ローディング中

Loading...

子どものころに小銭を握りしめて行った駄菓子屋さん。大人になった今、あの頃の思い出とともにまた味わってみたいと思いませんか?安価でバラエティーに富んだ駄菓子は、大人でも楽しめますよ!今回は、そんな懐かしい駄菓子をご紹介します。

いま、もう一度駄菓子を味わってみる?

皆さんは、「駄菓子」というと何を思い浮かべますか?
今では少なくなりましたが、近所に駄菓子屋さんがあった方は、子どもの頃に小銭を握りしめて買いに行ったことや、遠足に持っていくおやつを真剣になって考えたことなどを思い出されるかもしれませんね。

デパ地下スイーツなど、おしゃれなお菓子が溢れている現代だからこそ、素朴な味わいの駄菓子は却って新鮮ですよ。久しぶりに、懐かしい味わいを楽しんでみてはいかがですか?

駄菓子の発祥は、江戸時代まで遡ります

駄菓子のなかには、見た目も味も素朴な、いわゆる昔ながらのお菓子もありますよね。祖父母の世代には、すでに親しまれてきたこれらの駄菓子たち。一体いつ頃から存在しているのでしょうか。

実は、駄菓子の発祥は江戸時代にまで遡ります。「上菓子」という高級菓子と対称的な意味で名づけられた「駄菓子」は、原料に黒砂糖やザラメなどが使われ、上菓子に使われる砂糖とは区別されていました。駄菓子に黒糖を使ったものが多いのも、そういった理由がありそうですね。

懐かしい駄菓子コレクション20選

駄菓子は子どもの頃以来食べていない、という方もいることでしょう。しかし今食べてみると、また新たな発見があるかもしれませんよ!現在ではスーパーやコンビニなどでも手軽に手に入るので、味わってみてはいかがですか?

そんな、あの頃を思い出しながら食べたい、昔懐かしい駄菓子をまとめてみました。気になるお菓子がありましたら、ぜひ購入リンクからチェックしてみてくださいね!

1、うまい棒

うまい棒やさいサラダ味

Photo by soleil

1本10円という安さと、バラエティに富んだ味わいで昔から人気の駄菓子。

1979(昭和54)年の発売当初は、ソース味・サラミ味・カレー味の3種類のみでしたが、現在は常時16種類程度あり、製法にこだわった「プレミアム」と名のつくものもあります。

皆さんのお気に入りは何味ですか?

スナックなのに「サラダ味」って?

うまい棒のパッケージを開けたところ

Photo by soleil

この「やさいサラダ味」は、濃い塩味とにんにくの風味が後をひく美味しさです。「サラダ味」は、おせんべいなど他にも見られますが、サラダとは関係のない「サラダ油」という意味だそう。しかし原材料を見ると、キャベツエキスパウダーやパセリも入っていて、野菜サラダを意識しているようですね♩

ちなみに元々は、1980(昭和55)年に発売された「ヤサイ」味でしたが、当時の「ヤサイ」味は野菜ジュースの味だったそうで、今とは異なる味わいでした。

2、あたり前田のクラッカー

あたり前田のクラッカー

Photo by soleil

1918年(大正7年)創業の前田製菓より発売されている、ロングセラーのクラッカーです。

「あたり前田のクラッカー」というフレーズを、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。これは、1960年代に有名になったテレビCMでのフレーズで、これをきっかけに飛躍的に売り上げが伸びたのだそう。

また、この画像の商品の他に、大きめの「ランチクラッカー」も長年親しまれています。戦後の粉食普及に相まって、甘くないクラッカーが親しまれていったことが想像できます。

気になるカロリーは?

「あたり前田のクラッカー」のパッケージ裏

Photo by soleil

これは一番小さな25g入り小袋で、価格は30円前後。カロリーはひと袋で129kcalとやや高い印象ですが、ひとつひとつは小さいので、満足感はありますね。

ひとくちサイズのかわいいクラッカー♩

器に盛られた「あたり前田のクラッカー」

Photo by soleil

小さめサイズに「M」の文字がかわいいクラッカーは、ほんのり塩気のきいたあっさり味。甘くないので、おつまみとしても合いそうです。

3、餅太郎

餅太郎

Photo by soleil

現在、杵と臼で餅つきをする家庭はどのくらいなのでしょうか。そんなレトロなパッケージが印象的な「餅太郎」。

しかしもち米は入っておらず、小麦粉から作られています。昔から親しまれており、ひと袋10円という値段も嬉しいところですよね。

ピーナッツはたったひと粒!?

