ローディング中

Loading...

近畿大学水産研究所が試行錯誤を経て、完全養殖に成功した「近大マグロ」。魚好きの方はすでにご存じかもしれませんね。天然マグロに比べて、その安全性と天然物にも負けない味わいが人気の秘密です。そんな近大マグロについてや食べられるお店をご紹介!

近大マグロってどんなお魚?

「近大マグロ(キンダイマグロ)」とは、大阪府にある近畿大学水産研究所が1970年から研究を開始し、試行錯誤を経て2002年6月に完全養殖に成功したというマグロの一種です。

稚魚を海から捕獲して養殖したこれまでの養殖マグロとは異なり、養殖施設において人工ふ化させた完全養殖マグロである「近大マグロ」は、マグロ資源の減少を防ぐとして注目されています。

本来、マグロの稚魚は皮膚が弱く、ちょっとした刺激にも敏感で非常にデリケートなため、当初は稚魚が大量死してしまったりとうまくいかなかったようですが、研究の成果もあり、2002年には無事完全養殖に成功したのだそうです。

そんな近大マグロですが、どういった特徴があるのでしょうか。また、ほかの一般的な洋食マグロとはどう違うのでしょうか。

気になる、近大マグロの味は?

最近注目を集めている「近大マグロ」ですが、やはりみなさんが最も気になるのは、その味と安全面ではないでしょうか。安全面に関しては後ほど触れますが、味に関しては正直なところ2つに分かれているところです。

2002年6月の完全養殖が成功したばかりの頃は天然ものに比べると脂っぽいという声が多くあがっていたようですが、そのあと研究を重ね、今では天然ものとあまり差がないという声も増えてきたのだそうです。

しかし、やはり味に関しては好みもあるもの。近大マグロは卵の時から生け簀で育てられるため、どうしても天然ものに比べると運動量が少なくなってしまいます。そんな近大マグロを「身の締まりが悪い」とする意見もあれば、「脂が丁度よくのっている」とする意見もあるようで、こればかりはもう個人の好みで分かれるところでしょう。

ですが、天然マグロの数を減らさずに供給できること、エサや水質管理の下で育てられているということを考えると、近大マグロの誕生はとても喜ばしいことですね。

近大マグロの歴史

そもそも、近大マグロをはじめとする黒マグロの天然物はかなり希少価値が高いため、これまでもスーパーに置かれているクロマグロのほとんどが養殖でした。

自然の海から稚魚を持ってきて、生け簀で育て、それを出荷するという流れが一般的だったのですが、そうなると、ただでさえ希少価値が高いクロマグロがどんどん減ってしまい、このままでは絶滅してしまうのではないかという非常事態に陥ったのです。

それに目をつけたのが、先ほども少し触れましたが、大阪にある近畿大学の水産研究所でした。水産学に力を入れているとして地元では有名な大学ですが、考え抜いた末、稚魚を海から獲ってくるのではなく、研究所内でクロマグロの卵をふ化(ふか)させ、出荷できるサイズになるまで飼育するという手法を思いついたのです。

エサや水質なども研究所内できちんと管理されているため、安全性の面でも安心して食べられますよね。成長したクロマグロはすべて出荷するわけではなく、一部は親魚として育てて卵を産ませ、その卵がふ化したらまた養殖をはじめます。これにより、天然のクロマグロを減らすことなく、クロマグロを出荷することができるようになったのです。

値段の相場ってどのくらい?

そして、気になるのが値段ですよね。天然のクロマグロの相場は1kg当たり8,000円前後といわれています。しかし、天候などの影響で水揚げの悪い日は、2万円台に跳ね上がることもあるのだそう。

一方、養殖のクロマグロはどうなのでしょうか。残念ながら、現段階では養殖に必要な設備費の仕入れ価格の上昇もあり、私たち消費者に届く時点では、天然ものも近大マグロをはじめとする養殖マグロもさほど値段が変わらないのだそうです。

しかし、今後研究を重ねてさらなる発展があれば、もっとリーズナブルな価格で近大マグロが手に入るようになり、天然マグロとの差も開くのではないでしょうか。

実際、ほかのマグロとはどう違うの?

