ローディング中

Loading...

身近なファストフード店となった「サブウェイ」と言えば、オーダーをカスタマイズできるサンドイッチが有名ですよね。しかし、その注文方法が複雑な気がして、足が遠のいている方も少なくないはず。そこで今回、完全マニュアルとしてまとめてみました!

もう迷わない!サブウェイの注文

身近で気軽なファストフードとして人気を誇る「SUB WAY(サブウェイ)」。その場で作りたてのサンドイッチを注文できて、手軽に野菜を摂れると評判になっており、今では店舗数も増えています。
その一方で、「注文の仕方がわからない」「どの組み合わせが美味しいの?」と、素朴な疑問や注文方法が分からず、足が遠のいている人もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、初心者さん必見!サブウェイの気になっていたいろんな疑問や、オーダー方法、カスタマイズ方法を伝授しちゃいます。

これで完璧!サブウェイの注文方法 〜初級編〜

サンドイッチを決める

サブウェイのカウンターの画像

Photo by Settawat Udom / Shutterstock, Inc.

まずは、メニューのなかからどのサンドイッチにするか決めましょう。定番のものから期間限定まで、さまざまな種類から決めるのも迷ってしまいそうです。ここは定番人気の「BLTサンド」や「えびアボカド」も良いですが、季節により期間限定メニューで旬のサンドイッチを楽しむのも良いかもしれません。

5種類のパンから選ぶ

サブウェイのパンメニューの画像

Photo by macaroni

毎日、お店のオーブンで焼き上げる、こだわりのパン。生地に北海道生まれの小麦「ゆめちから」を配合した、ホワイト・ウィート・セサミ・ハニーオーツのほか、モチモチ触感のフラットブレッドの全部で5種類あります。小麦本来の甘味や旨みが感じられるサブウェイのパンは、ひとつひとつの工程を丁寧にじっくり時間をかけて作られているんですよ。
そんな、5種類のパンがそれぞれどのようなものなのか、簡単にご紹介しますね。
【パンの種類】
1. ホワイト
どんな具材にもバッチリ合う、プレーンタイプのパンです。
2. ウィート
生地にビタミンやミネラルなどを含む、小麦胚芽を混ぜ合わせたパンです。
3. セサミ
「ホワイト」にゴマをトッピングした、香ばしさが特徴のパンです。
4. ハニーオーツ
「ウィート」にえん麦やはちみつ、大豆製品をトッピングした、食感が楽しいパンです。
5. フラットブレッド
もちもちしっとり、噛めば噛むほど小麦の旨みを堪能できるパンです。他のパンとは違う、食感と形をしています。
5種のパンのなかから迷ったら、「おすすめで」と言ってみましょう。サンドする具材に合わせて、おすすめパンをスタッフさんが選んでくれますよ。店内で食べるなら焼いてもらい、テイクアウトするなら焼かずに作ってもらいましょう。

サイズを選ぶ

※画像は「フットロング」です。

サブウェイのサンドイッチは、「レギュラー」と「フットロング」と2種類のサイズから選びます。レギュラーのサイズが約15cm、フットロングが倍の約30cmです。価格も、フットロングはレギュラーの倍になります。
大人数でシェアする場合は、フットロングで注文してみましょう。巨大なサンドイッチのビジュアルに、パーティ時にきっと盛り上がるはずですよ。

