ローディング中

Loading...

身近な食品「お酢」と「しょうが」を組み合わせた新たなダイエット法「酢しょうが」。手間もかからず簡単にできるのに、無理なく減量できておすすめ!今回は、酢しょうがの作り方や食べ方、ダイエット効果についてまとめてみました。

「酢しょうが」ダイエットで脂肪を燃やす!

手間暇をかけず、ちょっとしたコツさえつかめばダイエット効果を実感できると話題の「酢しょうが」。薄切りにしたものは漬け物感覚でそのまま食べてもよいですし、みじん切りやすりおろしたものを、調味料代わりに食事に加えてもOK。これほど簡単な方法でおいしくダイエット効果を得られれば、そんなにうれしいことはないですよね。

今回は、注目を集める酢しょうがの作り方や食べ方、ダイエット効果についてまとめてみます。

なぜ、酢しょうがでダイエットできるの?

お酢としょうがは、ともに体を温める食材としてよく知られています。

まず、お酢の主成分「酢酸」が体内で細胞に取り込まれると、アデノシンという物質に変わります。アデノシンは血管を広げてくれる作用があるとされ、体の隅々まで血液を流すように働きます。

しょうがに含まれる「ショウガオール」は、全身の血液循環をよくしてくれます。また、「ジンゲロール」は、抹消の血管を広げてくれる作用が期待されています。これらの成分は皮部分に多く含まれているので、しょうがは皮ごと使うといいんです。

作用は異なりますが、お酢にしても、しょうがにしても、血液と血管に作用してくれる食材。その結果、体の冷え取りをサポートしてくれるのです。

体の冷えを取って脂肪燃焼!

体の冷えを取り、基礎体温が高まると、ダイエットを促してくれます。体が慢性的に冷えている状態は、代謝機能の低下を促して、太りやすくなってしまうからです。

逆にいうと、冷えを取って代謝が高まれば、脂肪を燃焼させやすくなります。“やせやすい体質”に切り替わって、自然とダイエットをサポートしてくれるんです。

タレントの小堺一樹さんも効果を実感!

『サタデープラス』というテレビ番組の企画で「酢しょうが生活」を10日間、試した小堺一樹さん。

そうしたら血圧が150から140に、血管年齢が74歳から57歳に、血糖値が151から95に大きく改善したのだそうです。

血圧も血管年齢も血糖値も、すべて、血液・血管の状態と関わるものばかり。お酢としょうがの作用が役立ったのでしょうか。

酢しょうがの作り方

用意するもの

酢しょうがに使う材料は、お酢(100㏄)、しょうが(100g)、はちみつ(20g)だけ。そのほか、大きな口の保存容器を用意しておけば、準備OKです。

使用するお酢は、米酢や黒酢などお好みの種類でかまいません。ただ、ミネラルやアミノ酸を豊富に含む黒酢は、特におすすめといえますね。

作り方

【その①】
しょうがは皮ごと使います。よく洗ったら、1ミリ幅程度に薄くスライスしたり、みじん切りにしたり、すりおろして、保存容器に入れます。

【その②】
①のなかに、お酢を並々と注ぎます。

【その③】
最後にはちみつを加え、一晩浸けたら出来上がりです。

作り方のコツ

酢しょうがは電子レンジでも簡単に作れますので、併せてご紹介します。ご自分でやりやすい方法を選んでくださいね。

【その①】
しょうが(200g)をみじん切りにします。200gの目安は、袋入りのもの1袋程度です。

【その②】
①を容器に入れて、電子レンジで4分ほど加熱しましょう(600Wの電子レンジの場合)。

【その③】
②にお酢(200g程度)と、はちみつ(大さじ1)を加えて混ぜたら完成です

食べ方、使い方のコツ

1日に酢しょうがを食べる量の目安は、約30g。大さじ山盛り1杯程度の量です。これをそのまま食べたり、調味料に使ったり、食事に混ぜて毎日食べるようにしましょう。

そのまま食べるのが苦手という人は、千切りにしてスープに加えるだけでスープのコクが増します。また、天ぷらの衣を作る際、酢しょうがをみじん切りにして混ぜ込むと、風味豊かでサッパリとした天ぷらに仕上がります。

