ローディング中

Loading...

食物繊維やポリフェノール、ミネラルを含み、素朴な味わいで食卓をおいしくしてくれる「ごぼう」。実は、とても印象にのこる花を咲かせます。そして、注目すべきはその花言葉!そんなにネガティブにならなくても……と、思わず心配になります。。。

ごぼうに花言葉が?

ごぼうといえば、ニンジンと一緒につくるキンピラごぼうがポピュラーですよね。ほかにも、牛肉のごぼう巻や、甘く煮たごぼうにカツオ節をまぶしていただく土佐煮などがあります。ごぼうは歯ごたえがあり、田舎料理のような素朴さがなんともいえない食材。それにもまして、食物繊維やポリフェノールがたっぷりなのも人気の秘密です。

そして、実はとても印象的な花を咲かせるんですよ。あの素朴なビジュアルからは想像しにくい、強いインパクトをもつ花です。でも、それは見た目だけではありません。ごぼうの花の花言葉は、意外にもインパクトが強く……いや、猛烈にネガティブなのです……。

ごぼうの花言葉は「いじめないで」

ごぼう(牛蒡・Burdock)はユーラシア大陸原産の、キク科の植物です。根の部分は同じキク科のタンポポとよく似ています。普通のごぼうは根の部分が食用にされますが、若ごぼう(葉ごぼう)は、根・軸・葉まで食べられます。そして、初夏から夏にかけて特徴的な花を咲かせるのですが、その花言葉はなんと…

「いじめないで」

いやいや、いじめませんよ!といいたくなるような花言葉ですが、それだけではありません。

「私にさわらないで」
「用心・警戒」


……こちらは極度の拒否反応です。

なぜ、こんな花言葉かというと、ごぼうの花は、トゲトゲした花びらを支える総苞(そうほう)の部分に、まるでイガグリ(毬栗)やウニのようなトゲがあるのです。どうやらこのトゲが、他者を寄せつけないネガティブな花言葉を生んだようですね。紫色の花を咲かせたその姿は、アザミにもよく似ています。

意外とごぼうの花は綺麗

ごぼう(牛蒡)という名は、その根の姿が、牛の尾に似ていることが由来といわれています。また、マラソン競技などで次々に人を追い抜いていくことを“ごぼう抜き”といいますよね。これは、ごぼうの根がまっすぐ生えているため、長く抜きにくそうでいて、意外と簡単にスルリと抜けることから生まれた言葉のようです。

いろいろなネタにこと欠かない“ごぼう”ですが、花が咲く前に収穫されてしまうので、なかなか開花した姿を見ることはできません。しかし、いったん花を咲かせてみると、そのイガイガのなかに際立つ、鮮やかな紫色に目を奪われるひとも多いようです。牛のしっぽのような根からは、想像もできないアザミに似た紫の花は、とても造形的なことから、モダンな生け花に活用されることもあるんですよ。

実はこんな言葉も

ごぼうには、ほかにも花言葉があります。それは…

「しつこくせがむ」

ごぼうの花は、総苞(そうほう)のトゲをさわると簡単にくっついてきます。それは、トゲの先端がカギ針のようになっているから。いつの間にか服やら何やらにくっついてくる“ひっつき虫っぷり”が「しつこくせがむ」という花言葉を生んだようです。

また、ごぼうは縄文時代の遺跡から発見されていますが、辞書などに登場したのは平安時代からです。日本では自然に自生しないので、中国から朝鮮半島経由で薬草として伝わったといわれています。現在、基本的にごぼうの根を食用にしているのは日本だけ。欧米や中国などでは、薬用として用いられています。そのように、食材や薬用として役立っていることから、実はポジティブな花言葉もあります。それは…

「人格者」

うーん、これで、なんとか名誉挽回といったところでしょうか。でも、拒絶して、しくこくせがむ人格者って、どうなんでしょう。

ほかにもある!? ビミョーな花言葉たち

ごぼうのように、花言葉はロマンティックなものばかりではありません。思わず突っ込みたくなるような花言葉が、まだまだたくさん存在するんですよ。さっそくご紹介しましょう!