ドレッシングソースを選ぶ

味をさらに引き立ててくれる仕上げのドレッシングも、10種類から選べます。基本的にはメニューでおすすめしているドレッシングがあるのですが、お好みの量や種類に無料でカスタマイズできるんです!
辛いのがお好みの人は、いつものドレッシングにホットペッパー(パラペーニョ)を追加しても、もちろん無料。こちらも迷ったら店員さんに「おすすめで」と伝えれば、おいしいサンドイッチが完成します。
どんな種類のドレッシングがあるか、簡単にご紹介します。
【ドレッシングの種類】
1. オイル
どんな具材にも合う、シンプルなオイルです。
2. ビネガー
ぶどう果汁を原料にした、優しい酸味のお酢です。
3. シーザードレッシング
チーズに黒コショウを加えた、コクとうま味が癖になるおいしさです。
4. 野菜クリーミードレッシング
すりおろしたにんじん、たまねぎ、セロリ、トマト、ピーマンを合わせた、クリーミーな味わいのドレッシングです。
5. バルサミコソース
バルサミコ酢に、赤ワインビネガーや炒め玉ねぎなどを加えた、甘味と酸味の一体感が絶妙なソースです。
6. ハニーマスタードソース
はちみつの甘みとマスタードの刺激が楽しいソースです。
7. わさび醤油ソース
すりおろしわさびと、醤油のソースです。意外にもサンドイッチと相性がいいので、試したことのない方はぜひ。
8. バジルソース
植物オイル、生バジル、ガーリック、食塩を使った、香り高い定番のソースです。
9. マヨネーズタイプ
一般的なマヨネーズより油分が少なめの、オリジナルマヨネーズです。
10. ホットペッパー
激辛の青とうがらし(ハラペーニョ)は、トッピングではなくドレッシングの区分なので、追加しても料金は無料です。

やってみたい!サブウェイの注文方法〜中級編〜

トッピングを追加

追加できる有料トッピングは、8種類。有料ですが、お手頃価格でいろいろと試せるのが嬉しいですね。野菜の量を聞かれるときにトッピングのことも聞かれることが多いので、そのタイミングで注文するのがベストです。
いったいどんなトッピングが用意されているのでしょうか?好きなものがあったら、ぜひ試してみてください!
【トッピングの種類】
1. ナチュラルスライスチーズ(2枚40円)
クセがなく、マイルドな味わいです。
2. クリームタイプチーズ(90円)
コクのある、ゴルゴンゾーラ入りのチーズです。
3. マスカルポーネチーズ(20g90円)
北海道産生乳を100%使用した、まろやかなチーズです。
4. たまご(1杯60円)
新鮮半熟のたまごを、ざっくりくずしたサラダです。
5. ベーコン(2枚60円)
豚バラ肉の、旨みたっぷりベーコンです。
6. ツナ(1杯80円)
オニオン入りの、マイルドなツナです。
7. えび(5尾100円)
ぷりぷり食感がクセになるえびです。
8. アボカド(35g100円)
こだわりのメキシコ産アボカドをゴロゴロと入れてくれます。

野菜の量を増減

サブウェイのサンドイッチは、野菜の量を増やしたり減らしたりできます。増減できる野菜の種類は、レタス、トマト、オニオン、ピーマン、ピクルス、オリーブの6種類。野菜の増量目安は、基準量の1.5倍~2倍です。

ドレッシングの量を増減

野菜を増減したら、味が薄かったり濃かったりなんてことがないように、ドレッシングも一緒に増減しましょう。また、ダイエット中でオイルを控えてる方は、塩コショウだけにしてもらったり、濃い味が苦手な方にはドレッシング抜きも注文できます。

こんなものまで!裏ワザメニュー〜上級編〜

お肉を2倍トッピング!

※画像は「お肉4倍」の画像です。

お肉をがっつり食べたい人必見!「ローストビーフ(プレミアム製法)」のお肉だけを2倍にして食べれば、さらに満足度もアップしますよ。
通常はローストビーフが5枚のレギュラー580円のメニューですが、追加340円でプラス5枚のお肉をトッピングすることができます。もちろん入るだけ何枚追加注文してもOK。過去には「肉食系裏メニュー」と題した期間限定キャンペーンで、なんと25枚のお肉をトッピングした「インフィニティ・デストロイヤー(1,940円)」というメニューもあったのだとか。

