ローディング中

Loading...

クッパを食べたことがありますか?焼肉屋さんで見かけることはよくあるかもしれませんが、お家ではなかなか作りませんよね。でも実は、クッパはいろいろなアレンジが可能な料理だったのです。今回は、そんなクッパの人気レシピをまとめてご紹介!

焼肉食べるならお供にクッパ

クッパをご存じですか?焼肉屋さんでよく見かける料理かと思います。
クッパは簡単に言うと、スープかけご飯のことです。クッパは辛いものを想像しがちですが、卵スープをかけたご飯なども全てを称してクッパと言います。焼肉屋さんの〆で食べると、本当においしいですよね。

今回は、そんなクッパについて、そして基本的な作り方や、アレンジレシピも紹介したいと思います。

カルビクッパとは?

クッパの中でも代表的なのが、カルビクッパです。カルビクッパとは、朝鮮料理のひとつで、名前の通りカルビを具に用いたクッパになります。スープは、辛めのものが多いです。だから「クッパ」と聞くと、辛いスープを想像する方が多いのですね。

クッパの基本的な作り方

材料

水 …… 適量
鶏ガラスープの素 …… 大さじ1
コチュジャン …… 適量
味噌 …… 小さじ1
みりん …… 小さじ1
砂糖 …… 小さじ2分の1
醤油 …… 小さじ2
唐辛子粉末 …… 適量
ご飯 …… お茶碗1杯分
ニラ、もやし(野菜はアレンジ可)…… 適量

1.スープ作り

野菜、ご飯以外の調味料を全て入れて、沸騰させます。火の通りにくい野菜があれば一緒にいれるか、電子レンジでチンして火を通りやすくさせましょう。

2.具材を入れる

沸騰したら弱火にして、具材を入れます。ここで辛いのが好きな方は、唐辛子を様子を見ながらプラスしてください。ご飯も入れます。ご飯に味が染み込みすぎるのが苦手な方は、直前に入れてもOKです。

3.完成

具材に火が通り、ご飯に味が染み込んだら完成です。とっても簡単で、たくさんの野菜がお好みで摂取できるのでおすすめですよ。

クッパのアレンジレシピ12選!

1.ウインナーのクッパ

ウインナーをメインに作ったクッパになります。ウインナーは元々脂身がたっぷりなので、あらかじめ油を使わずに一度焼いたほうが、スープとより馴染んでくれますよ。ピリ辛がクセになるおいしさです。

2.餅入りクッパ

ご飯が合うなら、お餅が合わないわけがありません。お餅の方が食べ応えもあり、満腹感も得ることができます。ラー油をお好みで調整して入れてみてください。ますますコクが出て、お餅とよく絡みます。

3.生姜キムチ卵クッパ

キムチなどの辛いものはもちろん体が温まりますが、生姜を入れることによって、芯から温まることができます。辛さの中にも卵を入れているので、まろやかな部分もあるのが嬉しいです。

4.シーフードクッパ

食べすぎた次の日にもおすすめのクッパ。シーフードの具材がたっぷり入っているので、出汁が本当においしいです。お好みのシーフード、野菜を入れることができるので、ご飯は少量でも十分満腹感を得ることができます。

5.ワカメスープでキムチクッパ

クッパは辛さがメインとなっているレシピが多いですが、このレシピはキムチの辛さをアクセントにしています。なので、辛すぎるのが少し苦手だという方には、とてもおすすめのクッパになります。

6.辛くない野菜のクッパ

食欲がないとき、体に優しいものを食べたいときは、この辛くないクッパをおすすめします。野菜もたっぷりとることができるので、野菜不足解消にも向いています。とても優しい味です。

7.玄米と手羽先の鶏クッパ

鶏の手羽先をじっくり煮込んでいるので、スープに旨みがたっぷりです。そのスープに、塩であっさりとした味に仕上げます。とても食べやすくて、玄米との相性も抜群です。体を芯から温めてくれそうですね。

8.納豆キムチクッパ

キムチ、納豆、味噌の発酵食品を使っているので、お腹もイキイキするレシピになります。納豆のねばねばはさほど気にならなく、ぬめり感が普通のクッパにはなかなかない、まろやかな舌触りです。

9.牛肉入り茶巾卵の豆乳クッパ

牛肉入りの茶巾卵を崩しながら食べる、新しいタイプのレシピになります。豆乳が入っているので、とてもまろやかな仕上がり。女性を中心に、人気のあるレシピになります。色味も、クッパにはなかなかない色です。

