ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

記事を書いたのは……

macaroni 編集部 エディトリアルフォトグラファー / 植松富志男
嫁にはまるで頭が上がらず、家での立場は飼い犬(トイプードル/14才)以下。嫁にいびられ、犬には噛まれ、それでも「編集部一の愛妻家」を自称する恐妻家

「おいしい…!」って言わせてやるんだからねっ

誰に?
勝手気ままの傍若無人を地で行くうちのかみさんです。

結婚以来、あれやこれやと食事を作ってきましたが、「おいしい」と言われたことがありません。味はどうかと尋ねても、「悪くはない」とどっちつかずの返答ばかり。一応食べてはくれるんで、別にいいっちゃいいんですけどね……、モヤモヤとしたこの気持ちはなんなのでしょう。フラストレーションを伴うこれは……、そう、敗北感。気まぐれにかみさんが作る料理がやたらと旨いこともあり、くやしさから来る静かな怒りが澱のように積もっていくのを感じています。

そんな日々に終止符を打つべく、金銭的にちょっとがんばってあるものを購入しました。
です。

Photo by macaroni

【令和2年産】内山農産の「有機JAS認定米コシヒカリ」5kg 5,390円(税込)と、インディヴィマックスの「古代米入り うまい米」840g 1,080円(税込)。

我が家の食卓にかつてのぼったことがないレベルの高級米を食べさせて、とにかく「おいしい!」と言わせる……そういう作戦です。

Photo by macaroni

消費者に「おかずがいらないっ!!」とまで言わせたという有機栽培の一等米に、自然栽培の玄米+古代米(黒米・赤米・緑米)を適量混ぜ込んで炊き上げる。おそらく、健康的かつ風味豊かでもっちりとしたごはんができるはずです。

うちのかみさんは炭水化物と甘いものに目がないクセにヘルシー思考という面倒な人なのですが、我ながらツボを押さえたセレクトではないでしょうか。うん、これで勝つる!

知る限りの「おいしいごはんを炊くコツ」を試してみた

質の良い米を手に入れたからといって、素材まかせでは安心できません。そこで、仕事を通じて聞き覚えた“おいしいごはんを炊くコツ”を全部やってみました。

米が最初にふれる水にこだわる

Photo by macaroni

乾物である米は、水に浸けた瞬間に吸収できる水分の6割程度を吸い込んでしまうそうです。つまり、最初に米にふれさせる水が大事。浄水器から出した水で良いかと思いましたが、念には念を入れて、冷えたミネラルウォーター(軟水)を使いました。

米が浸るくらい水を入れたら軽くかき混ぜ、10秒程度でこの水を捨てました。ヌカやゴミを米が吸収しないようにするためです。

米とぎは20回

Photo by macaroni

洗米では、米ぬかを落としすぎないよう注意しました。

以前おにぎりのプロに教えてもらった米とぎの回数は20回。手をボールをつかむような形にし、やさしく動かすようにと言われました。ただ、この日は手をケガしていたため、泡立て器を使用。力まず丁寧に20回だけ動かして、米とぎを終えました。

2度ほど水を入れ替えて、水が薄い乳白色になったら浸水へ。

浸水時間は45分。炊飯は鍋+ガスコンロで

Photo by macaroni

ベストな浸水時間は季節によって変わります。寒い季節は長く、暑い季節なら短く。桜の季節を間近にひかえ、比較的暖かい日だったので、浸水時間は45分としました。経験則での判断です。

炊飯道具は熱伝導率の良いアルミ製のクッカーを選びました。アウトドア用品です。土鍋も良いですが、アウトドア用のライスクッカーは機能的で扱いやすく、優秀です。ちなみに、奥の鍋にはごはんと一緒に食べるものが入っています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