ローディング中

Loading...

高級食材にして日本三大珍味のひとつ、からすみ。お土産でいただくことが多いかもしれませんが、なかなか口にすることがないため、味や調理方法がわからないという方も多いかもしれません。そんなあなたは、ぜひこれを読んで、からすみについて知りましょう!

からすみとは?

からすみというと、確か高級食材だったよね、ということはご存知かと思いますが、ではいったいからすみって何なのでしょう?からすみとは、ボラなどの魚の卵巣を塩漬けにして、それを塩抜きした後で、天日干しにして乾燥させたものをいいます。

日本では、長崎産のボラを使ったからすみや、香川産のさわらを使ったからすみなどが有名ですね。ヨーロッパではタラやまぐろなども使われています。台湾土産にからすみをいただくこともあるのではないでしょうか。

からすみってどんな味

ねっとりとした舌触り

そんなからすみですが、いったいどんな味がするのでしょう?まず、からすみを口に入れたときの食感はどんな感じなのでしょう。ねっとりとした独特の舌触りで、固めのチーズといった感じの食感です。

チーズとうにを混ぜた味?

その味わいはというと、チーズとウニを混ぜたような味だと言う方もいますね。なんともいえないクセのある濃厚な味わいです。

その味から日本三大珍味にも

からすみは、日本三大珍味の1つにも数えられています。日本三大珍味といいうのは、うに(塩うに)・このわた(なまこの腸の塩辛)・からすみ(ボラの卵巣の塩漬け)のことをいい、からすみについては”肥前のからすみ”を指すと言われています。

からすみの食べ方

そのまま食べるのがおすすめ

からすみのいちばんおいしい食べ方はというと、薄くスライスして、そのまま食べる方法!それがいちばん簡単でおいしい食べ方でしょう。

また、オーブントースターなどで表面を炙ったり、サラダに入れたりして食べるのもいいですね。からすみの風味を存分に味わっていただきたいと思います。

薄皮をとる

からすみは、薄皮を取って食べた方が、断然口当たりが良くなり、おいしく食べられますよ。というわけで、からすみの下処理の方法を説明しておきますね。

まず、水を張ったボウルにからすみを数分浸けておいてから、指でそっと剥いていきます。薄皮が剥けたら、キッチンペーパーなどでそっと水気を吸い取ればOKです。

また、食べる分だけ先に切っておけば、水に浸けなくても切り口のところから指でくるっと剥くことができます。薄皮を取ったら、お早めにお召し上がりくださいね。

火は入れすぎず

からすみをお料理に使う場合ですが、火は入れすぎないように注意しましょう。なぜかというと、火を入れすぎるとからすみの脂がとけ出してしまい、パサパサになったり固くなったりし、おいしくなくなってしまうからです。火を入れるときは炙る程度でOKですよ。

パスタなど、お料理に使う場合は最後に入れるようにしましょう。

味わい引い立つおいしいレシピ

からすみパスタ

からすみは皮を剥いて、チーズおろしですりおろしておきます。パスタは塩を加えたお湯で茹で、フライパンにはエキストラバージンオリーブオイルとにんにく・鷹の爪を入れて弱火でゆっくりと香りを出します。

さらにパスタの茹で汁を加えてソースを作ったら、そこに茹で上がったパスタを絡めます。パスタをお皿に盛りつけたら、すりおろしておいたからすみと刻んだあさつきをトッピングし、出来上がりです。

からすみブルスケッタ

からすみの両面に軽く日本酒を振って30分以上冷蔵庫で休ませたら、からすみの表面を軽く炙って薄皮をはぎ、薄くスライスします。

それをバケットの上に乗せて胡椒、オリーブオイルをかければ出来上がりです。

エビとからすみのリゾット

オリーブオイルでエビを炒め、火が通ったら取り出しておきます。みじん切りのたまねぎとにんにくを炒め、透き通ってきたら米を加えてさらに炒めます。

スープを3~4回に分けて加えながら煮ていき、水分がなくなったところで、すりおろしたからすみ、お好みでパルメザンチーズを加え、塩、胡椒で味を調えます。最後に上にエビを乗せたら出来上がりです。

からすみ大根

からすみの定番おつまみといえばこれ!酒の肴にピッタリなからすみ大根です。大根は薄くスライスして塩をふっておきます。からすみもスライスしておきましょう。

大根を洗い水気を絞って、からすみと一緒にセットすれば出来上がりです。

郷土お菓子 からすみ

こちらはちょっと余談です。”からすみ”という名のお菓子があるんです。これは、岐阜県の中津川名物のお菓子で、実際に珍味の”からすみ”が使われているわけではありません。米粉を使って作る、もっちりとした、岐阜県東濃地方の郷土お菓子です。

鍋に砂糖と水を入れて火にかけ、沸騰してきたら米粉を少しずつ入れてよく混ぜ、混ざったら火を消します。型にぬれ布巾を敷いて生地を詰め、アルミホイルをのせて型からはずします。それを蒸し器で30分蒸し上げればできあがりです。黒糖を使ったり、生地に桜の葉やくるみを混ぜたりと、バリエーション豊かに作ることができますよ。

おいしくからすみを食べよう

というわけで、からすみについてご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?からすみというと高級食材で、とう食べたらいいのか、知らない方も多いのではないかと思います。お土産などでいただいても、よくわからないから食べないままだったりしませんでしたか?

でも、からすみはお酒のおつまみにもピッタリですし、意外に取り扱いも簡単だということがわかりましたよね。ぜひ召し上がってみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

最近の豆乳の人気はすさまじいものがありますね。 健康にも良いとされ、美味しい豆乳がどんどん市場に出ています。 普通に飲むのもよし。料理に使うもよし。 そこでキッコーマンから出ている多種多様な豆乳をまとめてみま…

「日本三大珍味は?」と聞かれて、すぐに答えられる人はどのくらいいるのでしょう。日本三大珍味ってどんな食べ物を指すの?正直、わたしは答えられませんでした。世界三大珍味なら、すぐに出てくるんですけどね。みなさんは…

レシピ パスタ おつまみ まとめ

パスタやおつまみに使われることの多い「からすみ」。でも、意外とその使い方って限定的ではないでしょうか?今回は、からすみの便利な使い方をレシピとともにご紹介します。パスタ以外の料理もあるので、ぜひレパートリーを…

まとめ

コンビニやスーパーで目にする定番の棒つきキャンディー、チュッパチャップス。よく見かけるけど、どんな味があるのか知っていますか?今回は定番からちょっと珍しい商品までご紹介!あなたの好きなフレーバー、気になるフレ…

関西

出身地の異なる友人との会話で、当たり前だと思っていた習慣の違いにびっくり!なんて経験はありませんか?食文化に関しては、特に違いが大きいようです。今回は関東と関西の気になる違いについてまとめました。明日誰かに話…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チョコレート スイーツ まとめ

バレンタイン間近!チョコやお菓子作りに、大人なチョコレートリキュールを使ってみてはいかがですか?お酒としてそのままプレゼントするのもアリ!カクテルにしてもカフェ感覚でコーヒーで割っても美味しいですよ♪今回は、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

まとめ

ミランダ・カーなどトップモデルの間で、最近「FNS」という新しいダイエットの考え方が定着しています。モデルがスタイル維持に役立てているFNS、じつは3つの簡単なコツを覚えるだけで、誰でも実践できるんです。まと…

レシピ

暑い季節が近づいてくるとミントティーのスーッとする香りが恋しくなりますよね。ミントは身近なハーブですが、その葉には体に良い成分がいっぱいです。今回は、そんなミントティーの効能やおすすめレシピをご紹介。特に便秘…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...