提供 東日本旅客鉄道株式会社

【石川編】季節を味わう。渡辺有子さんと行く「北陸かに三昧大人旅」

11月のズワイガニ漁解禁を祝して、macaroniでは北陸かに三昧ツアーを開催。人気料理家・渡辺有子さんとインスタグラマーの豪華メンバーで北陸へ。ツアー2県目は、兼六園や風情ある街並みで人気を集める石川県・金沢です。

食べて、買って。上品な味わいの石川のかにを堪能。

食べて、買って。上品な味わいの石川のかにを堪能。

Photo by macaroni

北陸のズワイガニ漁解禁を記念して、macaroni編集部では料理家・渡辺有子さんと行く北陸かに三昧ツアーを開催。4名の人気インスタグラマー、キャンペーンによって選ばれた参加者の6名で、北陸3県のかにを食べ比べます。
▼豪華なツアーメンバーはこちら
▼【ツアー記事①】素材そのものの味を楽しんで。富山県の絶品紅ズワイガニ

石川県の「加能ガニ」と「香箱ガニ」に心が躍る

石川県の「加能ガニ」と「香箱ガニ」に心が躍る

Photo by macaroni

富山県に続いて一行は金沢へ。金沢駅のシンボル「鼓門」と、おもてなしの心が表現されたガラス張りの「もてなしドーム」が堂々と迎えてくれます。

鼓門は、金沢で昔から盛んな能の鼓がモチーフ。伝統と近代的なデザインが融合した金沢駅は、2011年にアメリカの旅行雑誌『トラベル&レジャー』で「世界で最も美しい駅」のひとつに選ばれたフォトスポットでもあります。
石川県では、上品な甘さと濃厚なみそが魅力のオスのズワイガニ「加能ガニ」、11月~12月末の2カ月間しか味わえない、 濃厚な旨味と外子(そとこ)と内子(うちこ) の2つの触感が楽しめるメスのズワイガニ「香箱ガニ」をめざします!

ひがし茶屋街の名店「鮨 みつ川」で至極の寿司を楽しむ

ひがし茶屋街の名店「鮨 みつ川」で至極の寿司を楽しむ

Photo by macaroni

活気あふれる市場で買い物を楽しんだら、しっとりとした大人の雰囲気がただようひがし茶屋街の名店「鮨 みつ川」へ。ミシュラン富山・金沢版でひとつ星を獲得した人気店で、8席のみの店内はあっという間に予約でいっぱいに。のれんをくぐり、ヒノキからつくられたL字型のカウンター席に腰かければ、自然と背筋が伸びます。
ひがし茶屋街の名店「鮨 みつ川」で至極の寿司を楽しむ

Photo by macaroni

大将のこだわりや誇りを受け継ぎ、板前の生田崇さん自ら毎朝金沢港や七尾市の漁師さんから仕入れを行なっています。魚の種類ごとに塩を変えたり、うまみの強いコシヒカリを中心に独自の配合でシャリ用のお米をブレンドしたりと、きめ細かい心遣いと新鮮な金沢の海の幸を味わえる名店です。

繊細な握り&華やかな香箱かにちらしにため息

繊細な握り&華やかな香箱かにちらしにため息

Photo by macaroni

繊細な握り&華やかな香箱かにちらしにため息

Photo by macaroni

三枚におろして大葉をはさんだ朝どれの赤イカ、ひと晩寝かせてうまみを引き出し厳選塩をふったアジ……と、手間と時間をじっくりかけて握られた繊細なお寿司が15貫も登場。仕入れ状況によっては、ふっくらとした身が魅力のズワイガニと紅ズワイガニの合いの子「黄金ガニ」のお鮨も味わえます。
繊細な握り&華やかな香箱かにちらしにため息

Photo by macaroni

握り(香箱かにちらし付き)12,000円(税別)

そしていよいよ、主役の「香箱ちらし」のお目見え。香箱ガニのむき身、ほぐし身と濃厚なかにみそ、プチプチ食感が楽しい外子(そとこ)を贅沢に使用したちらし寿司です。お米のほのかな甘みと香ばしいごまの風味が、すっきりとしたかにの甘みを引き立てます。醤油づけのいくらが入っているので、醤油は不要。ひと品のなかで金沢の海の幸とお祭りのような華やかな気分が楽しめます。
インスタグラマーの井口タクトさんは「あまり食べたことのない外子を食べられて、新鮮!」、utoshさんは「これはお酒が止まらないですね……クセの強い辛口のお酒を合わせたいです」と終始舌鼓。