器に移された「餅太郎」

Photo by soleil

中身はこのような感じです。パッケージの裏側に「たまにピーナッツが入っていないことがあります」と記載されていますが、今回はひと粒入っていました。ピーナッツ好きには、もう少したくさん入ってほしい気分ですね。塩味がきいていて、ビールのおつまみにもぴったりです。

4、都こんぶ

都こんぶ

Photo by soleil

赤い箱のレトロなパッケージが目を引く「都こんぶ」。 その原型は、1931(昭和6)年に販売された、昆布を黒蜜入りの酢に漬けたものでした。原料には、やわらかく、酢こんぶに適している北海道産の真こんぶが使われており、昆布の最高級品ともいわれています。

低カロリーおやつの定番です!

「都こんぶ」の中身

Photo by soleil

表面にまぶされている白い粉は、“魔法の粉”とも呼ばれている秘伝中の秘伝だそう。さっぱりとした酸味は、疲れた時のおやつにもぴったり。カロリーが低いので、ダイエット中でも安心して食べられるのもうれしいポイントですね。

5、ヤングドーナツ

ヤングドーナツ

Photo by soleil

食べごたえのあまり無い駄菓子のなかで、ボリュームがあるものといえば「ヤングドーナツ」ではないでしょうか。この4個入りヤングドーナツが発売されたのは、1989(平成元)年のこと。意外と新しい気もしますが、もう30年近くも親しまれているのですね。

製造は昭和25年創業の宮田製菓で、当初はキャラメルを製造販売していました。ドーナツの製造を開始したのは、昭和40年代に入ってから。その後試行錯誤を経て、子どもが食べやすいよう、そして自分のお小遣いでも買えるよう、小さくかわいいヤングドーナツが誕生したのだとか。

かわいいミニサイズ♩

ヤングドーナツの中身

Photo by soleil

表面に砂糖がまぶされており、しっかりとした甘さ。そして水分が少なく固めの食感です。加えて油っこい味わいなので、飲み物は必須ですね!食べごたえもあり美味しいです。

6、チョコバット

チョコバット

Photo by soleil

1964(昭和39)年発売のロングセラー。ちなみに画像のものは、当たりの景品がグレードアップした「チョコバットエース」です。こういった当たりつきのお菓子も、昔ながらの駄菓子ならでは。せっかく当たりが出ても、馴染みのないお店では少し抵抗があるかもしれませんよね。

駄菓子屋さんがたくさんあった時代は、あちこちで嬉々として当たりくじを持っていく子ども達が見られたことでしょう。

おなじみのシンプルな美味しさ

「チョコバット」の中身

Photo by soleil

棒状のパンに、チョコレートがコーティングされています。このチョコはあまりコクがなく、イメージとしてはココアの粉を水で溶いたような感じであり、まさに駄菓子の味わい。この独特の味わいが、駄菓子好きにはたまりませんね。

また、パン生地も軽く、独自の食感。しかしそんなチープな味わいが、駄菓子らしくていいのです。

7、麩菓子

麩菓子

Photo by soleil

昔ながらの駄菓子の代表ともいえる麩菓子。なんと、江戸時代からすでに麩を使ったお菓子が存在していたそう。しかしこの頃の麩菓子は、現在のイメージとは異なるもので、一般的にイメージする棒状の黒糖味の麩菓子は、昭和期から親しまれているものです。

断面はどうなってる?

