ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ローソンのバスチーが春仕様に進化してお目見え♪

Photo by muccinpurin

2021年3月2日(火)、ローソンから新作スイーツ「ベリベリバスショコ -バスク風ショコラチーズケーキ-」が登場。

春を感じるかわいらしいピンク~なんて思っていたら、実はバスチーの新作なんだとか。これまでのバスチーとはひと味もふた味も違う、バージョンアップした春仕様のバスチーの味わいを実食レビューでお伝えします!

ベリベリバスショコ -バスク風ショコラチーズケーキ-

「ベリベリバスショコ -バスク風ショコラチーズケーキ-」380円(税込)
春の訪れとともに、ひらりはらりと軽やかに登場した「ベリベリバスチョコ ‐バスク風ショコラチーズケーキ‐」は、ショコラバスチーの上にベリーのジュレを絞り、ストロベリークリームを絞った、まるで満開の桜のような華やかなビジュアル。

パッケージデザインもチョコレートやいちごのイラストが飛び交い、春の訪れを祝うようなポップな仕上がりになっています。

Photo by muccinpurin

バスチーといえば、これまで数々のヒット作を飛ばしてきたローソンの超、超人気スイーツ。その華々しい歴史はあまりに長いため割愛します。が、もはや “ローソンのお家芸” と言わんばかりに次々発売される新作バスチーには、毎回目を見張るものがありますよね。

今回の新作ベリベリバスチョコに至っては、見た目だけではバスチーとわからないほどの変化を遂げているではありませんか。ついにここまで来たか。

Photo by muccinpurin

オリジナルのバスチーが215円なのに対し、ベリベリバスショコは380円とややお高めですが、トップにたっぷりのストロベリークリームが絞られた迫力満点のボリュームなら、満足度も高そうですよね。

ビターなチョコとベリーのハーモニー♪

Photo by muccinpurin

チョコ味と聞き、甘いことを予想しつつひと口頬張ると、意外なことに甘さ控えめのビターな味わい。口に含んだ瞬間はチョコレートの風味が勝っていますが、溶けていくにつれクリームチーズの風味が広がっていきます。

オリジナルバスチーとはひと味もふた味も違う、まろやかでコクがあるちょっぴり大人なバスチーです。これは新鮮!

Photo by muccinpurin

チョコバスチーだけだとどこかぼんやりと味がぼやけそうにも感じますが、ストロベリークリームと合わせて食べることでほどよい酸味がプラスされ、より春らしい味わいになりますよ。

Photo by muccinpurin

中心まで食べ進むと、ベリーのジュレがたっぷり。まるで摘みたてのベリーを頬張るようにジューシーで、全体の味をきゅっと引き締めています。トップに散りばめられたストロベリーチップスのプチプチ食感もいいアクセントになっていて、飽きることなく食べられますよ。

バスチーに新たな歴史が刻まれた

Photo by muccinpurin

カラメルソースと半熟食感が特徴のオリジナルバスチーとは、見た目も味わいも真逆の新作バスチー。ビターなチョコレートとベリーの酸味がこの季節にぴったりの新鮮な味わいでした。

とどまることを知らないバスチーの進化。今後もバスチーから目が離せそうにありません。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:ベリベリバスショコ -バスク風ショコラチーズケーキ-
■内容量:1個
■価格:380円(税込)
■カロリー:1個当たり444kcal
■販売日:2021年3月2日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:8枚
皿にのせたローソンのベリベリバスショコ
ローソンのベリベリバスショコのパッケージ
ローソンのベリベリバスショコの原材料表示
ローソンのパッケージから取り出したベリベリバスチョコ
ローソンのベリベリバスチョコをフォークですくう様子
フォークでカットしたローソンのベリベリバスチョコ
フォークですくったベリーのジュレ
皿にのせフォークを添えたローソンのベリベリバスチョコ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