先ほどから少し触れてはいますが、近大マグロとほかの養殖マグロとの大きな違いはやはり成長過程の差による安全性の違いではないでしょうか。

さまざまな研究の結果、現在では近大マグロは、ほかの養殖マグロはもちろん、天然のクロマグロとも味の大差がないと言われています。

ですが、安全性という面では大きな違いがあるのではないかと思います。まず、天然マグロに関しては言うまでもなく、海を泳ぎ回っているため、どこの海を通ったのか、どのようなエサを食べていたのかはわかりません。これまでの養殖マグロに関しても同様で、捕獲するまでの状態はこちらでは調べようもないのです。

ですが、ふ化前の状態から飼育・管理をしている近大マグロの場合は、エサはもちろん、水質まで管理でき、成長途中での異変にも早く気付くことができます。こういったところが、ほかのマグロとの最大の違いではないでしょうか。

実はマグロだけじゃない!近大○○

水産学に力を入れているとして有名な近畿大学ですが、実はマグロ以外にもさまざまな魚の養殖に成功していたのです。それらを順番に見ていきたいと思います。

近大マダイ

お食い初めや結婚式など、おめでたい行事に欠かせない鯛。なかでもマダイは高級品として知られていますよね。そんなマダイを近畿大学は1964年から40年間にも渡る品種改良を経て、養殖に成功したのだそうです。

まず、優れた形のマダイの稚魚を選んで育て、その中からさらに優れたマダイを選び……ということを何度も繰り返し、ついに天然のマダイよりも優れたマダイを養殖させることに成功したのだそうです。

より良いマダイを育てるために、ひとつの生け簀で飼育するマダイの数を少なくしたり、資料には人工のものではなくごま油を混ぜる……などの研究を重ねた結果、年々質の良いマダイを生み出すことに成功しているのだそうです。

近大シマアジ

マグロ、マダイに続き、シマアジの養殖にも成功している近畿大学水産研究所。人工で育てることが難しいとされていたシマアジですが、近畿大学は1973年に世界で初めて人工ふ化に成功し、1983年にはこれまた世界で初めて完全養殖に成功しています。

今では西日本で養殖されているシマアジの7割が近畿大学で養殖されているものというのだから驚きです。味に関しても、天然ものとほとんど変わらないとの声が多く、今後は西日本のみならず、日本各地への出荷が増えていきそうですね。

キンダイ

近畿大学水産研究所のシンボルフィッシュともいえる魚がこのキンダイです。今では、近畿大がこのオリジナル養殖魚して親しまれているのだとか。それまでも、クロマグロなどの養殖に成功していた近畿大学ですが、イシダイの繁殖力の強さとイシガキダイの成長の速さに注目し、生まれたのがこのキンダイなのです。

1969年にイシダイとイシガキダイを掛け合わせた交雑種の「キンダイ」を初めて生産し、1975年にはイシダイとイシガキダイの雑種の養殖法において特許を取得しています。

以降、イシダイとイシガキダイを掛け合わせた雑種全般をキンダイというそうですが、市場にはあまり出回っておらず、希少価値が高い高級魚だそう。そう聞くとなんだか食べてみたくなりますよね。

近大マグロが食べられる!近畿大学水産研究所

近大マグロの専門店

クロマグロをはじめ、マダイやシマアジなど様々な魚の養殖に成功している近畿大学水産研究所ですが、実はこれらの魚を食べられるお店があるのです。

それが、研究所の名前をそのまま店名にした「近畿大学水産研究所」です。近畿大学が研究を重ねて育てた安心・安全な魚を食べてほしいという想いからはじまり、今では大阪と東京(銀座)に店舗を構える人気店です。

使用する魚は、近畿大学が和歌山県の白浜や串本町、東京の大島や奄美大島などのいけすで手塩にかけて育てた新鮮な魚たちです。お刺身はもちろん、お寿司や丼も楽しめますよ。

看板メニュー!海鮮丼

新鮮な魚はもちろん、お酒の豊富さも魅力の近畿大学水産研究所ですが、おすすめはなんといっても看板メニューの海鮮丼です。近大マグロを中心に、そのとき穫れた新鮮な魚を贅沢に使用したメニューは、ランチ時は多くの人が頼む目玉商品なのだそう。

小鉢、みそ汁付きで1,850円と、なかなかリッチなランチではありますが、新鮮さとボリュームを考えれば妥当なのかもしれませんね。

店舗概要

【銀座店】
住所:東京都中央区銀座6丁目2番 東京高速道路山下ビル2階(銀座コリドー街)
電話:03-6228-5863
営業時間:11:30~14:00(L.O.14:00)17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休(年末年始休み)
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13163056/
【大阪店】
住所:大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル6階
電話:06-6485-7103
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00)17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休(グランフロントに準ずる)
参考URL:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27072530/

今後も近大マグロから目が離せない

いかがでしたでしょうか。マグロ以外にもさまざまな魚の養殖に成功させている近畿大学水産研究所。魚や海への環境に配慮しながらも、安心・安全な魚を安定して供給し続けているというのは素晴らしいものですね。近大マグロを食べたことがない方は、ぜひ一度味わってみてくださいね。

