ローディング中

Loading...

辛いものが好きな方は多いですよね。夏は汗をかくために、冬は体を温めるために辛いものを食べたくなります。しかし、激辛なものを過剰に食べると体にさまざまな支障が出てしまうようです。今回は、具体的な影響とそうなる理由をお話しします。

辛いものを食べ過ぎるとどうなるの?

あなたは、辛いものが好きですか?
最近では激辛グルメが人気を集めており、いろいろなお店にある激辛メニューに挑む方も多いのではないでしょうか。

唐辛子などに含まれている“カプサイシン”という成分が代謝力を上げて脂肪を燃やしてくれることから、ダイエットや健康のため積極的に辛いものを食べようとする方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、どうやら辛いものは食べ過ぎてしまうと良くないことがあるようです。
そこで今回は、辛いものを食べ過ぎるといったいどうなってしまうのかをお話ししていきたいと思います。激辛なものが大好きな方は、ぜひともチェックしておきましょう!

1 味覚が鈍くなる

わたしたちは口にしたものの味を、舌の付け根にある「味蕾(みらい)」という部分で感じとっています。小さな花のつぼみのような形で数多く存在しているのですが、歳を重ねるにつれてその数は減っていきます。
しかし、唐辛子やタバスコ、わさび、からしなどの“辛いもの”を摂取しすぎると、味蕾が必要以上に刺激されて年齢にかかわらず壊れていってしまうのだとか。
味蕾が壊れるということはつまり、味を感じにくくなるということです。
成人の平均的な味蕾の数は約3,000個といわれていますが、最近では若くても2,000個ほどしかない方がいるそうです。そのような方は味が分からなくなってしまうぶん、さらに強い刺激を求めて辛いものを食べてしまいます。これは悪循環ですね。
味蕾が2,000個しかない方は、味覚障害者とみなされることがあります。世界はおいしいものであふれているのに、食べてもその味が分からないなんて悲しいですよね。

2 生活習慣病のリスクが高まる

味が分からなくなってくると、より味の濃いものを食べるようになります。
その結果、糖分や塩分を摂りすぎが病気の原因になることも。最悪の場合は、脳腫瘍(のうしゅよう)などといった命にかかわる病気をわずらってしまう可能性もあります。
「辛いものを食べ過ぎないこと」という大前提がありますが、もし今まで激辛なものを好んで食べていた方は自分の味覚が正常かどうか確かめることをおすすめします。
味覚障害を起こしていることに気づけないということは、命にかかわる病気の前兆を見逃すことになるので、とても危険ですよね。

3 食中毒のリスクが高くなる

そもそもわたしたちには、なぜ“味覚”というものがあるのでしょうか?それは、身の危険を察知するためです。これは味覚だけでなく、五感すべてに同様のことが言えます。
「味覚が鈍くなる」ということはつまり、「(味という面で)危機を察知しにくくなる」ということです。口にものをいれても、それが安全なのか危険なのかということが分からなくなってしまうんですね。
そこで、“食中毒”というワードにつながります。
その食品が腐っていれば、当然変な味がしますよね。しかし味覚障害を起こしていると、その判断ができずに食べてしまうのです。その結果、食中毒に陥ってしまいます。

4 ぜん息が悪化する恐れも…

カプサイシンを含む辛いものを食べると、舌や口の中がヒリヒリしますよね。その刺激、実は口だけで感じるものではなく、体外に排出されるまであらゆる粘膜に影響をおよぼします。影響範囲は気管支や直腸、肛門にいたる消化管全体です。

ぜん息をお持ちの方はとくに要注意です。気管支がカプサイシンの強い刺激を受けると気管支収縮が起こり、息切れや咳が生じてしまいます。

どこからが「食べ過ぎ」?

