ローディング中

Loading...

新宿三丁目で最古といわれる居酒屋「どん底」。日本を代表する文化人、三島由紀夫や黒澤明なども愛していた場所なんだとか。店内は昭和レトロで重厚な雰囲気が広がり、新宿の喧騒を忘れさせてくれます。あなたもどん底で、非日常を味わってみませんか?

新宿三丁目「どん底」

 『どん底』は昭和26(1951)年に新宿三丁目に出来た酒場。

常連客にはあの巨匠・黒澤明や三島由紀夫がいたという新宿酒場の老舗で、 新宿で最も古いお店だとか。

趣がある佇まい、誰もが疑問に思うであろう店名の由来は、一体なんだろう?

店名「どん底」の由来

ロシア社会の貧困を描いた、マクシム・ゴーリキーの戯曲の題名が「どん底」という。

そして俳優だった創業者の矢野智さんが、舞台芸術学院の一期生に在学時、酒場を開店に伴い学長に店名を相談したところ、その時に出演した舞台がまさにそのゴーリキーの「どん底」だったとのこと。
遊び半分で商売は難しい、もしかしたら俳優の仕事を辞めてしまい、「どん底」が最後の舞台になるかもしれないから、という学長の助言が由来らしいですよ。

粋な学長ですねぇ〜(๑˃́ꇴ˂̀๑)

1951年2月新宿區新宿三丁目廿三番地 和洋酒店「どん底」誕生!

新宿で最も古いお店として知られている「どん底」

そのスタートは1951年でした( ๑˃̶ ॣꇴ ॣ˂̶)♪⁺
いや〜歴史を感じますね〜⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾
棚にはたくさんのボトルがズラッと。

文化人たちが愛した「どん底」

前述していますが、黒澤明や三島由紀夫をはじめ、様々な文化人達がお店を訪れています。
店先では三島由紀夫の写真と、店に送ったというメッセージを読むこともできます。
クノッフ出版社のストラウス編集長夫妻が、新宿へ遊びに行きたいというので、案内して、まず若い人の大ぜい集まるロシヤ風の酒場「どん底」へゆき、焼鳥キャバレー二軒をまわったところ、夫婦は大よろこびであった。

 酒場「どん底」では、どん底歌集というものを売っていて、ある歌を一人が歌い出すと、期せずして若人の大合唱となる。喚声と音楽が一しょになって、なまなましいエネルギーが、一種のハーモニィを作り上げる。何んとも言えぬハリ切った健康な享楽場である。夫婦はしきりにこれをアメリカの酒場との比較して、日本人の享楽がかくも友好的で、なごやかで、けんかっぽくないのにおどろいていたが、私も、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジの酒場の暗い絶望的なふんいきを思いうかべた。

出典: www.donzoko.co.jp

「徹子の部屋」にも出演

さらには「徹子の部屋」にも創設者矢野さんが出演していたりも♪
黒柳:どん底の最初の頃の写真をみて、ホントにすごいですよね!!今どきこういう建物はみあたらないですよね。どん底という芝居から考えると、どん底だからこれでいいのでしょうけど、これでもってこんなに大勢の俳優さん、音楽家、詩人が集るなんて、ほんとに魅力があったんですね。

矢野:本当に大勢の人達がみえましたね。

出典: www.donzoko.co.jp

本当に様々な方が通われていたんですね〜₍₍ ( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞
ホントに古き良き時代を知っているお店なんですね〜

大人の雰囲気を味わえる、そんな予感がしています。

是非一度足を運んでみたいものです。

名物料理に舌鼓を。

「たっぷりチーズのミックスピザ」
このミックスピザは、1956年以来、メニューに加わったものだそうで、当時は、ピザなんぞ知らない方が当たり前なので、「どん底」で初めてピザを食べた、というお客さんが多かったようですぞ♪
さすがです、というかこのピザは日本のピザの先駆者ということことになりますな٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
焼きたてパリパリ&フワフワな生地上に、濃厚なとろとろチーズがたっぷりの美味しいピザだそうです♡
「林さんのライス」
もはやネーミングがウケるんですが「ハヤシライス」と関係があるのでしょうか(笑)