麩菓子の断面

Photo by soleil

見た目も味わいも大変素朴な麩菓子ですが、表面部分と中身の味や食感の違いを楽しめ、思わずハマる美味しさです。日本茶と一緒に、ゆっくり味わいたい駄菓子ですね。

8、くろ棒

くろ棒

Photo by soleil

あまり馴染みのない方も多いと思いますが、この「くろ棒」は、主に九州地方で作られてきた焼菓子の一種です。黒砂糖の代わりに白砂糖使ったものは「白棒(しろぼう)」と呼ばれるそうですが、駄菓子としてはやはり「くろ棒」がしっくりきますね。「下町のブラウンケーキ」というキャッチフレーズもユニークです。

中までしっとり、これぞ下町のブラウンケーキ!

「くろ棒」の断面

Photo by soleil

黒糖の独特の甘さがあり、その点は麩菓子に似ている感じもしますが、より食感が全体的に柔らかく、黒糖の甘さが中まで染みこんでいます。表面は黒糖でコーティングされているため甘く少々かためですが、中は柔らかい食感。「下町のブラウンケーキ」というフレーズがぴったりのお菓子です。

9、きなこ棒

きなこ棒

Photo by soleil

昔ながらの駄菓子であるきなこ棒。1袋3本入りで、価格は30円程度です。

みんな大好きな懐かしの味わいです

「きなこ棒」の中身

Photo by soleil

きなこの香ばしい風味と、優しい甘さがあいまった味わいは、子どもからお年寄りまで年代を問わず親しまれているもの。また、栄養価も高いので、体にやさしいお菓子としても重宝です。

10、花串カステラ

花串カステラ

Photo by soleil

長い串にカステラが4つ刺さっている「花串カステラ」。その誕生は、大正時代にまで遡ります。花に似た型に生地を落として焼く製法が、花串カステラといういわれだそう。当時としては、ハイカラなお菓子だったのではないでしょうか。

上品なおいしさ♩

「花串カステラ」の中身

Photo by soleil

柔らかく甘いカステラですが、まわりに砂糖がまぶされていてジャリっという食感も楽しめます。黒糖を使った駄菓子が多い中、この花串カステラはどことなく上品な味わいです。串に刺さっているので、手を汚さずに食べられるのもいいですね。

11、麦チョコ

麦チョコ

Photo by soleil

大麦のポン菓子をチョコレートでコーティングした麦チョコ。誕生は1972(昭和47)年と、40年以上の歴史があります。

チョコレート系のお菓子は、駄菓子としては高価な部類に入りますが、この麦チョコは安価ということもあり、当初から人気を博したのだそう。駄菓子としては30円の小袋入りが一般的ですが、スーパーやコンビニなどでは大容量のものも見られますよね。

香ばしくサクサクしていてとても美味しい麦チョコ。大人が食べても美味しい駄菓子のひとつです。

12、トンガリ菓子

トンガリ菓子

Photo by soleil

そのネーミングとは裏腹に、ふんわりとした雰囲気を醸し出している「トンガリ菓子」。小さいアイスクリーム コーンの形をしたモナカの中に、ソフトクリームに見立てた白い砂糖菓子を入れたものです。ひと袋30円程度。

レトロかわいいお菓子です

「トンガリ菓子」の中身

Photo by soleil

ピンク、黄色、緑のパステルカラーのコーンがかわいいですね。しかし、コーンはサクッというより、すこししっとりとした感じ。対して砂糖菓子はスッと溶け、面白い食感の違いを楽しめます。これぞ懐かしの駄菓子という感じです。

13、チョコまん

チョコまん

Photo by soleil

お饅頭のように見えることから、この名前がついたのでしょうか?このようなチョコ系の駄菓子は特に人気で、遠足のおやつには、必ずこの「チョコまん」を持って行った、という方も多いのではないでしょうか。1個10円~20円程度なので、大人買いにもいいですね♩

ふんわりマシュマロとなめらかチョコクリーム♩

チョコまん

Photo by soleil

ふんわり柔らかいマシュマロに、チョコクリームが入っています。なめらかなチョコクリームとマシュマロという相性抜群の組み合わせが、いつの時代も受け入れられているのですね。冷やしても、また違った味わいを楽しめますよ。