食べ過ぎが体に良くないということはよく分かりましたが、どこからが「食べ過ぎ」になるのか気になりますよね。
実は、日本ではカプサイシンの摂取量について明確な基準は設けられていません。

しかしドイツでは、やはり最近の激辛グルメ人気を受けて、カプサイシンの摂取量について調査をおこない基準をもうけています。伝統的な食事において推定される、大人の1回あたりの総カプサイシンの摂取量は最大5mg/kg bw。ただし、この摂取量はカプサイシンへの感受性が強い人や食べ慣れていない人には、あまり望ましくない効果を与えると注意がされています。

5mg/kg bwの「mg/kg bw」とは、体重1kgあたりの摂取量を表す単位のこと。体重60kgの大人だと300mgという計算になります。一般的なキムチ用唐辛子に換算すると、一本あたり0.06〜0.07mgのカプサイシンが含まれているので4000〜5000本分になりますね。さすがに、そこまで食べることはないでしょうか?でも、唐辛子の種類によってカプサイシンの量は変わってきますから、やはり注意は必要です。
(参考;農林水産省公式サイト)

それでも食べたい方は「牛乳」で予防を

辛いものを食べ過ぎたら、いろいろと支障をきたすことが分かりましたね。しかし、「そうだとしても辛いものは食べたい!」という方がいらっしゃると思います。
たしかに、好きなものを我慢するというのはつらいですよね。
そのような方は、辛いものを食べる前に牛乳を飲みましょう!食べながら飲むということも、できればおこなってほしいですね。牛乳は口内や食道、胃腸などをコーティングしてくれる働きがあります。そうすることで刺激から守られ、害が少なくなるのです。
牛乳だけでなく、ヨーグルト(ラッシー)やチーズにも同様の効果があります。
辛いものを食べているときに水を飲む方が多いですが、刺激となる“カプサイシン”は水に溶けない性質なので、あまり意味はありません。やはり飲むなら牛乳か、ヨーグルトドリンクのラッシーがおすすめです。

おわりに

いうまでもなく、辛いものは“刺激物”です。辛いものを食べ過ぎて、おなかが痛くなった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そう考えると、たしかに食べ過ぎは避けたいところですよね。
もちろん、辛いものには発汗作用や血流を良くしてくれる効果もあるので、適度な量なら食べることをおすすめします。これからも食事を楽しめるようにするためにも、“味覚”は正常な状態でありたいですよね。
辛いものが好きな方はひたすら刺激を求めるのではなく、食べるということを楽しみながら堪能しましょう。
「味」に関する以下の記事も、あわせてご覧ください▼

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

万能ソースがあれば、アレンジがきいて「ごちそう」を演出できますよね。今回は、甘酢あんかけの基本の作り方から、活用レシピまで紹介します。お魚にも、お肉にも合い、たんぱくな素材にパンチを与えてくれるので、いつもの…

レシピ きのこ まとめ

鍋物やおかずに活用できる「えのき茸」。今回は、自家製なめたけの作り方や、なめたけを使った時短レシピ、旨味たっぷりなえのき茸の人気レシピ22選に加えて、便利で簡単な「えのき氷」の作り方も紹介します。余すことなく…

たまご まとめ

一見簡単そうな錦糸卵ですが、慣れていないとなかなか上手には作れません…。そこで今回は、たまごのスペシャリスト・たまごソムリエが失敗しない錦糸卵の作り方を伝授!色鮮やかな錦糸卵を使ってお弁当をかわ…

まとめ 静岡 ゼリー スイーツ お土産 フルーツ

静岡県御殿場市にあるフルーツゼリー専門店「フルフール」。メディアでもたびたび紹介されている話題沸騰中の人気店です。宝石のようなフルーツゼリーは種類も豊富でとってもジューシー!これからの季節にぴったりなので今か…

麻婆豆腐 豆腐

家庭でも簡単においしく作れる麻婆豆腐を作る際、木綿豆腐、絹ごし豆腐どちらを使えばよいのでしょうか?絹?木綿?今回は、麻婆豆腐に使う豆腐の種類や、煮崩れしにくい下ごしらえのコツなどを詳しく解説します!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

銀座 有楽町 スイーツ カフェ

銀座の有楽町マルイ内にあるヨーロピアンブラッスリーカフェ「skew(スキュー)」。足元まで届く大きな窓から有楽町駅を一望してゆったりした時間を楽しめるお店です。都会の喧騒を足元においやりながらランチから夜まで…

まとめ

寒い季節に欠かせない料理「鍋」。インスタやネットでは、最近は朝から鍋楽しむ人、通称「朝鍋」を楽しむ人が増えているようです。野菜をたっぷりとれるのでヘルシーで嬉しい!ぜひ参考にして、代謝も上がる朝鍋を実践してみ…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/