ローディング中

Loading...

世界で話題のスイーツ、ルービックキューブケーキ。人々の想像を超えた芸術作品はやっぱりパリから!見た目だけでなく味にもこだわった最先端のスイーツです!これを目当てにさっそくヨーロッパ旅行の計画をしちゃいましょう♩

まるでルービックキューブみたい!?

ルービックキューブのような見た目のケーキが世界中で話題になっています!ルービックキューブはハンガリーの建築学者エルノー・ルービック(Ernő Rubik)氏によってつくられた立方体パズル。これをケーキにしてしまおう!なんて発想は今までありそうでなかったもの。ツイッターなどSNSでも注目されている、まるで芸術品のようなルービックキューブケーキをご紹介します!

SNSでも注目の的に!

「解けないルービックキューブなんて嫌!でも甘いもの大好きな私には最高!」とルービックキューブ愛好家には動揺が隠せないようですが、食べてみたいというコメントが多くあります。

また、とある雑誌の記事では「食の新しいトレンドだ!」「フランス人が世界がアッと驚くスイーツをつくった!」など大きく取り上げてられているんです。

噂のケーキはル・ダリで!

ルービックキューブケーキが手に入るのは、パリのレストラン「ル・ダリ」。街の中心部に位置するミシュラン3つ星ホテル「ル・ムーリス」の中に入っています。チュイルリー公園の向かいに位置し、メトロを使って少し歩けば堂々と構えるこの外観が見えてきます。高級老舗ホテルと言われても納得ですね。
まるで映画に出てくる宮殿の中のような雰囲気で、アートや照明も優雅な空気を一層引き立ててくれます。「ル・ダリ」の名前の由来は、ここの常連だったスペインの画家サルバドール・ダリからきており、カーペットやイスをはじめインテリア全てにこだわりを持っています。

プロのパティシエが作るケーキだった!

16ユーロ(約1,900円)

見た目や味、素材全て考慮しつくられているルービックキューブケーキ。 27個のひとつひとつのキューブは味も食感も異なり、食べる楽しみがたくさん詰まったものになっています。

受注生産のため、予約は3日前までにする必要があります。
「今まで見た中で一番クールなものだ!言葉が出ない」「一日中眺めることができる」とSNSでは絶賛のコメントがたくさん!
「食べたいのにパリは遠い〜」と、海外からのファンも多いんです。

人気パティシエの作る芸術作品

このケーキの作者であるセドリック・ゴロレット(Cedric Grolet)さんのおじいさんがレストラン付きのホテルを経営していたこともあり、幼い頃から食への興味はあったそう。14歳で製菓学校に入り、多くの大会に出ては数々の賞を獲得していたようです。常にフルーツや花など身近にあるさまざまなものからインスピレーションを受けてスイーツをつくっていたセドリックさん。次に目をつけたのがルービックキューブ、だったわけです。

2015年にベスト・パティシエに抜擢され、2016年に国際ルレ・デセール賞を授賞しました。国際ルレ・デセールはフランスで創設されたパティシエ達が組織する協会のことで、最優秀シェフには賞が送られます。

キューブの種類もさまざま♩

「ピスタチオが見えるわ!」と、ひとつひとつどんな味なのか予想をしながら食べていくのも面白そうですね!イチジク、イチゴ、チョコレート、レモン、ココナッツ、オレンジ、栗などさまざまな味が楽しめます!
「このためにパリへいこうかしら!」とルービックキューブケーキ目的にパリへ行きたい!という人も少なくありません。
「来年の友達の誕生日にする!」と今からワクワクが止まらない人も!
「すごい!!!遊び心とクリエイティブさが素敵!」という日本人ファンもいます。中身はフルーツの素材を生かした特別な味わい♩

パーティにぴったりな特大サイズも!

ひとつのキューブだけで一人前はありそうな、特大サイズもあるんです!どのキューブを食べるか、選ぶのも楽しそうですよね。パーティーで盛り上がること間違いなしです!

芸術的なケーキはほかにも

黄金のリンゴの中に角切りリンゴが詰まったひと品。フルーツのフレッシュさにもこだわりを持っているそうです。
本物のフルーツのようなスイーツ。よく見れば見るほど、細かいところまでも手を抜いていないのがわかります。
薄くカットしたリンゴを一枚ずつ重ねたアップルタルト。「普通じゃない、クレイジーだけどいいね!」と多くの人が斬新な世界に引き込まれています。
「クリスマスのテーブルにぜひ!」とセドリックさんも推しています!
ひとつのスイーツで質の違いがわかるなんて、これぞ“アートの作品”という感じですね。

一度は食べてみたい!