10.チャーハンで冷やしあっさりクッパ

温かいものばかりが、クッパではありません。冷やしクッパも、あっさりしていておすすめです。チャーハンなので、あらかじめご飯に味がついているのがいいですね。カリカリ梅で味のアクセントも。

11.味噌汁で簡単クッパ

たまに、少しだけお味噌汁が残ったりしませんか?そんなときは、次の日にクッパに変身させちゃいましょう。具材も増やすことができるので、それぞれのアレンジが可能です。ぜひ、試してみてくださいね。

12.肉じゃがリメイクユッケジャンクッパ

日本食代表の肉じゃがが、韓国料理代表のユッケジャンクッパに変身します。肉じゃがのゴロゴロとした具材は、食べ応え抜群です。味見しながら味付けすれば失敗することもなく、とても本格的な仕上がりになりますよ。

いろんなクッパが食べたい!

いかがでしたでしょうか。
クッパは赤くて辛いもの、焼肉屋さんで食べるものというイメージが強いかと思いますが、この記事を読んでわかる通り、そんなことはありません。いろいろアレンジがきき、老若男女がおいしくいただける料理だったのです。野菜もたくさん摂取できるので、野菜不足解消にも向いている料理です。

ぜひ、いろいろなクッパを作ってみてくださいね。そしてお気に入りクッパを見つけてみてください。ハマること間違いなしですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

豆腐 レシピ まとめ

ほっと温まるスープに「豆腐」を入れてみませんか?そのたんぱくな味ゆえに、中華風のわかめスープや、洋風のポタージュにも使える食品なんです!今回は、豆腐スープを和洋中の味付け別に20選紹介します。味噌汁とは違う使…

レシピ まとめ

ジューシーな味わいで人気のロールキャベツ。ロールキャベツの日の献立はどうしていますか?パンやご飯をつけ合わせるだけでもよいのですが、副菜をプラスしてバランスよく立てたいもの。きっと役立つロールキャベツにおすす…

レシピ 和食 まとめ

味噌汁を毎日食べるという人は、どうしても具材に困ってしまいますよね。そこでおすすめなのが「なすの味噌汁」です。焼きなすや皮なしを使ったレシピなど20選ご紹介します。汁が黒くならない方法できれいに仕上げましょう。

福岡 ランチ ラーメン うどん もつ鍋 まとめ

多くの人で賑わう博多や天神エリアには、グルメ通をもうならせる人気店や名物屋台が点在しています。そこで今回は、福岡でおすすめの人気グルメを徹底調査。絶対に外せない水炊き、もつ鍋、辛子明太子、ラーメン、鉄板餃子な…

ブロッコリー お弁当 まとめ

お弁当にぴったりな、ブロッコリーのおかずレシピをご紹介します。電子レンジで10分以内にできる簡単レシピや、お子さんにも人気のチーズや卵を使ったものも!カラフルで華やかなブロッコリーのおかずで、お弁当を彩りまし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ アレンジレシピ まとめ

金柑はビタミンCが豊富なため、風邪の予防や美肌効果などが期待できる食材です。今回はその金柑の甘露煮をはじめとした金柑レシピをご紹介します。たくさん金柑が穫れた、頂いた、という時にぜひ挑戦してみてくださいね♪

レシピ まとめ たまご

疲労が溜まる仕事やストレスの多い生活をしている彼の食事に卵を加えてあげませんか?茹でる、煮る、焼く。卵はオールマイティに活躍できる栄養のある食材です。普段の食事に卵を一つ加えてエネルギーとパワーをアップさせま…

まとめ カレー

カレーを作る時というのはキャンプなどのアウトドアで大勢人数がいるとき、もしくは数日先までカレーと腹を決めて、大量に作るときが多いですね。しかし、悲劇が起きるのは二日目で飽きはじめたとき・・。そんなときにはこの…

レシピ おつまみ まとめ

レタスってサラダなどでそのまま食べるイメージが強いですが、実はおつまみにもピッタリなんですよ♫シャキシャキした食感は食べ応えもあって、なおかつヘルシー!今回はレタスを使ったおつまみのレシピを9個ご紹介します♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

まとめ

ダイエット中はストレスが溜まりやすいものです。空腹感がイライラを募らせたり、反動で大食いに走ったりする経験をした方も少なくないのでは?ダイエットで失敗しない為、満腹感が得られるヘルシーな食品についてまとめてみ…

カフェ 深夜営業 北海道 パンケーキ まとめ

カフェは昼間訪れるものだと思いがちですがそんな事ありませんし、なかなか昼間仕事などで行けない人だっています。そんな中深夜まで営業しているカフェが近頃増えています。すすきので飲んだあとにぜひどうですか?(笑)

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...

ページTOPに戻る