ローディング中

Loading...

お菓子を作ろうと思い立ったものの、自宅にないことが多いのが「コーンスターチ」。チーズケーキやカスタードクリームなどを作る際、別の材料で代用できるんです!今回は作るお菓子別に代用品をご紹介。知っておくと、いざという時役立ちますよ!

お菓子作りの定番コーンスターチ

「コーンスターチ」はお菓子を作るときに欠かせない材料のひとつ。カスタードクリームのとろみをつける役割が1番よく知られています。ほかにも、クッキーに入れて焼けば軽くてサクッとした食感のクッキーになったり、シフォンケーキに入れて焼けばより軽やかに口どけがよくなったりと、お菓子作りには何かと使う機会が多いのではないでしょうか。マシュマロやギモーヴの周りにまぶしてある白い粉も、実は粉砂糖とコーンスターチを混ぜたものなんです。

でもそんなコーンスターチ、必要なときに限っておうちにないってこともよくありますよね。買ったところで余ってしまうこともしばしば……。それなら何か別のもので代用してしまいましょう!意外と身近な材料で代用できるんですよ。今回はコーンスターチがないときに、ほかの材料で代用する方法をご紹介します。

コーンスターチとは?

コーンスターチは何からできているのか、知っていますか?そう、とうもろこしが原料です。コーンは "とうもろこし"、スターチは英語で "でんぷん" という意味なので、とうもろこしのでんぷんのことなんです。コーンスターチはお菓子作りでとろみをつけたり、さっくりとした食感を生み出したりします。

お菓子に使われるのはもちろん、西洋料理のソースやスープにとろみをつけるのにも使用されます。中華や和食ではとろみをつける場合に、じゃがいものでんぷんである片栗粉を使うのが一般的ですが、片栗粉でともみをつけるよりも、粒子の細かいコーンスターチでつける方がでさらっとなめらかに仕上がるのが特徴です。でんぷんにも原材料によって、いろいろと特徴があるんですね。

コーンスターチは代用できる

お菓子作りをしようと思い立ったとき、小麦粉や砂糖は常備していてもコーンスターチがあるご家庭はそう多くはないのではないでしょうか。

せっかく思い立ったのだからお菓子を作りたい、でもコーンスターチがなかったり、コーンスターチを買ってもそのあと使いきれない……そんなときはコーンスターチをほかのもので代用しちゃいましょう。今回は作るお菓子別にご紹介します。

コーンスターチの代用方法をご紹介

パンを作るときの代用品

チョコレートクリームが折り込まれたようなパンを作るときにも、コーンスターチを使う場合があります。でもコーンスターチがない場合は片栗粉で代用できるんですよ。折り込み用シートはカスタードクリームのようにとろみのついたクリームを炊いて、ビニールにはさんで冷まして薄いシート状にします。片栗粉はとろみづけの定番ですよね。こんなときには片栗粉で代用すればOKです。

ベイクドチーズケーキを作るときの代用品

ベイクドチーズケーキを作るときにも少量のコーンスターチを使います。少量だからできれば買い足さないで作りたい……そんなときには米粉が、コーンスターチの代わりになります。べイクドチーズケーキを作るときのコーンスターチの役割は、生地のつなぎです。片栗粉だと粘りが強すぎるので、今回はさらっとしたつなぎができる米粉がベスト。米粉がないときには、小麦粉でも代用できますよ。

カスタードクリームを作るときの代用品

1番コーンスターチが使われるのは、カスタードクリームを作るときではないでしょうか?でもコーンスターチを使わなくてもカスタードクリームが作れますよ。小麦粉が代用品として使えます。カスタードクリームを固める役目をするコーンスターチの代用には、小麦粉が最適。片栗粉だとコーンスターチよりも粉の粒子が大きいので、口当たりがザラっとしたり、そのまま加熱を続けるととろみが弱くなってしまいます。