なお、酢しょうがは、1日置いたあとのほうが食べやすくておすすめ。しょうがとお酢がなじんで、酸味もまろやかになります。

酢しょうがの保存期間と方法

完成した酢しょうがは、ガラス瓶やホーローなどの保存容器に入れて、冷蔵庫で保存してください。しょうがの劣化を防ぐために、しょうががお酢に完全に漬かるようにしましょう。

薄くスライスした酢しょうがであれば冷蔵庫で約2〜3週間、保存可能。みじん切りやすりおろしの酢しょうがの場合は、2〜3日で使い切るようにしてください。

酢玉ねぎもおすすめ!

酢しょうがと同様、血液をきれいにして、さまざまな健康効果が得られると話題の「酢玉ねぎ」。基本的に、スライスした玉ねぎをお酢に漬けるだけなので、すぐ試せます。サラダに混ぜたり、お酒のおつまみにしたり、酢しょうがと併せて食習慣にしてもよさそうですね。

おわりに

身近な食品であり、ダイエット・健康効果の高いお酢としょうがの効能をダブルで体感できる新たな健康法、酢しょうが。簡単に作れるうえに、そのまま食べたり、調味料にしたり、使い勝手もよいのでぜひおすすめです。

毎日の食事に加えれば、代謝が高まって“やせ体質”に切り替わるはず。血管や血液も若返るので、健康維持にも役立つすぐれものです。
▼しょうがのパワーを存分に味わって!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブランチ ポーチドエッグ まとめ

エッグベネディクトはアメリカ発祥の朝食メニューです。日本では2014年ごろ大ブームが起きましたよね!イングリッシュマフィンにベーコン、ポーチドエッグの取り合わせはボリューム・おいしさ満点です。今回は調理のコツ…

コーヒー まとめ

今、大きな話題になってる金魚鉢ドリンクをご存知ですか?夏になると飲みたくなるサワー、サイダー、ソーダやコーヒーが金魚鉢に入って出てくるんですよ。そのボリュームにびっくりする人続出。今回は見てるだけでも涼しくな…

宇都宮 ランチ カフェ まとめ

栃木県の中心地・宇都宮には、おいしいランチが食べられるお店がたくさんあります。ここでは数多くのお店の中から宇都宮でおすすめの人気ランチ店をご紹介!おしゃれなカフェランチから個室でゆっくりくつろげるランチまで、…

コーヒーと輸入食品を取り扱うカルディコーヒーファームから、数量限定でオリジナルデザインの「ネコバッグ(保冷)」が発売!二匹のネコがトレードマークのフランスの紅茶ブランド「ジャンナッツ」のティーバッグやオリジナ…

麻婆豆腐 レシピ まとめ

麻婆豆腐の献立にぴったりの、おいしいおかずをご紹介!サラダ、スープ、副菜、ご飯など、トライしてみたくなる素敵なアイデアレシピが満載です。いつもの麻婆豆腐と合わせて、ぜひ食卓に乗せてみましょう。バランスよく、お…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

唐辛子 調味料

お蕎麦やうどん、これからの季節に欠かせないおでんにも欠かせない七味唐辛子。その名の通り7つのスパイスで構成されている調味料です。みなさんは、7つすべてのスパイスを知っていますか?以外にも知らない七味唐辛子のス…

レシピ

どちらも普段から身近な食材である落花生とピーナッツ。 それって同じ物?違うもの?という疑問を持ったことはありませんか? 今回は、落花生とピーナッツの違いを掘り下げ、よりおいしく食べられるメニューを紹介します!

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

ページTOPに戻る