むむっ、これはいわば、ハヤシライスのデミグラスソースをウスターソースにして、タマネギをキャベツにしたバージョン、と言えるようですw
「ナポリタン」
ナポリタンはまさに昔懐かしい感じのナポリタン♪

浅利入りで濃い目の味付けがビールとの相性も抜群です⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾
「どん底カクテル」
愛称『ドンカク』
『どん底カクテル』の愛称は『ドンカク』。

詩人の金子光晴さんの詩『ドンカクの唄』にも登場する名物カクテルです。

お店に行ったら必ず頼みたい一品ですね♪
ドンカクの唄/金子光晴

ドンカクをなみなみ注いで
コップをまえにおくと
ふしょうぶしょうに
この世界はうごきだす・・・・・

出典: blogs.yahoo.co.jp

新宿「どん底」で文化人気分⁉︎

多くの文化人に愛された、新宿三丁目にあるどん底。店内は当時と変わらない昭和レトロの雰囲気が流れていて、一歩踏み入れるとタイムスリップしたかのような気分に。ナポリタンやチーズピザなど、昔懐かしいメニューも魅力的ですね。ぜひあなたも、どん底で文化人の気分を味わってみては?

店舗詳細

店名:どん底
住所:東京都新宿区新宿3-10-2
電話番号:03-3354-7749
営業時間:17:00~24:30(料理LO.23:30、ドリンクLO.24:00)
定休日:無休

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ミートボール 専門店 新宿

新宿御苑にある「ワールドミートボールクラシック」をご存じですか。その名の通り、ミートボールが主役のお店です。メニューも豊富でおいしさもホームラン級と話題沸騰中!今回は、そんな話題のワールドミートボールクラシッ…

ハンバーガー 新宿

ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「シェイクシャック」の日本4号店が新宿にオープン。店装にもこだわられ、他にはないシェイクシャックの世界観を楽しめます。また、3日間限定で日本初となるポップアップイベントも…

パクチー 新宿

歌舞伎町シネシティ広場で、入場無料の大規模パクチー特化型飲食イベント「パクチーフェス」が開催されます。パクチーに特化した飲食フェスは、おそらく今回が世界初!どのメニューもパクチーマシマシです。ぜひ足を運んでみ…

新宿 ニューヨーク

伊勢丹新宿店で、ニューヨークの旬な“食”を中心としたイベント「ニューヨークウィーク」が開催されます。フォトジェニックでおいしいフード、スイーツなどがいっぱい!ドリンクを片手に、今注目の…

どら焼き 新宿 和菓子 東京

国民的人気アニメのドラえもん。そのドラえもんの大好物がどら焼きだということを、皆さんは知っていますよね。ではそのどら焼きのモデルが、新宿の時屋のものだったことをご存知でしたか?作者である藤子F不二雄氏も愛した…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

フレンチ 銀座 まとめ 大人の隠れ家

看板がないお店なんて相当な自信を感じますよね。 絶対美味しいし、話のネタにもなるのでぜひ足を運んでみてください。

デート 表参道 カフェ バー ダイニングバー カップルシート まとめ

ちょっと憧れるお洒落な表参道デート♥そんな時に使いたい個室やカップルシートのあるお店を9店舗、ご紹介します。落ち着いた大人な雰囲気でも気軽に入れるカフェやバル、ダイニングバーなど、ディナーにも最…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

北海道 お土産 まとめ スイーツ

北海道銘菓として有名な「白い恋人」ですが、同じく石屋製菓が手がけるバウムクーヘン「TSUMUGI(ツムギ)」も、実はおいしいと評判なんです。真っ白なバウムクーヘンを作るのは至難の業だったのだとか。製作秘話も含…

じゃがいも レシピ

あとひと品なにか欲しい!という時に役立つこふきいも。基本の作り方から簡単人気なアレンジレシピまでご紹介します。じゃがいもを大量に余らせてしまったときに大活躍する、お料理好き必見のレシピです。ぜひチェックしてみ…

さとけん

「毎日美味しいものさえ食べれれば、人は幸せになれる」 をモットーに...