クッキーを作るときの代用品

クッキーにもコーンスターチが使われることがあります。これは小麦粉だけでクッキーを作るより、サクッと軽い食感になるから。こんなときの代用品は米粉です。米粉のさっぱりしたグルテン(粘りのもと)が、クッキー独特のサクッとした食感をつくってくれますよ。ただし、米粉が多すぎるとつながりが悪くなってしまうので、使う量はコーンスターチと同量にしましょう。

シフォンケーキを作るときの代用品

シフォンケーキを作るときにコーンスターチを使う理由は、メレンゲの泡をしっかりと保形させるため。コーンスターチを使うレシピはごくまれですが、もしそのようなレシピでシフォンケーキを作りたい!と思ったら、思い切ってコーンスターチなしで作ってみましょう。その代わりちょっとひと工夫を。まず、ケーキを作る前に卵白を冷凍します。作るときには、卵白を半解凍の状態からハンドミキサーで泡立てます。冷凍した卵白は、泡立ちやすい状態に変化してそのまま泡立てたものよりも泡立ちやすいんです。これでコーンスターチがなくても、きめの細かいしっかりしたメレンゲができますよ。

ちょっとの工夫でお菓子作りを楽しく

いかがでしたか?
そのお菓子でコーンスターチはどんな働きをしているかわかれば、身近な材料で代用することができますね。お菓子を作りたい!と思ったときにこんな風に代用できる方法を知っていれば、すぐにお菓子が作れて便利ですよ。ちょっとの工夫でお菓子作りはもっと楽しくなります。ぜひ、試してみてくださいね。
▼その他の知っておきたい代用品はこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

具だくさんな「けんちん汁」は野菜がたくさん摂れるのが魅力。今回は、けんちん汁の基本レシピや、圧力鍋を使った時短レシピ、味付けで楽しむアレンジレシピもご紹介!おいしく作るための下ごしらえのポイントも実践編で説明…

レシピ 和菓子 まとめ

モチモチのお団子に甘じょっぱいたれが絶品の「みたらし団子」。京都の御手洗祭(みたらしまつり)で作られたのが由来と言われています。今回は、いろいろな粉で作るみたらし団子のレシピや、人気のアレンジをご紹介!昔なが…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

レシピ

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ サラダ

私がコールスローをはじめて知ったのはケンタッキーのメニューでしたが、今や日本でもすっかり定着してきましたね。そんなコールスローのアレンジレシピをご紹介します。

レシピ まとめ

キヌアは普通の精米と比較して少ない炭水化物でタンパク質が2倍、食物繊維が8倍、また10倍のカルシウムを含んでいるそうです。低GI値でもあるので、他のヘルシーな食材と組み合わせればダイエットに有効な食品なんです…

レシピ まとめ キャベツ

キャベツをたくさん使った「沼サン」が人気になりましたが、今度はキャベツをたくさん入れた「沼春巻き」が話題だそうです。そんなヘルシーな春巻きのレシピをご紹介します。キャベツには疲労回復や抗ストレス効果、美肌効果…

レシピ アイスクリーム まとめ スイーツ

アイスクリームを溶かして使うことで、簡単にスイーツが出来るって、知っていますか?ここでは、アイスクリームを溶かして使う、美味しいスイーツレシピを紹介します。あなたも意外な方法で、簡単にスイーツを作ってみましょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ

高タンパク・低脂肪でヘルシーな食材「ささみ」をレンジで上手に蒸すコツと絶品レシピを10点ご紹介します。加熱するとパサパサと固くてイマイチ……。そんなお悩みは、レンジで解決です!(時間)も短縮されるので、ぜひ試…

キャベツ レシピ まとめ

ついにしゅうまいにも、革命のときがやって来ました。しゅうまいの皮を使わずに作るしゅうまい、その名も「キャベツしゅうまい」です。基本的な作り方をご紹介するとともに、キャベツ以外にもしゅうまいの皮の代用となる食材…

pippipippi2

美味しいものにアンテナたててます。姪っ子が作った料理をもりもり食べ...

ページTOPに戻る