野菜上限まで

「野菜増量」は一般的に多め、といった感じですが、「野菜上限」と注文すれば、パンに入りきる限界まで入れてくれます!上限の量はとくに基準がないため、その店員さんの対応次第ということになりますが、無料なのでトライしてみたいところですね。野菜をたくさん摂りたい人におすすめです。

ドレッシングをブレンド

実はあまり知られていないのですが、ドレッシングもダブル、トリプルソース使いができちゃうんです。人気は、メニューの基本のソース+マヨネーズ。特にバジルソースがマヨネーズによく合うそうですよ。

ドレッシングのハーフ&ハーフ

ドレッシングはブレンドせずに、左右別々に違うドレッシングで作ってもらうこともできます。しっかり分けたい派の方は、始めに半分にカットしてもらいましょう。ひとつのサンドでふたつの味が楽しめるので、ちょっと得した気分ですね。

おすすめカスタマイズの注文方法

BLTサンド+アボカド

定番のBLTサンドに、人気のアボカドをトッピング。他では味わえない、なんとも贅沢な具沢山なサンドイッチのできあがりです。この組み合わせは、クセになること間違いなし!
【注文方法】
1.BLTサンドを注文(410円)
2.アボカド(100円)をトッピング
合計:510円(税込)

えびアボカド+ハラペーニョ

女性に人気の「えびアボカド」にハラペーニョをトッピングすれば、スパイシーさが増して満足度がさらにアップ!濃厚なアボカドに、ハラペーニョの辛さがアクセントになったひと品です。
【注文方法】
1.えびアボカドを注文(490円)
2.ハラペーニョ(無料)をトッピング
合計:490円(税込)

ターキーブレスト+アボカド

ターキーブレスト+フラットブレッド+アボカド+バジルソース+マヨネーズで、野菜上限まで入れたサンドイッチは、絶妙な組み合わせ!もちもちしたフラットブレッドは、薄いですが食べごたえがあってとても食べやすいんですよ。
【注文方法】
1.ターキーブレストを注文(450円)
2.アボカド(100円)をトッピング
3.「野菜上限まで」をオーダー(無料)
4.バジルソースとマヨネーズのブレンド(無料)
合計:550円(税込)

生ハム&マスカルポーネ+ツナ

生ハム&マスカルポーネにツナをトッピングして、相性抜群の玉ねぎとピーマンを増量すれば、バランスのとれたサンドイッチのできあがり。ひとつひとつの素材の味が、ちゃんと生かされたひと品です。
【注文方法】
1.生ハム&マスカルポーネを注文(520円)
2.玉ねぎとピーマンを増量(無料)
3.ツナ(80円)をトッピング
合計:600円(税込)

ローストビーフ+アボカド

人気のアボカドは、どんな具材にも相性が抜群!食べごたえたっぷりのローストビーフにアボカドをトッピングして、野菜クリーミードレッシングをかければ、コクのあるサンドイッチの完成です。
【注文方法】
1.ローストビーフを注文(580円)
2.野菜クリーミードレッシングをチョイス(無料)
3.アボカドをトッピング(100円)
合計:680円(税込)

お得なセットメニューもおすすめ!

サンドイッチ、またはサラダに、お得なセットメニューがあります。ドリンク、ポテト、スープの3種類で、最大3種類まで組み合わせが可能。ただし「ドリンクをふたつ」などの同種類の注文はできませんのでご注意くださいね。
セットの料金は、以下の通りです。
【ドリンク】
Sサイズ:+160円
Mサイズ:+210円
Lサイズ:+260円
【ポテト】
Sサイズ:+160円
Mサイズ:+240円
【スープ】
ワンサイズ:+320円

サブウェイ通が答えるQ&A

パンだけを買うのは可能?

可能か不可能かでいえば、「可能」です。サンドイッチの野菜全部抜きのメニューがオーダーできますが、価格は「ベジーデライト」と同じ値段になります。それだったらサンドイッチをいただいたほうがいいですよね!

レギュラーサイズを食べやすく半分にカットしてもらえる?