14、モロッコヨーグル

モロッコヨーグル

Photo by soleil

1961(昭和36)年発売の「モロッコヨーグル」。製造元のサンヨー製菓が、主力商品であるチョコレート菓子が売れない夏に向けて、酸味の利いたヨーグルト風味の駄菓子を新たな主力にしようと開発したものです。

「モロッコヨーグル」というネーミングは、地中海沿岸はヨーグルトで有名なことから、地中海に少しかかっているモロッコを採用しているのだとか。しかし、原材料に乳製品は使われておらず、グラニュー糖とショートニングを混ぜ合わせたものに、香料や酸味料を加えてヨーグルトの風味を出して作られています。

かわいいミニチュアサイズです

「モロッコヨーグル」の中身

Photo by soleil

小さな容器に、これまた小さなスプーンで食べる、おままごとのようなお菓子です。

味わいは、ヨーグルトの風味と若干の酸味を感じて爽やかですが、舌触りはザラザラした感じ。美味しいのですが、そんなにたくさんは食べられないといった印象です。そのこともあり、こんなに可愛いサイズの容器なのでしょう。

15、飴

飴

Photo by soleil

水あめ、べっこうあめ、ねり飴、黒飴、ドロップなどなど……飴菓子は本当に様々な種類があります。また、でんぷんや麦芽などで作られた昔ながらの飴も、変わらず親しまれているものですよね。シンプルなようでとっても奥深い「飴」。

ちなみに画像のような飴は、ご存じ「金太郎飴」の一種。正式な名称は「組み飴」というそう。カラフルでかわいい飴は、おいしさだけでなく見た目にも楽しめますよね!

16、ラムネ

ラムネ

Photo by soleil

口にした時の清涼感が、炭酸飲料のレモネードに似ているところから、その名がついた「ラムネ」。

飲み物のラムネを先に連想する方も多いことと思いますが、実際、飲み物のラムネの方が先に流通し、お菓子のラムネは「固形ラムネ」「ビンズラムネ」という名前で区別して売られていたのだそう。カラフルなセロファンに包まれていることが多く、より懐かしい雰囲気を感じますね。

少し大きめのラムネ。どんな味わい?

ラムネの中身

Photo by soleil

画像のラムネは「東京ニコニコラムネ製菓本舗」のもので、原料に重曹が使われている昔ながらの味わい。また、他では珍しい加糖練乳も含まれており、想像しているラムネとは少し異なった味わいです。

口に入れるとスッと溶け、清涼感を感じるラムネが多い中、このラムネは長く楽しめるラムネでした。色々な種類を食べ比べるのもいいですね。

17、蒲焼さん太郎

蒲焼さん太郎

Photo by soleil

魚肉のすり身に小麦粉やイカ粉を混ぜ、圧縮して焼き固められた駄菓子。1枚10円程度で、スーパーやコンビニなどでもよく見かけますよね。

パッケージの美味しそうなうなぎの蒲焼写真が目を引きますが、もちろん原料には使われておらず、その食感も、蒲焼とは似つかないもの。しかし、その味わいはピリ辛で味が濃く、大人も楽しめる美味しさです。おつまみにもおすすめ。

18、ミルキー

ミルキー

Photo by soleil

「ママの味」でおなじみのミルキー。その発売は1951(昭和26)年と、65年もの間人々に愛され続けているものです。

1951年といえば、まだまだ食糧事情の厳しい時代。甘いお菓子などはあまり豊富でなかったでしょう。そんな時代に誕生したミルキーは、とても贅沢なお菓子だったのです。それもそのはず、当時は砂糖が大変高価だったことに加え、乳製品も大変貴重なものでした。
http://macaro-ni.jp/37125

Photo by soleil

「牛乳そのままの味を生かした」というイメージから名付けられ、あめ菓子では今もなお独自の路線で人気を博しているミルキーですが、そのような背景があったのですね。きっとこれからも受け継がれていくことでしょう。

19、きびだんご

きびだんご

Photo by soleil

岡山名物のきびだんごとは異なる、駄菓子のきびだんごです。キビは入っておらず、細長い板状の餅がオブラートでくるまれているのが特徴。1923(大正12)年に考案されたロングセラー商品です。