これからあらゆる近大○○が出てくるあろう、近畿大学水産研究所から目が離せません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

埼玉 レストラン

埼玉県内にある「るーぱん」といえば、アッと思った人も多いのではないでしょうか。星野源さんが学生のころよく通っていたお店として、最近TVなどでたびたび紹介されています。いま埼玉で一番アツイ!るーぱんの魅力を探っ…

アボカド サラダ レシピ

森のバターともいわれる「アボカド」と相性ばつぐんの食材といえば、マグロです。丼やサラダ、カルパッチョなど、お酒にもよく合うレシピが一杯!今回は、アボカドとマグロの人気レシピを厳選してご紹介します。ぜひ参考にし…

2016年11月にオープンしたばかりの、練馬にある釣り堀カフェ「キャッチアンドイート」が話題になっています。居心地のいい快適な室内で気軽に釣りを楽しめるうえ、釣った魚をその場で揚げて食べさせてもらえるのが魅力…

パンケーキ ハンバーガー カレー まとめ

スマステの「東京の新混雑スポット」では、最近注目を浴びているエリアのグルメ情報などを特集。ここではその、新感覚なパンケーキやフレンチトーストを食べられるお店や、カレーやラーメンの名店、お酒を楽しめる個性的なお…

私達の身近な魚であるサーモンと鮭。実は違う魚だと言うことをご存じでしたか?鮭を英語にしたらサーモンだし、同じ魚としか思えない……。今回は、サーモンと鮭の違いについて、さらに鱒はどう…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ 和菓子 まとめ どら焼き 東京

どら焼きは東京が発祥の地。都内には感動で涙が止まらなくなるような絶品のどら焼きを提供するお店がたくさんあるのです!ここでは、どら焼き好きなら絶対一度は食べておきたい絶品どら焼きがあるお店を「10」店ご紹介しま…

しゃぶしゃぶ まとめ

しゃぶしゃぶ温野菜にて、期間限定・八丁味噌のすきしゃぶ特撰コースが開始。期間は、11/27(木)~1/21(水)まで。キーワードは、“オトコを上げる「大人の冬鍋」”!とろける霜降り黒毛…

ケーキ スイーツ まとめ

国民的大人気アニメ「妖怪ウォッチ」のクリスマセーキが、抽選ですが予約販売を開始します!クリスマス仕様のジバニャンとロボニャンのオーナメントが飾ってあり、ケーキの周りには人気キャラ、コマさんにコマじろうまで!子…

お土産 おしゃれ スイーツ まとめ

ホームパーティの手土産には味はもちろん、箱も缶もかわいいというところが重要になってきます。友達に喜んでもらえるような目を引くかわいいパッケージで、あなたも一気におしゃれさん♪クッキー、ビスケット、キャンディー…

ホワイトデー 和菓子 スイーツ まとめ

もうすぐホワイトデーですね♡男性の皆さんは特に何をお返しするか悩むのではないでしょうか?チョコなどは定番ですが、ここはあえての和菓子にしてみてはいかがでしょう?今回は絶対喜ばれそうな和菓子を3つご紹介します♫

まとめ ドリンク レシピ

梅には多くのクエン酸が含まれているため、とっても酸っぱいですよね!でも、そんな酸っぱさがとっても健康に良いんだとか。カルシウムや鉄も豊富に含まれているんです☆今回はそんな梅を使ったドリンクとそのアレンジレシピ…

おしゃれ ランチ パン まとめ

Instagramで大人気!おしゃれですごくおいしそうな食事のphotoをアップして女性から圧倒的な支持を受けているmiku_colorsさん。今回はそんな彼女の素敵レシピをご紹介します。あなたも真似してゼヒ…

居酒屋 カクテル メイソンジャー まとめ

「居酒家 土間土間」で2015年5/19日(火)から、アメリカ発祥の保存容器を利用したドリンク「Jarカクテル」が新登場!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

調味料 まとめ 愛知

愛知県ではCMでお馴染みの調味料「つけてみそかけてみそ」。料理にかけるだけの簡単レシピで、一段とおいしい味に早変わりするんですよ。そこで今回は「つけてみそかけてみそ」について、おすすめレシピを交えながらご紹介…

三軒茶屋 ハンバーガー アメリカ

たまにはお腹いっぱいハンバーガーを食べたい!でも、食の安全が注目される今。食べるお店は慎重に選びたいですよね。そんなとき、絶対訪れて欲しいのが「ベーカーバウンス」です。食材や調理方法へのこだわりがあり、安心し…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...