りんどう

「苦しんでいる時のあなたが好き」
……間違いなく「S」ですね。でも、「あなたの悲しみに寄り添う」というのもあります。ドSなだけではありませんでした。

「広大な自然の中で私を永遠に眠らせて」
大いなる自然かと思いきやサスペンスです。「自然美」というのもあります。渋いイメージのある柿ですが、結構壮大なのが面白いですね。

パセリ

「お祭り気分」
明るく楽しい雰囲気ですが、ほかにもあります。「死の前兆」……上げて落とされた気分です。

「公平に見てください」
もちろんです。みなさんソックリですから。クリだけに。違う記述もあります→「私を公平にせよ」……命令だったのか。

ピーマン

「海の恵み」
畑だと思いますが……。「海の利益」というのもあります。……?我々のほうから海に利益をもたらすのでしょうか。しかも、やはり畑では?

ハイビスカス

「微妙な美しさ」
激しく失礼です。ほかの花言葉「繊細な美」「艶美」だけでいいんじゃないだろうか。きっとこの花言葉をつけた人は、直前にハイビスカスよりも綺麗な花を見たのでしょう。

オクラ

「恋によって身が細る」
わかります。ご飯より恋ですよね。「恋の病」というのもあります。とことん惚れちゃったんですねえ。

ウコン

「あなたの姿に酔いしれる」
ハハハ、ウコンに限ってそれはないよ~と思ったら、ウコンの花は蓮のように幻想的な雰囲気です。しかもウコンといえば、二日酔いケアの大定番という。

玉ねぎ

「不死」
そ、そうだったのか。そしてほかにも「君は間違っている!」という花言葉も……すみません。

お花を贈るときにはご注意を!

いかがでしたか?身近な食材は、印象的な花を咲かせて目を楽しませるだけではなく、斜め上をいく感性の花言葉で「プッ」と笑わせてくれます。いろいろと探してみると、まだまだ楽しい花言葉に出会えるかもしれませんね。

いずれにせよ、大切なひとにお花を贈るときには、先に花言葉を確かめてからにしましょう!また、いい印象の花言葉の裏に、ニヤリとほくそ笑む、悪い印象の花言葉が隠れていることも少なくないので、要注意です!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ごぼう 鶏肉 炊き込みご飯 まとめ

鶏肉とごぼうは、名前を聞いただけでもおいしそうと思ってしまう、相性抜群の食材コンビです。定番の煮物、炊き込みご飯だけでなく、中華風の煮物やピラフなどのレシピもご紹介。簡単にできるごぼうのささがきやアク抜きの方…

白菜

冬野菜の代表とも言うべき白菜は、鍋料理には欠かせないお野菜ですよね。鍋料理だけでなく、炒め物やお漬物にも大活躍の白菜に黒い点が浮いているのに気付いたことがありますか?これってカビ?食べても大丈夫?白菜の黒い点…

サラダ

「1本で、レタス◯個分の食物繊維が摂れる」というフレーズ、一度は見聞きしたことありますよね。でもじつはこれ、少々裏があるようで……。そもそもレタスは野菜の中でもっとも食物繊維が低い…

チョコレート

インドネシア産の「Pipiltin Cocoa(ピピルティンカカオ)」チョコレートのオンライン販売が開始。世界第3位のカカオ生産国インドネシアのカカオで作ったチョコレートは、味や香りの種類も豊富。パッケージも…

ごぼう おつまみ 塩麹

ごぼうサラダというとマヨネーズで味つけをすることがほとんど。でも、今回はマヨネーズ控えめで、代わりに塩麹を使いました。優しい味わいで、サラダの酸味が苦手な方にもおすすめの一品。和え物の代わりにもぜひ。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

チーズ 京都 スイーツ

パブロの京都一号店が京都八坂神社にオープンします♩これからの季節、観光で賑わう京都にピッタリな京都限定スイーツ「栗とわらびもちの濃い京都産宇治抹茶チーズタルト」などが登場。店内も京都らしい作りになっているので…

フルーツ

BBQなどみんなで料理をするときに、洗剤で野菜を洗う人を見て「普段料理しない人なんだなー」と苦笑いしたことはありませんか?実はその考え、もう古いかもしれません。洗剤で野菜を洗うことの効果や、体にやさしい洗剤の…

中山陽子

ライター たまにイラストレーター ファブリックスのデザイナーから...

http://yokonakayama.jp/