優しい甘さで素朴な味わい。「きなこ棒」を固めたような感じですが、餅粉が入っているので、モチモチした食感も楽しめます。

20、花丸せんべい

花丸せんべい

Photo by soleil

ソースせんべいの一種である「花丸せんべい」。花丸本舗が1948(昭和23)年に考案したもので、原料に脱脂粉乳を混ぜたこのせんべいは、戦後の食糧難の時代に栄養豊富なお菓子として好評を得ました。

昭和の風物詩である街頭紙芝居に付き物の駄菓子としても定番で、当時は紙芝居師が、せんべい1枚1枚にソースを塗って子供たちに売っていたそう。

昭和40年代頃には「縁日の定番」として、スモモや杏あめなどとともに縁日でよく売られるようになりました。現在ではこのような大袋入りが主流となりましたが、今でも変わらず親しまれています。

驚きの薄さ!ほんのりミルク味のおせんべいです

「花丸せんべい」の中身

Photo by soleil

1枚1枚が大変薄く、軽い食感とほんのりした甘さを感じます。そのまま食べても美味しいですが、あっさりした味なので、ソースやジャム、黒蜜、水飴などを塗って食べることが多く、それらの塗りものとセットにして売られているものが主流のようです。

色んなアレンジを試してみてくださいね!

ソースを塗った「花丸せんべい」

Photo by soleil

この「花丸せんべい」には、ソース、梅ジャム、黒蜜がついていましたが、どれも懐かしい素朴な味わい。淡泊なせんべいとよく合って美味しいです。

懐かしさを存分に味わえる「駄菓子バー」

「駄菓子バー」をご存知ですか?駄菓子とバーなんて、何だか不思議な組み合わせですよね。しかし近年ひそかなブームとなっているんですよ♩

今回、駄菓子を改めて食べてみたことで、おつまみにぴったりだな~と思うものがいくつもあったので、このようなお店は大変興味深いです!店内はレトロな空間で、その雰囲気も含めて楽しめそうですね。

駄菓子が食べ放題!

この駄菓子バーの特長は、なんと駄菓子が食べ放題だということ。お小遣い片手に何を買おうか悩んだ子ども時代を考えると、夢のようなシステムですね。扱っている駄菓子は、100種類を超えるのだそう。定番の人気駄菓子はだいたい揃っていますので、きっとお気に入りだった駄菓子に出会えますよ。

「駄菓子バー」の店舗はこちら

この駄菓子バー。2016年11月29日現在は、都内(恵比寿、人形町、池袋、渋谷)に4か所、神奈川県(川崎)に1か所あります。これからの忘年会シーズンにも、ユニークな忘年会として盛り上がれそうですね!

詳しくは公式サイトをご覧ください▼

懐かしい駄菓子はいかがでしたか?

様々な駄菓子を紹介しましたが、皆さんにとっての思い出の駄菓子はありましたか?

当時を知る人には懐かしく、今の子ども達には逆に新鮮な駄菓子。年代をこえた共通の話題として楽しめるものですよね。また、見た目も味わいもレトロな駄菓子は、何だかノスタルジックな気持ちにもさせてくれます。

子どもの頃を思い出して、もう一度味わってみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

恵比寿 デート 個室 まとめ

寒い冬に食べたいものといったら、なんといってもあったか~いお鍋!女子会や大切な人とのデートでお鍋を囲むなら、周りに気兼ねしないでゆっくり時間を過ごしたいものですね。今回は、個室でお鍋が楽しめる恵比寿のおすすめ…

上野 イタリアン パスタ ピザ まとめ

意外にイタリアンのお店が多い、上野エリア。ランチにぴったりなお店から、お酒好きにたまらないバルまで、バラエティ豊かな人気店が軒を連ねています。今回はそんな上野のおすすめイタリアンをご紹介。上野の街をちょっとオ…

餃子 まとめ

今や博多名物として欠かせない餃子!博多駅周辺には、多くの餃子店が集まっています。博多の餃子は、小ぶりのひとくち餃子であることが特徴。パクパク食べられる気軽さも、人気の理由なのでしょう。そんな博多で、餃子をいた…

