ローディング中

Loading...

アメリカのスタバで期間限定販売された「ピンクドリンク」が復活して話題になっています♩ポップで鮮やかなカラーに虜になる女子が続出中しているんですよ。ピンクドリンクってどんな飲み物?日本では注文できる?など、気になる情報をお届けいたします。

話題のスタバドリンクがアメリカで復活!

昨年、米・スターバックスで期間限定販売された「ピンクドリンク」というメニューをご存知でしょうか?ピンク色のかわいい見た目と飲みやすいフレーバーでアメリカの女子をたちまち虜にしたんですよ。

そんな話題のドリンクが、なんと2017年4月10日に通年メニューとして復活!さっそく爆発的な人気となっているんです♩

日本の女子の間でも話題に!

今回レギュラーメニュー化したのはアメリカのスタバ限定ですが、そのニュースは日本でも瞬く間に話題に!「ピンクドリンク」というかわいらしい商品名と、期待を裏切らないフォトジェニックな見た目で注目を浴びているんです。
SNSでの反応を見てみても、その人気ぶりがうかがえますよね。なかには「ピンクドリンクを飲むためだけにアメリカにいきたい!」という声もあるほど。日本のおしゃれに敏感な女子の心もがっちりと掴んでいるようです。

通年メニューで復活のピンクドリンクって?

ピンクドリンクは、元々"裏メニュー"として広まったドリンクでした。アメリカ限定のドリンク「ストロベリーアサイーリフレッシャー」に使われている水をココナッツミルクにカスタムすることで、いちごミルクのようなピンク色の「ピンクドリンク」が完成するんです。
実際に飲んでみた人からは「リフレッシャーよりコクがあって甘くておいしい!」「スタバに行ったら毎回ピンクドリンクばっかり頼んじゃう!」という声も。
いちごの果肉はフリーズドライされているものを使用しています。生のいちごよりもより酸味を感じられるんですよ。「爽やかな酸味で夏にピッタリ」「グランデサイズでもゴクゴク飲みほせる!」という感想も寄せられています。

日本でもピンクドリンクができる!

現在、ベースとなるストロベリーアサイーもココナッツミツクもアメリカでしか取扱いのないドリンクなので、日本で頼むことはできません…。しかし、"ピンクドリンク風"と呼ばれる日本独自のカスタムが注目されているんですよ!

日本版ピンクドリンクの頼み方

まずベースに頼むのは、クリアなレッドカラーの「パッションアイスティー」。追加で「ホワイトモカシロップ」をオーダーすることで、ピンクドリンクのようなクリームピンクのドリンクが完成するんです。

実際にカスタムして飲んでみた人からは「ほんのり梅みたいな味がする」「本場のピンクドリンクには叶わないけどいける!」などの声が見られました。お味が気になる方はぜひ試してみてくださいね。

一緒に注文したいおすすめ米スタバフード!

アイスクリームコーンシュガークッキー

米・スターバックスではとってもかわいいアイスクリームのアイシングクッキーも販売されています。バターの風味が豊かなショートブレッドは、サクサクホロホロ食感。ホワイトだけじゃなくピンクver.もあるんですよ♩ポップな見た目もピンクドリンクと相性バッチリです。

スモアバー

米スタバでは、マシュマロをたっぷり乗せた冷たい「スモアバー」も大人気。しっとりサクサクなクランチグラハムクラストに甘~いミルクチョコレート、トーストしたマシュマロの贅沢な3層バーになっています。欧米らしい甘さ100%なスイーツです。

ラズベリーパウンドケーキ

バニラの風味たっぷりな「ラズベリーパウンドケーキ」は、フレッシュな酸味と優しい甘さが絶妙なハーモニーを奏でてくれます♩コーヒーのミルクにつけて食べてもおいしいんですよ。ピンクドリンクと合わせれば、夏にピッタリなスイーツに。

バタフライクッキー

アメリカでは蝶々型のアイシングクッキーが大人気。スタバでもカラフルな「バタフライクッキー」が販売されています。1枚がかなり大きいので、SNSで「#Butterfly Cookie」と検索すると、両手に抱えてクッキーを食べるかわいいお子さまの写真がたくさん出てきますよ♩

海外限定のドリンクはほかにも!

台湾「抹茶いちごフラペチーノ」

145元(約524円)/トール

期間限定で販売され、なんとたった2日で完売!春らしさたっぷりな抹茶×いちごのスイーツ系ドリンク「抹茶いちごフラペチーノ」は、台湾で話題沸騰中のメニューとなっています。
▼詳しくはこちらの記事をチェック!