いかがでしたか?ヨーロッパでは他の国への移動が簡単で、バスや格安航空でスイスイと旅行ができます。パリにもちょっと足をのばして、ぜひルービックキューブケーキをゲットしてください♩SNSにアップすれば人気投稿になりますよ!

店舗情報

■店舗名:Le Dali
■最寄駅:Tuileries駅(Line 1)またはConcorde駅(Lines 1, 8, 12)
■住所:Le Meurice, Hôtel Le Meurice, 228 Rue de Rivoli, 75001 Paris, France
■電話番号:+33 1 44 58 10 44
■営業時間:
朝食 8:00〜11:00
ブランチ 12:00〜14:00(日曜日)
ランチ 12:30〜14:30
ティータイム 15:30〜18:00
ディナー 19:00〜22:30
■定休日:なし
■公式HP:http://www.alain-ducasse.com/en/restaurant/le-dali
▼ まるでアート!美しすぎるグルメは他にも

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハロウィン ビュッフェ スイーツ

ヒルトン東京ベイの「lounge O(ラウンジ・オー)」で、新デザートブッフェ『ハロウィーン・サーカス・パレード』が開催!ゴーストに見立てたデザートや、カップに入った「パンプキンプリン」など、ポップで可愛いス…

アメリカ

自由の国アメリカに「フライドチキン入りビール」というとんでもない商品が現れました。「フライドチキンとビールって最強だから一緒にしてみよう!」という単純な発想で生まれたこのビール。一体どんなお味なんでしょうか……

ホテル スイーツ ビュッフェ

サンシャインプリンスホテルで、「いも栗スイーツカフェ」が期間限定で開催されます!ブッフェ形式なので、フードやスイーツなど様々な種類を楽しむことができますよ♩いも栗スイーツカフェで秋を堪能してみてはいかが?

カフェ スイーツ ケーキ

「カフェコムサ」で、2017年8月21日(月)から大人気のコレクション『ももコレクション』(第2弾)を開催!芳醇な香りとみずみずしく白い果肉が特徴の「白桃」をふんだんに使用したケーキを、存分に堪能してみません…

マンゴー

また1本、本格的なフルーツバーが誕生!マンゴーそのものの味わいを楽しめるとウワサの新商品「ドール旨熟マンゴー」と、大ヒット中のセブン「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」。よりおいしいのはどちらか…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ 東京 お土産 まとめ

海外では最高のスイーツのひとつとして愛されている「エッグタルト」。しかし日本ではパンケーキやチーズケーキの影に隠れてしまっているのか、あまり注目されてないですよね。一度食べたら、今まで気付かなかったことを後悔…

しゃぶしゃぶ まとめ

しゃぶしゃぶ温野菜にて、期間限定・八丁味噌のすきしゃぶ特撰コースが開始。期間は、11/27(木)~1/21(水)まで。キーワードは、“オトコを上げる「大人の冬鍋」”!とろける霜降り黒毛和牛特上ロースを好きな男…

日本酒 合コン まとめ

若いころ飲んでいたお酒だと何となく今の自分に合っていないように感じる…そんな「大人女子」に、おすすめの日本酒を紹介します。お酒の話題で、飲み会での話の幅も広がり、上司受けや合コン受けが良くなることも!…

まとめ ドリンク レシピ

梅には多くのクエン酸が含まれているため、とっても酸っぱいですよね!でも、そんな酸っぱさがとっても健康に良いんだとか。カルシウムや鉄も豊富に含まれているんです☆今回はそんな梅を使ったドリンクとそのアレンジレシピ…

お茶 生姜 まとめ

春の足音が聞こえる今日この頃。冷え性に悩まされている人はホッと一息つく季節ですよね。でもその一方で一年中冷え性に苦しんでいる人がいるのも事実。今回は、春から夏にかけても飲める、体が芯から温まる効果があるルピシ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

多くの女性から支持される人気キャラクタ、スヌーピー。これまでもコラボ商品は販売されていますが、今回はドイツを中心に人気のあるWECKとコラボした、かわいすぎる保存容器についてご紹介します。スヌーピーファンなら…

レシピ チョコレート ファッジ スイーツ

「ファッジ」とは、アメリカでよく食べられている、キャラメルのような食感のおやつのことですが、今回は「ファッジソース」ということで、液状になっています。作り方が簡単で、冷蔵保存もできる。そしていろんな使い方がで…

Amanda

バックパッカーで50カ国を一人旅し、世界中の料理に触れてきました。...

http://www.travellikedance.com/

ページTOPに戻る