店舗概要

鮨みつ川
営業時間:12:00~14:00(L.O.)、17:30~22:00(L.O.)
電話: 076-253-5005
所在地:石川県金沢市東山1-16-2
定休日:水曜日
公式サイト:http://sushi-mitsukawa.jp/

金沢の台所「近江町市場」はグルメに欠かせないパワースポット

金沢の台所「近江町市場」はグルメに欠かせないパワースポット

Photo by macaroni

渡辺有子さんとまわる北陸かに三昧の旅。2日目は金沢の市場からスタートです。

金沢グルメを味わうなら「近江町市場」は、はずせません。金沢港でとれたての海鮮や地元の野菜がならび、多くの観光客と地元の人々で賑わいます。290年もの歴史を誇る金沢の台所。活気溢れる市場で、加能ガニや香箱ガニを探しに行きましょう。
金沢の台所「近江町市場」はグルメに欠かせないパワースポット

Photo by macaroni

金沢の台所「近江町市場」はグルメに欠かせないパワースポット

Photo by macaroni

数あるお店の中から「大口水産」へ。値札を貼り出さず店と客同士の交渉で値段を決めるのが普通だった近江町市場で、初めて値札をつけた皿盛り販売をはじめたお店。金沢の人々から厚い信頼を集め、現在では近江町市場で一番の売り場面積を誇ります。今でも相場を適切に保つペースメーカーのような存在なんだそう。
金沢の台所「近江町市場」はグルメに欠かせないパワースポット

Photo by macaroni

かに目利き18年のベテラン・近江さんにお話をうかがいました。

近江さん「日本海の荒波にもまれて育った加能ガニは繊維が細かく甘みが強いのが特徴。鮮度抜群でおいしいですよ!香箱ガニは2ヶ月間しか味わえない冬だけの味。それぞれさまざまなサイズをとりそろえているので、『ひとり一杯食べたい』『大きなかにを家族でワイワイ食べたい』『贈り物にしたい』など、ご希望をいただければ目利きのプロがお選びします」

ポイントをおさえて絶品がにを手に入れて

ポイントをおさえて絶品がにを手に入れて

Photo by macaroni

加能ガニ

さらに、おいしいかに選びのポイントもきいてみました。

近江さん「ズワイガニの表面についた黒いツブツブを気にする方もいますが、これがついているものはうまみが強く、脱皮前で脂肪をたっぷりたくわえているものが多いです。

香箱ガニの場合は、全体的に赤色が鮮やかなものを。おなかの殻を開くと見える卵・外子(そとこ)は、黒っぽいものの方が粒がしっかりしていておいしいですよ。ぜひ参考にしてみてください」

店舗概要

近江町市場
営業時間:9:00~17:00
電話:076-231-1462
所在地:石川県金沢市上近江町50
定休日:無休(一部テナント休日有)
公式サイト:http://ohmicho-ichiba.com/
大口水産
営業時間:9:00~17:00
電話:076-263-4545
所在地:石川県金沢市上近江町38−1
定休日:不定休(公式サイトをご確認ください)
公式サイト:http://www.ohguchi.co.jp/

酒蔵「福光屋」で発酵調味料&発酵コスメを。

年に何度も金沢へ足を運んでいるという渡辺有子さん。金沢を訪れるきっかけになったのが、酒蔵「福光屋」。

寛永2年創業の福光屋では、お酒はもちろん、糀甘酒やみりんなどの発酵食品もつくっています。渡辺さんはこれらを愛用していて、福光屋の調味料をつかったメニュー開発に関わったことも。麹や酵母、乳酸菌でお米を発酵させてつくられる発酵コスメも、渡辺さんの透き通るような肌をキープする秘密のようです。

「昔ながらのことを大切にしながら新しいことに挑戦し続けているお店です。社長さんも魅力的な方で、個人的にも仲良くしていただいています」と渡辺さん。
店舗概要
SAKE SHOP 福光屋 金沢店
営業時間:10:00〜18:00
電話:076-223-1117
所在地:石川県金沢市石引2-8-3
定休日:水曜日
公式サイト:https://www.fukumitsuya.co.jp/
▼【ツアー記事③】北陸旅行もいよいよ終盤。福井県へ
▼12月14日まで。豪華かにが当たるキャンペーン実施中!

特集

SPECIAL CONTENTS