがいもで作られたマッシュポテトが糖質摂取源の主食として食卓にあがることも多いのです。

でんぷんとも言われる

また、じゃがいもは加工されて、「でんぷん」になることもあります。でんぷんはみなさんご存じのとおり【片栗粉】のことです。片栗粉は本来、カタクリという植物のでんぷんを粉にしたものでしたが、現在売られている片栗粉のほとんどはじゃがいものでんぷんといわれています。
このようないろいろな条件のため、じゃがいもは野菜ではなく、「いもおよび粉類」という独立した分類に属するというわけなのです。こんな風に聞くと、曖昧になっていた部分がすっきりしませんか?

野菜の定義とは

じゃがいもがなんなのかについての疑問が晴れたら、次に生じてくるのは「じゃあもう野菜って何なんだ!」という気持ち。ちょっと迷走し始めているのではないでしょうか。野菜の定義とは「一般には食用の草本植物」のことです。
野菜の明確な定義付けは難しいとされています。例えば、イチゴ、スイカ、メロンに関して、パッと思い浮かぶ分類は「果物」だと思います。ですが、この分類方法は青果市場等で使われる分類方法であり、農林水産省の「野菜生産出荷統計」では、「果実的野菜」に分類されるそうです。スーパーでは、野菜として売られているようなのでなかなか気づけませんが、あくまで市場での判断基準であって、農林水産省の基準からはずれているみたいですね。

じゃあ穀物と野菜の違いは?

じゃあ穀物っていったい何なんだ!と感じている人もいると思いますので、穀物に関しても定義づけをしっかりしておきましょう。穀物は、「種子の部分を食べるもの」であり、高カロリーでヒトの生命活動を維持するうえで欠かせないものです。
種子の部分を食べるものとして私たちが穀物に分類しやすいのは、米、トウモロコシ、小麦、キビ、アワなどではないでしょうか。「種子の部分を食べるもの」に、じゃがいもは当てはまりませんので、食品成分に焦点を当てたじゃがいもはやはり野菜でもなく、穀類でもなく、「いもおよび粉類」であるとわかりますね。

難しすぎる……じゃがいもの謎

今回は、なぞなぞのような内容でしたが、いかがでしたか?野菜に分類されると思っていたじゃがいもは食品成分的には野菜ではありません。しかし、自分の中では、もう野菜として定着しているという人も多いはず。身近な食材がこんなにも複雑な見方をされていたなんて、ちょっと意外でしたね。にしても、定義や分類とは、ときにひとつのものを難しいものにしてしまうようです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ レシピ フルーツ おやつ

スイーツの新星と呼ばれる「ガトーインビジブル」はご存知ですか?フルーツたっぷりでしっとりとした食感、そして断面がとっても美しいスイーツなんですって。今回は基本のレシピからSNS映えしそうなアレンジまで、ガトー…

カリフラワー ピクルス おつまみ まとめ

カリフラワーが苦手だという人のために……カリフラワー好きにはどうしても知ってほしいレシピがあります。それはカリフラワーのピクルス。あのふにゃっとした歯触りが苦手な人でも、ピクルスに…

じゃがいも

発売約1週間で一部の販売が一時休止と決まった「コイケヤプライドポテト」。先行販売(2017年2月6日〜)からずっと話題になっていましたが、売れ行きはそれ以上だった模様。ウワサのおいしさとはどのようなものか、実…

ラーメン ドリンク

一風堂ルミネエスト新宿店では期間限定で2種のオリジナルスムージーが新発売!さらに1週間限定でラーメンを食べた人は安くなるキャンペーンを開催♩野菜不足の方必見!ぜひこの機会にラーメンと一緒にスムージーを楽しんで…

一年中手に入りやすい身近な野菜の人参、賞味期限ってどのくらいだかご存じですか?大きすぎて使い切れなかったり、たくさんあっていつの間にか腐らせてしまったり‥そんな経験はもうしたくない!今回は人参の賞味期限や長持…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲減退カラーと言えば青です。赤やオレンジなどの暖色系の食べ物に比べ、青や紫など寒色系の食べ物が食卓に上がることはあんまりありませんよね。そこで今回は、普段あまり目にすることが少ない青い食べ物をご紹介します(…

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

ホットドリンク

紅茶ブランド「リプトン」から、紅茶にドライフルーツ、ハーブやスパイスを入れた新たなスタイルの提案「グッドインティー」が登場しました!今回は、早くも注目を集めているこのアレンジティーの魅力をお伝えします。

おしゃれ

ひとつひとつ丁寧に手づくりされた陶器。今回はSNSで絶大な人気を誇り、ウェブショップで売り切れ続出の益子焼「よしざわ窯」をご紹介いたします。北欧風のモチーフや、やさしくやわらかな色合いのよしざわ窯は、食卓を温…

おつまみ

揚げるときれいな紫色になるなす。くたくたっと柔らかくなったなすに、生姜香る煮汁を吸わせると、つまみに最高な煮浸しの出来上がりです!今回は少量の油で、揚げないのにジューシーな「なすの煮浸し」が作れるレシピをご紹…

DIET_SPO_k

運動好きのアクティブ管理栄養士。 食べること、動くこと、楽しいこと...