じゃがいも まとめ

洋食、特にお肉料理の付け合わせとして出てくることの多いマッシュポテト。自宅で作るときは人数分より多めに作ることが多い料理です。もし余ってしまったら、思いつくのが冷凍保存。ですが、冷凍するときにがいくつかのコツ…

とんかつ 東京 まとめ

東京にはおいしいとんかつ屋さんがたくさんあります。コスパ抜群のお店から本当においしいお肉が堪能できるお店まで、今回はおすすめのとんかつ屋さんをエリア別に紹介したいと思います。どこも魅力的で、行きたくなること間…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食べ歩き 秋葉原 ケバブ まとめ

萌えと電気の街、秋葉原。電化製品が安かったり、物色してるだけで色々と楽しめる街ですが、実は食べ歩きするのにも楽しい街なんです!今回はそんな秋葉原の食べ歩きグルメをまとめてご紹介!

鎌倉 まとめ

海街diary(うみまちダイアリー)に登場するお店のモデルになったお店などを紹介します。鎌倉観光やお土産にもぴったりですよ。聖地巡礼するのに役立ててみてくださいね。ランチ、デート、観光に☆

羽田空港 お土産 スイーツ 東京 まとめ

羽田空港には、選びきれないほど多くのお土産があります。でも、空港にいる時間はわずか……。そんなときにおすすめしたい、喜ばれること間違いなしのお土産をまとめてみました!旅行や帰省のと…

日本酒 まとめ

新年と言えば、初詣にお節、お雑煮、そして欠かせないのがお酒ですよね。しかもお正月は日本酒を飲む機会もなぜか増える。その中でも日本酒には縁起の良い名前のお酒があるのをご存知ですか?是非とも年明けから運気を呼びこ…

フルーツ スイーツ まとめ

おいしくキレイになる…なんて甘い響きなのでしょう!今回は、女子なら誰しもが一度は望む欲ばりな願いを叶える、美容に◎なスイーツをランキング形式でご紹介しちゃいます♪美容のプロ厳選のスイーツばかりで…

まとめ

コロンとした形が可愛い角砂糖に、可愛いデザインを施した「デザインシュガー」がいつものティータイムをオシャレにしてくれます☆ いつもはスティックタイプな方も、お砂糖が溶けるまでのゆっくりしたテータイムはいかがで…

日本酒 ゼリー まとめ

さわやかなおいしさをフルーティーな日本酒の香りが楽しめる日本酒ゼリーは大人のためのデザート。なかにはアルコールが低いものもあるので、お酒が苦手でも楽しめるそうです!お取り寄せできる「日本酒ゼリー」をまとめまし…

トースト まとめ レシピ

instagramなどで話題を集めている「お花トースト」。トーストの上にお花を咲かせるというアイデアは、見た目も可愛らしく、朝から明るい気持ちになります。ここでは、そんな素敵なアイデアトースト、「お花トースト…

居酒屋 カクテル メイソンジャー まとめ

「居酒家 土間土間」で2015年5/19日(火)から、アメリカ発祥の保存容器を利用したドリンク「Jarカクテル」が新登場!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

ほっと一息つきたいときに飲みたくなるスターバックスのコーヒー。そんな癒しに満ちたあの味、家庭でも味わえるってご存知ですか?今回は、多彩にそろったスターバックスの家庭用コーヒーをみんながどんな風に楽しんでいるの…

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

大阪 カフェ スイーツ 専門店

大阪の箕面市のカフェ「ネストイズ(nest is)」は日本で唯一というツバメの巣専門店。ツバメの巣のデザートを楽しめるおしゃれなカフェという斬新なスタイルなんです。季節に合わせた限定デザートも登場します♪

池袋 レストラン まとめ

お洒落なお店からあっと驚くお店まで多種多様なレストランがひしめく池袋。この記事ではそんなレストラン激戦区の池袋で今話題のお店を7つご紹介します。新しい発見を求めて美味しいディナーに出掛けてみませんか?

soleil

レトロでかわいい食べ物が大好きです♪ パンケーキよりもホットケーキ...