カット可能です。友達とふたりでシェアしたいときなどにぴったり♩ただ、3つ以上にカットしてしまうと、中身が溢れて食べづらくなってしまいますので、カットするなら半分までにしておきましょう。

もたもたして自分の後ろに列ができたらどうすればいい?

オーダーは基本、順番に対応してくれます。なので、注文時に迷わなくてもいいように、あらかじめ何をオーダーするのか決めておくのもいいかもしれませんね。サブウェイの公式サイトには、サンドイッチのメニューはもちろん、パンやドレッシング、トッピングなどもすべて記載されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ポテトだけの注文はできるの?

セットでの購入がお得ですが、もちろん単品のポテトも取り扱っています。レギュラー、ピリ辛バーベキュー、チーズ、バジルのフレーバーから選ぶことができ、単品価格はどのフレーバーもSサイズ200円、Mサイズ280円です。

ダイエット中のため、サラダだけ注文はできる?

サンドイッチと同じ種類の、サラダメニューがあります。以前はメニューに載っておらず、裏メニューとして「サンドイッチのパン抜き」という形で販売してたのだとか。もちろん、量の調節も可能です。

これでバッチリ!サブウェイへ行ってみよう

サブウェイのサンドイッチの画像

Photo by macaroni

いかがでしたか?サブウェイでの注文が複雑と思っていた人も、案外「イケるかも!」と、考えが改まったのではないでしょうか。高いと思っていたトッピングも、お手軽価格で楽しめますね。
サブウェイの野菜たっぷりサンドで、おいしくヘルシーで健康な食生活を始めてみませんか?
▼サブウェイ好き必見!行く前にチェックしたい記事はこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パン まとめ サンドイッチ ハンバーガー 食パン パン屋

2017年、トレンドのこだわりパン屋さんを巡る"パン旅"を楽しんでみませんか?macaroni編集部も太鼓判を押すパン屋さんを日本全国から集めてご紹介いたします。いま食べなきゃもったいない!激戦区で名を馳せる…

サラダ サンドイッチ パスタ おつまみ レシピ まとめ

サラダやおつまみ、パスタにも♩生ハムは、おいしさと見た目の華やかさで、数多くの人気レシピがあります。今回は簡単に作れる一品から、ちょっとがんばりたいパーティーレシピまで豊富にご紹介。おいしい生ハムレシピをぜひ…

チーズ サンドイッチ

パリ・ストリート発祥フレッシュメイドのモッツァレラサンドイッチショップ「ンーモッツァ」の日本2号店が、青山にオープン。限定チーズシェイクやサンドイッチがラインナップする他、「アペロ」も登場します♩

ホットドッグ 東京 ファーストフード まとめ パン

お買い物中やお出かけの際ににちょっとお腹がすいたとき、ホットドッグはとても便利な食べ物ですね。東京でおいしいホットドッグが食べられるお店をご紹介していきます。さまざまなホットドッグがありますので、お好みのお店…

サンドイッチ レシピ まとめ

好きなものを挟んで食べるのが楽しいサンドイッチ。みなさんはサンドイッチにどんな具を入れていますか?定番野菜にハムやチーズ、鉄板具材の他、人気の食材を使って簡単でおしゃれな、おいしいサンドイッチを作りませんか?…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

原宿

大阪でパンケーキが人気のお店「ミカサデコ&カフェ(MICASADECO&CAFE)」が、2016年4月、ついに原宿にオープン。お口のなかでとろけると噂の「ふわふわリコッタパンケーキ」の味に迫ります。そのほかの…

扱いづらいイメージが強い「ステンレスフライパン」。今回はおすすめの商品から、基本の使い方、お手入れの仕方までステンレスフライパンに関する情報を網羅的にご紹介したいと思います。じつはきちんと使えば一生ものなんで…

keiko39

「笑う門には福来る」をモットーに日々奮闘中。。。の主婦です。全国の...

ページTOPに戻る