香港「バナナチョコレートフラペチーノ」

44HK$(約630円)/トール

こちらは香港スタバ限定のバナナ×チョコレートのフラペチーノです。日本でもたまにチョコバナナとコラボしたドリンクが販売されますが、間違いないおいしさですよね♩ぜひ日本にも常時メニューとして登場してほしいひと品です。

韓国「ラズベリーバナナフラペチーノ」

6300₩(約615円)/トール

韓国のスタバでもバナナを使ったフラペチーノが人気です。こちらはチョコではなくラズベリーを使っているので、ピンクドリンクと似たかわいい色が素敵ですね♩まろやかな甘みを爽やかなフレーバーで楽しめます。

日本でも販売してほしい!

欧米を賑わせるスタバ「ピンクドリンク」についてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?日本のスタバでは同じものを注文できませんが、アサイードリンクにココナッツミルク、フリーズドライのいちごを用意すれば再現レシピもつくれそうですね。アメリカへ旅行の際は、ぜひかわいいピンクドリンクを味わってみてください♩
▼スタバファンはこちらの記事もチェック!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ドリンク パイナップル

全国のエクセルシオールカフェにて、国産の「パイナップル」と「白桃」を使った、2種のフローズンドリンクが発売されます。それぞれのフルーツにヨーグルトのほどよい酸味が加わり、まろやかですっきりとした後味が楽しめま…

カクテル テラス ドリンク

「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」にシャンパーニュ『ヴーヴ・クリコ リッチ』を楽しめるテラスが今年もオープン。『ヴーヴ・クリコ リッチ』を使用した色鮮やかで、華やかな4種のシャンパーニュカクテルも登…

コーヒー 銀座 東京

ギンザシックスで注目されているスタバドリンク「ナイトロコールドブリュー」はご存知でしょうか?黒ビールのような見た目のインパクトと極上の味わいに、ファンが急増中のようですよ。その魅力や他おすすめメニューなど、詳…

サンドイッチ パン

なんとも夢のある名前がついた「魔女のコッペパン」。埼玉県浦和にある、お持ち帰りのコッペパン専門店です。魔女が作るコッペパンとはどんなものなのか、今回はお店のこだわりや、自慢のコッペパンメニューなどを紹介いたし…

バナナ チョコレート プリン

2017年4月28日(金)、スタバプリンの最新作「バナナチョコレートプリン」が発売されました!明るいバナナカラーのパッケージで、食べる前から心が弾みます。どんな味にしあがっているんでしょうか?実食レビューでご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

2014年10月、ニューヨークタイムズにおいて世界の子どもが朝食に何を食べているかを掲載した記事が大きな反響を呼んでいます。そこで今回は記事で紹介された子どもの朝食の一部を抜粋しご紹介致します。

フルーツ スイーツ まとめ

おいしくキレイになる…なんて甘い響きなのでしょう!今回は、女子なら誰しもが一度は望む欲ばりな願いを叶える、美容に◎なスイーツをランキング形式でご紹介しちゃいます♪美容のプロ厳選のスイーツばかりで…

コーヒー まとめ

コーヒー好きの人ならばお家で美味しいコーヒー飲みたいですよね?そんな時には美味しいコーヒー豆をお取り寄せするのはいかがでしょうか。この記事ではそんな美味しいコーヒーを飲みたい時にぴったりのお取り寄せコーヒー豆…

カレー まとめ

自宅で作るカレーも美味しいけど、たまには専門店のカレーを食べ比べしてみませんか?レトルトカレーなので、温めて食べるだけ♡夕飯を作るのがちょっと面倒・・・なんて時にもおすすめです。

アイスクリーム まとめ

セブンイレブンが2015年5月5日に発売した「濃厚カルピスアイスバー」。セブンイレブンのオリジナルブランドであるセブンプレミアムの商品で、プレミアムな雰囲気が漂っています。この濃厚カルピスアイスバーがかなりお…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

サンドイッチ お弁当 レシピ

「わんぱくサンド」って見たことありますか?中にはぎっしりと具が詰まっていて、断面がキレイなサンドイッチです。それを、パンの代わりに「油揚げ」ではさむのが、インスタなどで話題になっています。ここではその作り方や…

レシピ パスタ

蒸しパスタをご存知ですか?普段使うパスタ麺が、高級パスタのようにおいしくなる調理レシピです。もっちり弾力ある麺に変化して、パスタの味を格段にアップ!高いパスタを購入しなくても良い魔法の調理法です。早速その裏技…

1818

食べることが大好きな北海道出身のフリーライター。昔はお肉をさばく職...